韓国ドラマ、映画の情報を詳しく紹介しています!

愛の不時着のヒョンビンさんのプロフィール、ドラマ出演作を詳しく紹介!若い頃の作品からシークレットガーデン・キム・サムスン・雪の女王などの人気作まで!あなたはどれがお気に入り?

まりこ
WRITER
 
愛の不時着のヒョンビンさんのプロフィール、ドラマ出演作を詳しく紹介!シークレットガーデン、キム・サムスン、雪の女王
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
アラフォーのフリーランス。 
冬ソナブームの頃には興味がなかった韓ドラにハマって数年。

時代劇が好き。
そして復讐ドロドロ系にツッコミを入れたり、ラブロマンスにときめいたりの毎日です。

読み書きは今ひとつの耳だけハングルなので、最初に覚えた韓国語は、
「~씨(~ッシ)」「아이고(アイゴー)」「어머(オモ)」の3つ。

出典:https://www.imdb.com/title/tt10850932/mediaviewer/rm3864769537?ref_=ttmi_mi_nm_sf_8

あるサイトによると、韓ドラ熱も高まっている今『第3次ヒョンビン・ブーム』なのだそうです。

第1次は「私の名前はキム・サムスン(2005)」ヒョン・ジノン役

第2次は「シークレット・ ガーデン(2010)」キム・ジュウォン役

そして「愛の不時着(2019)」リ・ジョンヒョク役

 

子どもっぽさを残した

愛にも夢にも一途なレストランオーナー

 

幼い頃の不思議な縁が

愛を育み、奇跡を起こすデパート社長

 

愛と優しさと強さを兼ね備えた北朝鮮将校

 

どの役も彼が演じると、ヒョンビンさん自身のように感じられませんか?

今回から3記事に渡り、ヒョンビンさんについて詳しくお伝えします。

第1回は、「プロフィールと出演ドラマ作品について」です。

どうぞお楽しみください!

スポンサーリンク

愛の不時着のヒョンビンさんのプロフィールを本名、「サムシク」と呼ばれる理由を含め、詳しく紹介!


ヒョンビン

ハングル表記:현빈

英語表記:Hyun-Bin

漢字表記:玄彬

 

本名:キム・テピョン(김태평/金泰平)

ニックネーム:

①天下泰平

本名がテピョン=泰平だから

②サムシク

「私の名前はキム・サムスン」内でのやり取りからかもしれません

というのは、「サムシク」が三男、3人兄弟の末っ子に付けられることが多い(且つ、あまりかっこよくない)名前だからです

*ヒョンビンさんは2人兄弟(後述)

 

生年月日:1982年9月25日

出身:ソウル特別市

身長・体重:184cm・74kgくらい

血液型:B

 

趣味:演劇、水泳、バスケットボール、野球

特技:水泳、スノーボード

 

家族:両親 兄

(父親は高等学校教師)

 

<学歴>

ソウル シンチョン小学校

ソウル チャムシン中学校

ヨンドン高等学校

中央大学校 演劇映画科

芸術大学院 公演映像学科 

兵役は2011年3月〜2012年12月 基礎軍事訓練ののち、海兵隊員として服務。

※ヒョンビンさんが海兵隊に志願したことは大きなニュースとなりました

(その当時、“国防広報支援隊”制度での兵役義務を務める芸能人が多かったと云われています)

 

デビューのきっかけは、高校3年生の時にスカウトされたこと。

このときヒョンビンさんは、友人がハンドルを握るバイクの後ろに乗っていたそうです

見知らぬ男から止まるよう声をかけられ、無免許運転だった友人はヒョンビンさんと共に逃走

男性はオートバイで彼らを追いかけ、やっとヒョンビンさんに名刺を渡したとか

 

今では、俳優としてだけでなく歌手、モデルとしても多方面で活躍するヒョンビンさん。

続いて、デビュー作から出演ドラマをご紹介します。

ヒョンビンさんの出演作品を全話無料で見る方法

「愛の不時着」を見て他のヒョンビンさん出演作も見てみたくなった、「シークレットガーデン」、「私の名前はキム・サムスン」、「雪の女王」のヒョンビンさんをもう一度見たいと言う方も多いと思います。

ヒョンビンさんの出演作はどれも人気ドラマなので、無料でアップロードされている非公式のサイトもあるかもしれませんが、当然ながらそれは違法です。

それらを見ることも違法に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。

そのため、正式なサービスで安心安全に、しかも無料で楽しむのが一番です!

韓ドラ好きな私が自信を持っておすすめできるサービスをこちらの記事(シークレットガーデンの動画(日本語字幕)は最終回(20話)まで無料で見れる!ヒョンビンさんの女子演技は必見です!!)でそのメリットもあわせて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

愛の不時着のヒョンビンさんのドラマ出演作!~ボディガードと若い頃のシットコム編~

※文中の話数は、韓国版オリジナル放送のものです

2003年 「ボディガード」 ストーカー役


<ヒョンビンさんの役柄>

モデル

わがままお嬢さまモデル・シネ(イ・セウンさん)のストーカー

 

第5話から7話に登場します。

ヒョンビンさんのデビューは、名前のないモデルでストーカー!

(彼が名前で呼ばれることはないようです)

 

シネを拉致して、救助にきたボディガードらと格闘。

 

ボディガード役は

ホン・ギョンタク:チャ・スンウォンさん

パク・ユジン:ハン・ゴウンさん

チェ・チーム長:チャン・セジンさん

です。

 

ギョンタク(チャ・スンウォンさん)を斬りつけたりするのですが、最後はボコボコにされていました。

 

今ではそれぞれが主役を演じる

「チャ・スンウォンさんとヒョンビンさんの共演」

は、滅多にない場面かもしれません。

 

2003年 「ノンストップ4」 ヒョンビン役


青春シチュエーション・コメディ(シットコム)のシーズン4に出演。

このシリーズは、“人気スターへの登竜門” とも呼ばれ、今では超人気スターが、基本的に芸名のままの役で初々しい若い頃の姿を披露してくれます。

 

平日の夕方にある “日々ドラマ” ジャンルに相当。

名前と顔を広く知ってもらうのにピッタリな作品ですね。

<シーズン4の主な出演者>

■エンディ(アンディ)さん 神話メンバー(ラッパー)

ドラマ:「プラハの恋人」「二人の妻」

バラエティ:「私たち結婚しました」(お相手:ソルビさん)

 

■チャン・グンソクさん

ドラマ(史劇):「女人天下」「大望」「ファン・ジニ」「快刀ホン・ギルドン」「テバク」

ドラマ(現代物):「プラハの恋人」「ベートーベン・ウィルス」「美男<イケメン>ですね」「メリは外泊中」「ラブレイン」「キレイな男」「スイッチ」

映画:「赤ちゃんと僕」「イテウォン殺人事件」「きみはペット」

など

*音楽活動は割愛

 

■チョン・ソンウンさん

ドラマ(史劇):「トンイ」「花たちの戦い〜宮廷残酷史〜」「華政(ファジョン)」「オクニョ」

ドラマ(現代物):「ミス・アジュンマ」「天使の選択」「貴婦人」「バラ色の恋人たち」

など

 

■ポン・テギュさん

ドラマ(現代物):「ハンガン(漢江)ブルース」「ワーキングママ」「個人の趣向」「リターン」「ドクター探偵」

映画:「クァンシクの弟クァンテ」「放課後の屋上」「セクシーヒーロー☆ピョン・ガンセ」「幸せを呼ぶミナの文房具店」

など

 

■ユン・ジョンシンさん

ドラマ(現代物):「明日に向かってハイキック」「プロデューサー」

映画 :「ライターをつけろ」「吹けよ春風」「お姉さんが行く」

*いずれも出演+音楽監督としての参加作品

*音楽活動は割愛

 

この投稿をInstagramで見る

 

갑자기 얘들이 보고 싶다… #논스톱4

윤종신(@yoonjongshin)がシェアした投稿 –

■MCモン(シン・ドンヒョン)さん

ドラマ(現代物):「悲しき恋歌」

映画:「土手伝説」

など

*音楽活動は割愛

 

■イ・ユンジさん

ドラマ(史劇):「大王世宗」「大風水」

ドラマ(現代物):「ハンガン(漢江)ブルース」「乾パン先生とこんぺいとう」「宮〜Love in Palace」「ドリームハイ」「キング〜Two Heart」「ドクターフロスト」「元カノクラブ」「幸せをくれる人」「ピョン・ヒョクの恋」「第3の魅力」

映画:「霊 -リョン-」「カップルズ」

など

 

■イ・ヨンウンさん

ドラマ(史劇):「チョン・ヤギョン」

ドラマ(現代物):「フルハウス」「銭の戦争」「愛の選択〜産婦人科の女医」「花ざかりの君たちへ」「マイ・シークレットホテル」「パンチ〜余命6ヶ月の奇跡」「輝け、ウンス」「30だけど17です」「夏よ、お願い」

映画:「彼女を信じないでください」「正しく生きよう」「ハルモニ」

など

 

■ハン・イェスルさん

ドラマ(現代物):「九尾狐外伝」「ファンタスティック・カップル」「いかさま師」「クリスマスに雪は降るの?」「ラブ・ミッション」「美女の誕生」「2度目のファースト・ラブ」「ビッグイシュー」

映画:「用意周到ミス・シン」「ちりも積もればロマンス」

など

 

<特別出演>

イ・ジュンギさん

イ・スヨンさん

チョ・ヨジョンさん

パク・イェジンさん

ユン・ウネさん など

■ノンストップ4〜チャン・グンソクwithノンストップバンド~

 

ちなみに「ノンストップ」ほかのシーズンでは

<ニュー・ノンストップ(2000〜2002)>

チャン・ナラさん

チョ・インソンさん

キム・ジョンファさん

チョン・ダビンさん

 

<ノンストップ5 (2004〜2005)>

イ・スンギさん

ク・ヘソンさん

ハン・ヒョジュさん

ヒョンビンさん(特別出演)

 

<ノンストップ6(2005〜2006)>

東方神起がタイトル曲を担当

イム・ウンギョンさん

ソ・ジェギョンさん

パク・ヒジンさん

ユチョンさん

などが出演しています

 

■1分50秒あたり〜

 

女の子を紹介してもらう、初々しいヒョンビンさん

このままヒョンビンさんの出演作の紹介を続けます。

スポンサーリンク

愛の不時着のヒョンビンさんのドラマ出演作!~アイルランド・私の名前はキムサムスン編~

2004年 「アイルランド」 カン・グク役

<ヒョンビンさんの役柄>
パク社長のボディガード

機内で知り合ったジュンア(イ・ナヨンさん)の夫

<主な登場人物>

イ・ジュンア:イ・ナヨンさん

幼いころアイルランド系アメリカ人の養女となり、ある事件の後に母国へ帰国

 

カン・グク:ヒョンビンさん

孤児として育つ

ボディガード

 

イ・ジェボク:キム・ミンジュンさん

幼いころ妹を失ったヒモ男

 

ハン・シヨン:キム・ミンジョンさん

人気子役だったが今はAV女優

「それぞれに心の傷を抱えて生きてきた男女4人が出会い、惹かれ合い、別れを経験」

と書くと何だか悲しいように感じますが、

 

ラストは「お互いに、そして自分自身に向き合い、心の傷を癒していく物語」です。

 

余談ですが

イ・ナヨンさんの夫は、ウォンビンさん

ドラマ「トッケビ」で、名前の記憶がない死神(イ・ドンウクさん)に ウンタク(キム・ゴウンさん)が教えた女性に人気のある名前を3つ

『ウォンビン、ヒョンビン、キム・ウビン』

のウォンビンです。

 

映画「アジョシ(2010)」以降、次作が待ち望まれるウォンビンさん。

スクリーンでその姿を見たいなぁと思います。

 

イ・ナヨンさんは「ロマンスは別冊付録(2019)」でイ・ジョンソクさんと共演。

久々のドラマ復帰を果たしました。

 

 

2005年 「私の名前はキム・サムスン」 ヒョン・ジノン役

<ヒョンビンさんの役柄>
レストラン「ボナペティ」オーナー

サムスンをパティシェとして雇う

 

ジノンは母親の目をごまかすため、サムスンは借金のため始めた契約恋愛でしたが・・・

 

傲慢、でも一途なところのある御曹司ジノンを演じ、前作「アイルランド」で高まりつつあったヒョンビンさんの人気が急上昇した、といわれています。

 

<主な登場人物>

■キム・サムスン:キム・ソナさん

クリスマスイブに恋人ヒョヌ(イ・ギュハンさん)に振られたちょっと太めのパティシェ

※キム・ソナさんは、役作りのため約8kg増量して“ぽっちゃりヒロイン”を見事に演じられました

キム・ソナさんの主な出演作

ドラマ:「シティホール」「女の香り」「アイドゥ・アイドゥ」「恋はドロップキック!〜覆面検事〜」「品位のある彼女」「ロマンスは必然に(先にキスからしましょうか)」「赤い月青い太陽」「シークレット・ブティック」

映画:「黄山伐(フンサンボル)」「Sダイヤリー」「恋の潜伏捜査」「人生のストライク・ボール」「オペレーション・クロマイト」

など

※余命宣告を受けたヒロインを演じた「女の香り」では、サムソン役の頃より約14kg減量したそうです

 

■ヒョン・ジノン:ヒョンビンさん

ファンに人気の高いドラマ内でピアノを弾くシーン

ヒョンビンさんはドラマの撮影前にピアノのレッスンを受け、自身で演奏したそうです

 

■ユ・ヒジン:チョン・リョウォンさん

ジノン(ヒョンビンさん)の元カノ

ある事情があり、黙ってヒョンビンの前から姿を消していた

彼女の事情を知ったジノンは、一時期サムスンとヒジンの間で気持ちが揺れる

◆チョン・リョウォンさんの主な出演作

ドラマ「君はどの星から来たの」「幻の王女チャミョンゴ」「サラリーマン楚漢志(チョハンジ)」「メディカル・トップチーム」「風船ガム」「魔女の法廷」「油っこいロマンス」「検事内伝」

映画「B型の彼氏」「彼と私の漂流日記」「敵との初恋」「痛み」「ラブ・リミット」

など

 

■ヘンリー・キム:ダニエル・へニーさん

ヒジンの主治医

彼女を思い、温かく見守り続けている

◆ダニエル・へニーさんの主な出演作

ドラマ「春のワルツ」「逃亡者PlanB」「ディア・マイ・フレンズ」

映画「Mr.ロビンの口説き方」「パパ」「ラストスタンド」「ザ・スパイ シークレット・ライズ」「金の亡者たち」

など

韓国系アメリカ人のダニエル・へニーさんは

ドラマ:「NCIS:LA ~極秘潜入捜査班」「クリミナル・マインド FBI行動分析課」「クリミナル・マインド 国際捜査班」

映画:「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」「ベイマックス Big Hero 6」

など、アメリカのドラマ、映画にも多数出演しています。

 

「私の名前はキム・サムスン」では、ピアノの連弾をする場面のNGのほかに、

ジノン(ヒョンビンさん)がサムスン(キム・ソナさん)家族とノリノリでカラオケを楽しむ場面などあり、何度見ても笑っちゃいます。

 

 

2005年 「ノンストップ5」 ヒョンビン役(特別出演)

確認できたのは、第235話

女の子たちの妄想シーンに登場。

さらに

「ヒョンビンのファンミーティングがある!」

って盛り上がっていました。

 

韓国での人気がわかるのが、ハッピー・トゥゲザーでの特集です。

今では見ることのできない、こんな名(迷)演技!

チョ・インソンさん、ヒョンビンさん、ハン・イェスルさんの映像です。

※ヒョンビンさんとハン・イェスルさんは「ノンストップ4」(第148話の様子)

引き続きヒョンビンさんの出演作を紹介します。

ヒョンビンさんの出演作品を全話無料で見る方法

「愛の不時着」を見て他のヒョンビンさん出演作も見てみたくなった、「シークレットガーデン」、「私の名前はキム・サムスン」のヒョンビンさんをもう一度見たいと言う方も多いと思います。

ヒョンビンさんの出演作はどれも人気ドラマなので、無料でアップロードされている非公式のサイトもあるかもしれませんが、当然ながらそれは違法です。

それらを見ることも違法に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。

そのため、正式なサービスで安心安全に、しかも無料で楽しむのが一番です!

韓ドラ好きな私が自信を持っておすすめできるサービスをこちらの記事(シークレットガーデンの動画(日本語字幕)は最終回(20話)まで無料で見れる!ヒョンビンさんの女子演技は必見です!!)でそのメリットもあわせて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

愛の不時着のヒョンビンさんのドラマ出演作!~雪の女王・彼らが生きる世界編~

2006年 「雪の女王」 ハン・テウン(ハン・ドック)役


屋台を営む母ヨンオク(コ・ドゥシムさん)に育てられたテウン

韓国科学高校入学早々から、IQ180のキム・ジョンギュ(イ・ソンホさん)にライバル視され難癖をつけられてしまいます。

 

図書館では、絶版になった本を定価の10倍で買いたいと騒ぐ女の子ボラ(子役:コ・ジュヨンさん)に遭遇。

その後も家出したというボラに振りまわされるテウン(ヒョンビンさん)。

 

ボラが買おうとした本は「雪の女王」

家出して行こうとしていたのは、ラップランド。

 

ある出来事をきっかけに、テウンとジョンギュは友だち(チング)になったのですが…

 

<主な登場人物>

■ハン・テウン(ハン・ドック):ヒョンビンさん

ボクサー

ボラの運転手

 

■キム・ジョンギュ:イ・ソンホさん

韓国科学高校同級生

テウンの友人

 

数学の天才ジョンギュとテウンが揃って、数学オリンピック大会に出場

誰もがジョンギュが金メダルだと期待するなか、テウンがメダリストに

 

1位になれなかったジョンギュは自ら命を絶ってしまう

◆イ・ソンホさんの主な出演作

ドラマ(史劇):「正祖暗殺ミステリー8日」「タムナ 〜 Love the Island」「トンイ」「スキャンダル~春香を愛した男~」

ドラマ(現代物):「エア・シティ」「メリは外泊中」「マイダス」「ドクターズ 〜恋する気持ち」「黄金のポケット」

映画:「夢はかなう」「人生のストライク・ボール」「愛の暗鬼」「蚕を飼っていた部屋」

など

 

■キム・ボラ:ソン・ユリさん

超わがままなグループ令嬢

重症筋無力症を患う

◆ソン・ユリさんの主な出演作

ドラマ(史劇):「千年の愛」「快刀ホン・ギルドン」

ドラマ(現代物):「いつか楽園で」「ある素敵な日」「ロマンスタウン」「神々の晩餐」「私の10年の秘密」「モンスター(2016)」

映画:「うさぎとリザード」「チャ刑事」「ヌナ(姉)」「ごめんね 愛してる ありがとう」

など

 

■ソ・ゴヌ:イム・ジュファンさん

医師

ボラの見合い相手

テウンの恋敵

◆イム・ジュファンさんの主な出演作

ドラマ(史劇):「タムナ 〜 Love the Island」「輝くか、狂うか」

ドラマ(現代物):「花より男子」「おバカちゃん注意報」「ああ、私の幽霊さま」「むやみに切なく」「ハベクの新婦」「偉大なショー」「ザ・ゲーム」

映画:「百万長者の初恋」「霜花店(サンファジョム)」「技術者たち」「大好きだから」

など

 

■イ・スンリ:ユ・イニョンさん

テウンが所属するボクシングジムの娘

※ユ・イニョンさんについて詳しくはこちら(ユイニョン(奇皇后のヨンビス=パトル役)はどんな人?イメージとは違う!魅力的で多才な方でした!)

◆ユ・イニョンさんの主な出演作

ドラマ(史劇):「奇皇后」「三銃士」

ドラマ(現代物):「愛しの金枝玉葉」「星から来たあなた」「仮面」「オー・マイ・ビーナス」「グッバイ ミスターブラック」「私の愛、あなたの秘密」

映画:「彼女を知らないとスパイ」「ベテラン」「女教師 〜シークレット・レッスン〜」「時間回廊の殺人」「チーズ・イン・ザ・トラップ」

など

 

第1話で制服姿のヒョンビンさんが登場。

最後まで見るには、タオル(ハンカチではなく)必須のストーリーです。

 

このドラマ、ヒョンビンさんのささやくような声でナレーションが入ります。

女性ファンにとって、ビジュアル面だけでなく、耳でも楽しめる作品かもしれません。

 

 

2008年 「彼らが生きる世界」チョン・ジオ役

<ヒョンビンさんの役柄>
ドラマ制作監督(PD)

ジュニョン(ソン・ヘギョさん)の元恋人

人妻と不倫中

 

ドラマ制作の世界を舞台に、そこに関わる人々の生き方や恋模様を描いた作品。

元恋人関係の設定が多く、仕事しづらくない?と思う反面、だからこそ互いに理解しあえる関係なのかもしれません。

 

また、多くの役者さんが、俳優役で登場します。

同じ年の春に、故パク・ヨンハさんがドラマ監督を演じた「オンエアー」が放送されたこともあり、視聴率は今ひとつだったようです。

 

 

<主な登場人物>

■チュ・ジュニョン:ソン・ヘギョさん

ドラマ制作監督(PD)

◆ソン・ヘギョさんの主な出演作

ドラマ(現代物):「秋の童話」「ホテリアー」「オールイン」「フルハウス」「その冬、風が吹く」「太陽の末裔」「ボーイフレンド」

映画:「僕の 世界の中心は 君だ」「ファン・ジニ(映画版)」「カウントダウン」「世界で一番いとしい君へ」

など

 

■チョン・ジオ:ヒョンビンさん

ドラマ制作に真摯に取り組むあまり、ついキツイ口調になるジオ

ある問題を抱えており、それが元で撮影中に事故を起こし現場を離れることに

 

ジオ(ヒョンビンさん)の静かな涙がかえって胸に刺さります

 

<最終回でジュニョンが語るジオの言葉>

“すべてのドラマの最後はハッピーエンドだ

悲劇的な世の中や、苦しい日常や、惨めったらしい青春…それが人生のすべてだ

それらをドラマで描く必要はない”

 

“希望以外のどんなことも語る価値はない”

 

“また悲劇も希望の裏返しであることを、ドラマを作る人間は伝えねばならない”

 

これが視聴者がドラマに求めるもの、なのかもしれません。

 

■ソン・ギュホ:オム・ギジュンさん

ドラマ監督

ジオとライバル関係

◆オム・ギジュンさんの主な出演作

ドラマ(現代物):「ヒーロー(2009)」「ドリームハイ」「女の香り」「負けたくない!」「ファントム」「ザ・ウィルス」「ゴールデンクロス」「恋はドロップキック!〜覆面検事〜」「被告人」「ロボットじゃない」「胸部外科」

映画:「破壊された男」「あなたの初恋探します」「殺人漫画」

など

※オム・ギジュンさんは、ミュージカル俳優として舞台でも活躍

 

個人的には、クルクル頭の助監督スギョン(チェ・ダニエルさん)が憎めなくてお気に入りです。

 

また、このドラマでもヒョンビンさんとソン・ヘギョさんによるナレーションが入ります。

抑揚を抑えた穏やかな語り口が、耳に心地よく感じました。

 

このままヒョンビンさんの出演作の紹介を続けます。

スポンサーリンク

愛の不時着のヒョンビンさんのドラマ出演作!~チング・シークレットガーデン編~

2009年 「チング〜愛と友情の絆」 ハン・ドンス役

<ヒョンビンさんの役柄>

葬儀屋の息子で元ボクシング選手

絵を描くのが上手

※映画版「チング」で、チャン・ドンゴンさんが演じた役

 

2001年に制作された映画「友へ チング」のドラマ化作品。

監督はどちらもクァク・キョンテクさんです

愛や友情を手に入れ、守るための手段がどうしても暴力になるので、好き嫌いが別れる作品かもしれません。

 

<ドンスのチング(友)>

■イ・ジュンソク:キム・ミンジュンさん

ヤクザの息子

※映画版「チング」で、ユ・オソンさんが演じた役

◆キム・ミンジュンさんの主な出演作

ドラマ(史劇)「チェオクの剣」「花郎(ファラン)」「猟奇的な彼女」

ドラマ(現代物)「フルハウス」「プラハの恋人」「オンエアー」「いかさま師」「身分を隠せ」

映画「愛 サラン」「チョルラの詩(うた)」「後宮の秘密」「トップスター」「黄泉がえる復讐」

など

「アイルランド」に続いて、ヒョンビンさんとキム・ミンジュンさんの共演です。

 

■チョン・サンテク:ソ・ドヨンさん

“普通の温かい家庭”で育った優等生

※映画版「チング」で、ソ・テファさんが演じた役

◆ソ・ドヨンさんの主な出演作

ドラマ(史劇):「海神(ヘシン)」「夜叉」

ドラマ(現代物):「春のワルツ」「天下無敵イ・ピョンガン」「いばらの鳥」「いばらの花」「ミス・マンマミーア」「逆流」「江南スキャンダル」

映画:「チョルラの詩(うた)」

など

 

■キム・ジュンホ:イ・シオンさん

雑貨屋の息子でお調子者

食いしん坊の弟ジュンギがいる

※映画版「チング」で、チョン・ウンテクさんが演じた役

◆イ・シオンさんの主な出演作

ドラマ(史劇):「ペク・ドンス」「猟奇的な彼女」「揀択(カンテク) 」

ドラマ(現代物):「応答せよ1997」「一理ある愛」「キルミー・ヒールミー」「ステキな片想い」「リメンバー 〜記憶の彼方へ〜」「W -君と僕の世界-」「キム課長とソ理事」「マン・ツー・マン」「プレーヤー」

映画:「風林高」「パーフェクトゲーム」「私の愛、私の花嫁」

など

 

<ドンスの同級生>

■チェ・ジンスク:ワン・ジヘさん

ドンスたちの高校同級生

※少女時代はムン・ガヨンさんが演じる

主な出演ドラマ:「個人の趣向」「ボスを守れ」「ホテルキング」「プレーヤー」など

 

■ソン・ソンエ:ぺ・グリンさん

ジンスクの友人

オクニョで、オクニョの生みの親・女官カビを演じました

 

■ミン・ウンジ:チョン・ユミさん

ジンスクの友人

ドンスたちと同じ小学校

「トンイ」女官チョンイムを演じました

 

ヒョンビンさんが「チング〜愛と友情の絆」でドンス役を演じると決めたとき、周囲は反対したと言われています。

唯一、ヒョンビンさんの決定を支持したのは、映画版でドンスを演じたチャン・ドンゴンさんでした。

 

前作に続き、視聴率的には苦戦した作品。

演じたヒョンビンさんは、あるインタビューで

「作品単独で評価されることより、俳優として認められることを望んでいる」

と語ったそうです。

 

 

2010年 「シークレットガーデン」 キム・ジュウォン役


<ヒョンビンさんの役柄>

ロエルデパート社長

通称 “いかれジャージ”

 

ある事件でエレベーターに乗ることが出来なくなった、オレ様社長

韓流スター・オスカー(ユン・サンヒョンさん)とは従兄弟

 

住む世界も、考え方も全く違うスタントウーマンのキル・ライム(ハ・ジウォンさん)に惹かれていく…というロマンスの王道です。

 

<主な登場人物>

■キル・ライム(29):ハ・ジウォンさん

スタントウーマン

幼い頃に母を、高校生の時に消防士だった父を亡くす

今は友人のアヨン(ユ・インナさん)と二人暮らし

 

テコンドーなど武術に優れた、負けず嫌いな頑張り屋

大好きなオスカー(ユン・サンヒョンさん)の前では乙女になる

◆ハ・ジウォンさんの主な出演作

ドラマ(史劇)「龍の涙」「チェオクの剣」「ファン・ジニ」「奇皇后

ドラマ(現代物)「バリでの出来事」「キング 〜Two Heart」「君を愛した時間」「病院船」「チョコレート」

映画「恋する神父」「ふたつの恋と砂時計」「デュエリスト」「1番街の奇跡」「私の愛,私のそばに」「第7鉱区」「ハナ 奇跡の46日間」「朝鮮美女三銃士」「いつか家族に」「パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛」

など

 

■キム・ジュウォン(33):ヒョンビンさん

愛読書は「不思議の国のアリス」

身につけるものは一流品ばかり

スーツだけでなく、ジャージにもこだわりを見せる

 

■オスカー(チェ・ウヨン)(35):ユン・サンヒョンさん

韓流スター

超売れっ子にもかかわらず、実は歌と演技が苦手

プレイボーイのように振る舞うが、心のなかでは昔の彼女を忘れられない

◆ユン・サンヒョンさんの主な出演作

ドラマ(現代物):「パパ3人、ママ1人」「僕の妻はスーパーウーマン」「お嬢さまをお願い!」「君の声が聞こえる」「カプトンイ」「ピノキオ」「僕は彼女に絶対服従~カッとナム・ジョンギ~」「ショッピング王ルイ」「完璧な妻」「私の恋したテリウス」

映画:「サンデーソウル」「音痴クリニック」「ダイナマイト・ファミリー」「ガール・コップス」

など

ユン・サンヒョンさんの妻は、歌手のメイビーさん

 

■ユン・スル(30):キム・サランさん

財力にも美貌にも恵まれ、ある意味ライムとは真逆のタイプ

暇つぶしにCF監督をしている

元カレ・オスカーに未練あり

◆キム・サランさんの主な出演作

ドラマ(史劇):「千年の愛」「王と私」

ドラマ(現代物):「情~愛よりも深く~」「このろくでなしの愛」「愛するウンドン」

映画:「ラブ・インポッシブル ~恋の統一戦線~」「誰が彼女と寝たのだろうか?」「ラヂオ・デイズ」

など

 

■イム・ジョンス(34):イ・フィリップさん

アクションスクール代表

寡黙で冷静

アクションスクールの仲間を大切にする

ライムに対しては仲間以上の思いを寄せる

◆イ・フィリップさんの主な出演作

ドラマ(史劇):「太王四神記」「シンイ -信義-」

ドラマ(現代物):「ザ・スリングショット~男の物語~」

など

 

■サン(ハン・テソン)(23):イ・ジョンソクさん

天才ミュージシャン

のちにオスカーに曲を提供

彼を指導することになる

 

ゲイ、という設定

◆イ・ジョンソクさんの主な出演作

ドラマ(現代物)「検事プリンセス」「ハイキック3 〜短足の逆襲」「ゆれながら咲く花」「君の声が聞こえる」「ドクター異邦人」「ピノキオ」「W -君と僕の世界-」「恋のゴールドメダル」「あなたが眠っている間に」「ロマンスは別冊付録」

映画「ハナ 奇跡の46日間」「リターン・トゥ・ベース」「観相師」「君に泳げ」「僕らの青春白書」「V.I.P 修羅の獣たち」

など

 

■イム・アヨン(29):ユ・インナさん

ライム(ハ・ジウォンさん)の友人

ロエルデパート勤務

 

ライムと同居

※この家はファンたちに「キル・ライムの家」と呼ばれ、「トッケビ」でもサニー(ユ・インナさん)が大家としてこの家に住んでいました

◆ユ・インナさんの主な出演作

ドラマ(現代物):「明日に向かってハイキック」「最高の愛」「イニョン王妃の男」「星から来たあなた」「マイ・シークレットホテル」「トッケビ」「真心が届く」

映画:「マイ ブラック ミニドレス」「ラブ・フィクション」

など

 

ジュウォン(ヒョンビンさん)が、ドラマ内で着こなす(?)職人手縫いのこだわりジャージは、確認しただけでも4種類!

ヒョウ柄に、レースやスパンコール付などかなり独特です。

 

■ジュウォン(ヒョンビンさん)のジャージ姿は、2分20秒あたりと9分以降に登場

 

この作品、見どころはたくさんあるのですが、何といっても

『ジュウォン(ヒョンビンさん)とライム(ハ・ジウォンさん)の魂が入れ替わる』

という設定がユニークです。

ハ・ジウォンさんも、ヒョンビンさんが演じたキル・ライムのことを

「私よりも女性らしくて可愛かったです。」

「 “キャッ” という声も、男性が出すのは大変なはずなのに上手なんです。」

「再度(魂が)入れ替わって元に戻ったときは、(ヒョンビンさんが演じたライムを反映して)より女性らしく演じました。」

と語っています。

「シークレット・ガーデン 公式メイキングBOOK」より

 

2010年に放送された「シークレット・ガーデン」

どれだけ人気が高かったのかわかるのが、バラエティやCMなどでのパロディの数々!

 

なかでも放送局SBS系列で作られた「主君の太陽」とのミックスパロディは秀逸です。

 

タイトルは「主君のシークレット」

次の2つを押さえたうえでお楽しみください

 

<「主君の太陽(2013)」基礎知識>

ソ・ジソプさん:ショッピングモール・キングダムの社長

望遠鏡で、近くに建設中のライバルショッピングセンター「ジャイアントモール」を常にチェック

口癖は、手振り付きの「コジョ!(꺼져 / 消えろ・うせろ)」

 

<パロディ上の設定>

ソ・ジソプさんとヒョンビンさんは従兄弟

幼い頃は仲が良かったが、今ではライバル

建設中の「ジャイアントモール」オーナーが、実はヒョンビンさんだった

 

最後は、ヒョンビンさんの社長解任の危機を、ソ・ジソプさんが助けるという内容です(笑)

引き続き、ヒョンビンさんのドラマ出演作を紹介していきます。

ヒョンビンさんの出演「シークレットガーデン」を全話無料で見る方法

「愛の不時着」を見て他のヒョンビンさん出演作も見てみたくなった、「シークレットガーデン」のカッコいいヒョンビンさんのをもう一度見たいと言う方も多いと思います。

「シークレットガーデン」は人気ドラマなので、無料でアップロードされている非公式のサイトもあるかもしれませんが、当然ながらそれは違法です。

それらを見ることも違法に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。

そのため、正式なサービスで安心安全に、しかも無料で楽しむのが一番です!

韓ドラ好きな私が自信を持っておすすめできるサービスをこちらの記事(シークレットガーデンの動画(日本語字幕)は最終回(20話)まで無料で見れる!ヒョンビンさんの女子演技は必見です!!)でそのメリットもあわせて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

※「私の名前はキム・サムスン」、「雪の女王」なども見れます。

スポンサーリンク

愛の不時着のヒョンビンさんのドラマ出演作!~ジキルとハイドに恋した私・アルハンブラ宮殿の思い出編~

2015年 「ジキルとハイドに恋した私」ク・ソジン / ロビン 二役


ヒョンビンさん除隊後の復帰作

冷淡な遊園地ワンダーランド常務ク・ソジン、芸術的な感覚に優れた温かい人柄のロビンのふた役を演じます

 

WEB漫画「ジキル博士はハイド氏」が原作のこのドラマ。

ヒロイン・ハナ(ハン・ジミンさん)が正反対の人格と恋に落ちるラブ・トライアングルを中心に、人格分裂の原因となった過去の事件、周囲の人々との関わりなどが描かれます。

 

ヒョンビンさんとハン・ジミンさんは、ドラマ「ジキルとハイドに恋した私」が制作される前年に、映画「王の涙 -イ・サンの決断-」で共演しており、息もピッタリ。

 

ですが

話題と視聴率という面で、ほぼ同時期に放送された「キルミー・ヒールミー」が上をいってしまいます。

チソンさんが、七重人格を見事に演じきったこと、パク・ソジュンさんとのカップル(どういう意味か、は別の記事でお伝えします)があまりにも強烈でしたからねぇ…

 

<主な出演者>

■ク・ソジン / ロビン:ヒョンビンさん

合理的で冷淡な計算の男ソジン、共感能力の高い温かな情の男ロビン

髪型だけでなく、服装も話し方もまったく異なる2人をヒョンビンさんが演じ分けます

(共通点はエクボだけ?)

 

■チャン・ハナ:ハン・ジミンさん

ワンダーサーカス団長

幼い頃、ソジン(ロビン)に会っている

*ハナの少女時代を奇皇后」でスンニャンの少女時代を演じたチョン・ジソさん、幼少期を雲が描いた月明かり」のヨンウン翁主、ホ・ジョンウンさんが演じています

◆ハン・ジミンさんの主な出演作

ドラマ(史劇):「チャングムの誓い」「イ・サン」「屋根部屋のプリンス」

ドラマ(現代物):「復活」「カインとアベル」「パダムパダム」「嫉妬の化身」「知ってるワイフ」「まぶしくて」

映画:「青燕 -あおつばめ-」「朝鮮名探偵 トリカブトの秘密」「プランマン ~恋のアラームが止まらない!」「王の涙  -イ・サンの決断-」「チャンス商会 ~初恋を探して~」「密偵」「虐待の証明」

など

 

■ユン・テジュ:ソンジュンさん

催眠療法士

幼い頃、ソジン(ロビン)に会っている

◆ソンジュンさんの主な出演作

ドラマ(史劇):「九家の書」

ドラマ(現代物):「美男<イケメン>バンド」「抱きしめたい 〜ロマンスが必要〜」「恋愛の発見」「上流社会」「カフェ・アントワーヌの秘密」「完璧な妻」

映画:「私は公務員だ」「冥王星」「悪女 / AKUJO」

など

 

■ミン・ウジョン:ヘリさん

ロビンの大ファン

父(メン・サンフンさん)が経営する出版社兼カフェ手伝い

何も言わずに突然姿を消したロビンを待ち続ける

◆ヘリさんの主な出演作

ドラマ(現代物):「恋のスケッチ 〜応答せよ1988」「タンタラ」「トゥー・カップス」「チョンイル電子ミス・リー」

映画:「ムルゲ(物怪)王朝の怪物」

など

 

■クァク・ヨンチャン:イ・スンジュンさん

ソジンの秘書

彼の秘密を知る数少ない人物

◆イ・スンジュンさんの主な出演作

ドラマ(史劇):「Dr. JIN」「ミスター・サンシャイン」「ノクドゥ伝」

ドラマ(現代物):「ナイン 〜9回の時間旅行」「秘密(2013)」「恋愛の発見」「ミセン 〜未生〜」「風船ガム」「カフェ・アントワーヌの秘密」「太陽の末裔」「30だけど17です」「アイテム」「ホテルデルーナ」「その男の記憶法」「半分の半分」

映画:「神弓 -KAMIYUMI-」「2度の結婚式と1度の葬式」「バトル・オーシャン 海上決戦」「探偵なふたり」

など

※「トッケビ」で神の声を担当したのが、イ・スンジュンさんです

 

「ジキルとハイドに恋した私」以降、約3年のあいだ、ヒョンビンさんは映画への出演が続きます。

※出演映画作品については、その2で詳しくお伝えします

 

2018年 「アルハンブラ宮殿の思い出」 ユ・ジヌ役

舞台はスペイン

ゲーム開発の仕事でグラナダを訪れた彼は、不思議な世界へ入り込んでいく

ヒョンビンさんのドラマ復帰とAR(拡張現実)が題材ということでも放送前から話題になりました。

 

<主な登場人物>

■ユ・ジヌ(39):ヒョンビンさん

IT投資会社ジェイワン代表

工学博士の博士号を持つ頭脳明晰な人物

 

仕事の面で大成功をおさめる一方、かつての親友ヒョンソク(パク・フンさん)との関係や結婚生活において心に傷を抱えている

*今は、元妻スジン(イ・シウォンさん)は、ヒョンソクの妻となり出産を控えている

 

■チョン・ヒジュ(29):パク・シネさん

ボニータホテルオーナー

ギタリストになることを夢見てスペイン・グラナダへ留学

両親を亡くしたため、家族の生計を支える一家の大黒柱として懸命に働く

 

家族思いの心温かい人物

 

☆エンマ:パク・シネさん(二役)

ギターを奏でるゲーム内のキャラクター

ゲームの完成、ジヌらの運命において、文字どおり『鍵』を握る人物

◆パク・シネさんの主な出演作

ドラマ(史劇):「飛天舞」

ドラマ(現代物):「天国の階段」「宮s 」「美男<イケメン>ですね」「オレのこと好きでしょ。」「となりの美男<イケメン>」「相続者たち」「ピノキオ」「ドクターズ 〜恋する気持ち」「愛の温度」

映画:「とかげの可愛い嘘」「伝説の故郷」「シラノ 恋愛操作団」「7番房の奇跡」「尚衣院 -サンイウォン-」「ビューティー・インサイド」「あの日、兄貴が灯した光」「沈黙、愛」

など

※子役時代から活躍し続ける女優さんのおひとり

 

■チョン・セジュ:チャンヨル(EXO)さん

天才プログラマー

AR(拡張現実)を用いたゲームを開発

*ヒョンソク(パク・フンさん)ではなく、ジヌ(ヒョンビンさん)のジェイワン社での発売を望む

 

グラナダ行きの列車の中で行方不明となる

◆チャンヨル(EXO)さんの主な出演作

ドラマ(現代物)「花ざかりの君たちへ」「EXO NEXT DOOR」「ミッシングナイン」

映画「チャンス商会 ~初恋を探して~」

など

※音楽活動については割愛

 

■チャ・ヒョンソク(39):パク・フンさん

ジヌのかつての友人で共同創業者

ジヌとの意見の対立、ジヌの元妻スジンとの関係により袂を分かつ

現ニューワード社代表

 

ジヌ(ヒョンビンさん)に対して激しいライバル心を持つ

ある事故により命を落とす(その後、何度も物語に登場)

◆パク・フンさんの主な出演作

ドラマ(史劇):「六龍が飛ぶ」「ヘチ」

ドラマ(現代物):「太陽の末裔」「モンスター(2016)」「裸の消防士」「操作」「トゥー・カップス」「WATCHER<ウォッチャー>」

映画:「あなたの初恋探します」「華麗なるリベンジ」「ゴールデンスランバー」

など

 

■チャ・ビョンジュン(68):キム・ウィソンさん

ヒョンソクの父

大学教授

ジヌとヒョンソクが創立した会社の出資者

◆キム・ウィソンさんの主な出演作

ドラマ(史劇):「六龍が飛ぶ」「ミスター・サンシャイン」

ドラマ(現代物):「W -君と僕の世界-」「ダーリンは危機一髪!」

映画:「建築学概論」「ヘウォンの恋愛日記」「観相師」「サスペクト 哀しき容疑者」「暗殺」「インサイダーズ 内部者たち」「新感染 ファイナル・エクスプレス」「ザ・キング」「鋼鉄の雨」「1987 ある闘いの真実」「ゴールデンスランバー」「王宮の夜鬼 / 猖獗(チャングォル)」「エクストリーム・ジョブ」

など

 

■ソ・ジョンフン(33):ミン・ジヌンさん

ジヌの秘書

最後までジヌに忠実に仕える

◆ミン・ジヌンさんの主な出演作

ドラマ(現代物):「ヨンパリ」「華麗なる2人」「おひとりさま ~一人酒男女~」「適齢期惑々ロマンス」「ジャグラス」

映画:「ファッションキング」「奴が嘲笑う」「空と風と星の詩人 ~尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯~」「善悪の刃」「金子文子と朴烈(パク・ヨル)」「マルモイ ことばあつめ」

など

 

■パク・ソンホ(43):イ・スンジュンさん

ジェイワン理事 のちに社長

ジヌとヒョンソクの大学の先輩

※出演作品などは「ジキルとハイドに恋した私」の項をご覧ください

 

久々のヒョンビンさん主演テレビドラマということで、放送開始前から話題になったこの作品。

最終回も、別の意味でかなり話題になりました。

*最終回についてはこちら(アルハンブラ宮殿の思い出の最終回のあらすじ(ネタバレ)と感想!最後のシルエットは・・・)

 

視聴率と作品の良さは、必ずしも比例するものではありませんが、ドラマ内のキャラクター・エンマに

「作家の胸に “天国の鍵” を刺してくれ」*

というコメントが出るくらい、ストーリー展開に納得いかないファンが多かったようです。

*エンマ(パク・シネ)は、ゲームのバグ=プログラムの欠陥を取り除く役目を持つ

 

とはいえ、脚本家の方が「ポケモンGO」にヒントを得たというこのドラマ。

AR(拡張現実)のようなゲームに詳しいファン以外には、未知の世界を題材にしたチャレンジ作品だったのでエンディングが簡単ではなかったのかも…

 

ヒョンビンさん演じるジヌという人物も

「スマートで能力がズバ抜けて高い分、かなり自己中な性格」

という面を持っています。

 

なので、「アルハンブラ宮殿の思い出」は、ロマンス色が薄めです(笑)

 

2度の結婚生活で傷ついたジヌ(ヒョンビンさん)の心をヒジュ(パク・シネさん)が癒し、ジヌはヒジュに思いを残しながらも自分のミッション遂行を行う。

 

…この先ふたりは…

 

見る人の想像にお任せします、というエンディングのシルエットでしたね。

 

「アルハンブラ宮殿の思い出」での、ヒョンビンさんの甘いロマンスに物足りなかった方

お待たせしました。

続いて「愛の不時着」をご紹介します。

スポンサーリンク

ヒョンビン第3次ブーム!~愛の不時着~

愛の不時着のヒョンビンさんのドラマ出演作を詳しく紹介

出典:http://program.tving.com/tvn/cloy/

 

「冬のソナタ(2002)」ブームでは、圧倒的に女性ファンが多かったのに対して、この「愛の不時着」では、ハマった男性ファンが少なくないようです。

(日本の芸能人でも「愛の不時着」ファンが結構いますね)

 

2019年 「愛の不時着」 北朝鮮将校 リ(イ)・ジョンヒョク役

※李(Lee)は、韓国ではイ、北朝鮮ではリと発音

※ジョンヒョクは北朝鮮の人物なので、リ・ジョンヒョクと表記されます

 

パラグライダーを楽しんでいたユン・セリ(ソン・イェジンさん)が、突風による事故で北朝鮮に不時着したことから始まる財閥女性と北朝鮮将校(ヒョンビンさん)のロマンス物語です。

 

<主な登場人物>

■リ・ジョンヒョク(32):ヒョンビンさん

ミンギョン大隊 5中隊長

 

元々は美術学校を卒業後、スイスに留学するなど芸術分野で生きていた

ピアノが得意

 

7年前、兄が謎の多い事件に巻き込まれて亡くなったのち、兵士になる

・ジョンヒョクの家族

父:リ・チュンニョル(68) チョン・グクファンさん

母:キム・ユニ(65) チョン・エリさん

兄:リ・ムヒョク(享年34) ハ・ソクジンさん

 

■ユン・セリ(32):ソン・イェジンさん

セリズ・チョイス代表

3人兄妹の末っ子(兄2人)

 

ビジネス感覚に優れ、経営的手腕を発揮

自身のブランドを大きく育てた

・セリの家族

父:ユン・ジュンピョン(67) ナム・ギョンウプさん

母:ハン・ジョンヨン(62) パン・ウンジンさん

長兄:ユン・セジュン(39) チェ・デフンさん

長兄の嫁:ト・ヘジ(36) ファン・ウスレさん

次兄:ユン・セヒョン(38) パク・ヒョンスさん

次兄の嫁:コ・サンア(38) ユン・ジミンさん

◆ソン・イェジンさんの主な出演作

ドラマ(史劇):「大望」

ドラマ(現代物):「夏の香り」「スポットライト」「個人の趣向」「シークレット・ガーデン」「サメ 〜愛の黙示録〜」「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」

映画:「私の頭の中の消しゴム」「四月の雪」「ファム・ファタール」「白夜行 -白い闇の中を歩く-」「恋は命がけ」「パイレーツ」「荊棘(ばら)の秘密」「ラスト・プリンセス -大韓帝国最後の皇女-」「Be With You ~いま、会いにゆきます」「ザ・ネゴシエーション」

など

 

■ソ・ダン(31):ソ・ジヘさん

ジョンヒョクの婚約者

 

チェロを専攻

ロシアに留学後、帰国

・ダンの家族

母:コ・ミョンウン(58) チャン・ヘジンさん

伯父:コ・ミョンソク(55) パク・ミョンフンさん

◆ソ・ジヘさんの主な出演作

ドラマ(史劇):「シンドン」「鉄の王キム・スロ」「雪蓮花(ソルリョンファ)」

ドラマ(現代物):「兄嫁は19歳」「私の期限は49日」「星も月もあなたへ」「貴婦人」「嫉妬の化身」「耳打ち」「黒騎士」「胸部外科」

映画:「ヴォイス」「マイ・ボス マイ・ヒーロー3」「立って寝る木」「王宮の夜鬼 / 猖獗(チャングォル)」

など

 

■ク・スンジュン(31):キム・ジョンヒョンさん

英国国籍のビジネスマン(?)

*公式サイト上 “ビジネスマン”

 

セリと結婚する予定だった

セリの次兄セヒョンからお金を騙し取ったため、北朝鮮へ逃亡

ダンと出会う

◆キム・ジョンヒョンさんの主な出演作

ドラマ(史劇)「逆賊 -民の英雄ホン・ギルドン」

ドラマ(現代物)「嫉妬の化身」「ピング」「ウラチャチャ・ワイキキ」「時間」

映画「超人」「ワン・ディ 悲しみが消えるまで」

など

 

私は「愛の不時着」を見て、初めて

 

「男の人の涙(泣く姿)が美しい」

 

と感じました。

 

それくらい、ヒョンビンさんの涙の演技が自然で、セリフがなくても感情を豊かに表現していたと思います。

 

また、ジョンヒョクは、将校という身分でありつつも、芸術(音楽)的な感覚を持ち合わせ、日常のささやかな幸せに気づかせてくれます。

 

特に今年は、新型コロナウィルス騒動により「非日常が日常になる毎日」だったので、そんな彼の生き方が多くの人の胸に響いたようにも思います。

 

しばらく「우연인 듯 운명 (But it’s Destiny) / 10cm」を耳にすると、ジョンヒョク(ヒョンビンさん)とセリ(ソン・イェジンさん)のさまざまなシーンが浮かんできそうです。

 

ここでは詳しくお伝えできませんでしたが

「愛の不時着」は主演の4人(ジョンヒョク・セリ・ダン・スンジュン)の周囲にいる人物も、それぞれ味があって魅力的なんです。

 

プラス

「え?こんな人が!」

という豪華な特別出演も、ドラマを見る楽しみを大きくしてくれました。

 

また、OSTもステキな曲が揃っていますよね。

近いうちに、OST情報や詳しいキャスト情報などもお伝えできれば…と思っています。

 

 

最後にちょっと考察を加えて、この回を終わりたいと思います。

スポンサーリンク

愛の不時着のヒョンビンさんのプロフィール、ドラマ出演作を若い頃の作品から人気作まで詳しく紹介!~まとめ~

デビュー作のストーカー役ですら「あの人誰?」となるくらい印象的なヒョンビンさん。

ルックスだけで騒がれるのではなく、さまざまな役に挑戦して(興行的にはヒット作といえなくても)「着実に俳優としての実力をつけてきた」と評されるのも納得ではないでしょうか。

 

しかし、それだけではありません!!

ヒョンビンブームとその作品には、毎回共通する法則があるのです!!

■第一次ヒョンビン・ブーム

「私の名前はキム・サムスン」

 

演出:キム・ユンチョルさん

「私たち、恋してる」「品位のある彼女」「鶏龍(ケリョン)仙女伝」など

脚本:キム・ドウさん

「キツネちゃん、何しているの?」「私も花!」「一理ある愛」など

■第二次ヒョンビン・ブーム

「シークレット・ガーデン」

 

演出:シン・ウチョルさん

「パリの恋人」「プラハの恋人」「オン・エアー」「シティホール」「九家の書」「輝く星のターミナル」「僕を溶かしてくれ」など

 

クォン・ヒョクチャンさん

「プラハの恋人」「彼女がラブハンター」「私に嘘をついてみて」「紳士の品格」「シンデレラと4人の騎士」「私は道で芸能人を拾った」など

 

脚本:キム・ウンスクさん

「パリの恋人」「プラハの恋人」「オン・エアー」「シティホール」「紳士の品格」「相続者たち」「太陽の末裔」「トッケビ」「ミスター・サンシャイン」「ザ・キング 永遠の君主」

など

■第三次ヒョンビン・ブーム

「愛の不時着」

 

演出:イ・ジョンヒョさん

「ロマンスが必要2」「ハートレスシティ 〜無情都市」「魔女の恋愛」「グッドワイフ」など

脚本:パク・チウンさん

「彼女がラブハンター」「星から来たあなた」「プロデューサー」「青い海の伝説」など

 

やはり

ヒョンビンさん

ときめく演出のロマンス作品

自然に引き込まれるストーリー展開

は無敵ですね(笑)

 

次作は映画「交渉(原題)」

『中東で拉致された韓国人を救うため奮闘する外交官と国家情報院要員の物語』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2147232

ただいま、ファン・ジョンミンさんとヨルダンで撮影中(7月中旬〜)

ドラマ編はここまでですが、以下の記事でヒョンビンさんの映画出演を全作品紹介していますので、ぜひご覧くださいね!

ヒョンビンさんの映画出演作を詳しく紹介!交渉・共助・レイトオータム!イケメンキャラから悪役まで、役になりきる最高の演技!

エピソード編はこちら↓↓

ヒョンビンさんの歌声(動画付き)やファンミーティング(日本公演)の様子、演技力の秘密、ハジウォンさん、キム・ソナさんたちとの交友関係などを詳しく紹介!

ヒョンビンさんの出演作品を全話無料で見る方法

「愛の不時着」を見て他のヒョンビンさん出演作も見てみたくなった、「シークレットガーデン」、「私の名前はキム・サムスン」、「雪の女王」のヒョンビンさんをもう一度見たいと言う方も多いと思います。

ヒョンビンさんの出演作はどれも人気ドラマなので、無料でアップロードされている非公式のサイトもあるかもしれませんが、当然ながらそれは違法です。

それらを見ることも違法に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。

そのため、正式なサービスで安心安全に、しかも無料で楽しむのが一番です!

韓ドラ好きな私が自信を持っておすすめできるサービスをこちらの記事(シークレットガーデンの動画(日本語字幕)は最終回(20話)まで無料で見れる!ヒョンビンさんの女子演技は必見です!!)でそのメリットもあわせて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

当サイトでは「トンイ」、「トッケビ」、「奇皇后」、「雲が描いた月明かり」、「オクニョ」など、時代劇を中心に韓ドラに関する情報を多数紹介しております。

ぜひ目次からお好きなドラマの記事をご覧ください!

人気記事↓↓

キムゴウンさんの魅力を徹底紹介!演技力とファッションにも注目の超愛されキャラ!

奇皇后のタルタル役(チンイハン=キムジハン)はどんな人?イケメンなだけじゃない、抜けた部分も魅力です!

トンイのキャストを総まとめ!主要キャストから脇を固めるベテランまでどこよりも詳しく紹介!

トンイの子役の詳細と現在の状況(画像)は?3人の子役それぞれの魅力に迫ります!

トンイは実話で実在の人物?史実との違いに驚愕!

トンイの相関図(前半)をあらすじ順にどこよりも詳しく解説!相関図は当サイトオリジナル!

トンイの王妃役は誰?3人の美人女優を紹介!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
アラフォーのフリーランス。 
冬ソナブームの頃には興味がなかった韓ドラにハマって数年。

時代劇が好き。
そして復讐ドロドロ系にツッコミを入れたり、ラブロマンスにときめいたりの毎日です。

読み書きは今ひとつの耳だけハングルなので、最初に覚えた韓国語は、
「~씨(~ッシ)」「아이고(アイゴー)」「어머(オモ)」の3つ。
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© まりこの韓国ドラマチャンネル , 2020 All Rights Reserved.