韓国ドラマ、映画の情報を詳しく紹介しています!

ハイキック3 〜短足の逆襲〜

まりこ
WRITER
 
ハイキック3 〜短足の逆襲〜
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
アラフォーのフリーランス。 
冬ソナブームの頃には興味がなかった韓ドラにハマって数年。

時代劇が好き。
そして復讐ドロドロ系にツッコミを入れたり、ラブロマンスにときめいたりの毎日です。

読み書きは今ひとつの耳だけハングルなので、最初に覚えた韓国語は、
「~씨(~ッシ)」「아이고(アイゴー)」「어머(オモ)」の3つ。

出典:https://asianwiki.com/High_Kick!_3

 

原題:하이킥 3

英語タイトル:High Kick! 3

全123話(韓国オリジナルでの話数:MBC2011-12年)

 

<あらすじ>

人気シットコム(シチュエーション・コメディ)「ハイキック」シリーズ3作目

 

アン・ネサン(アン・ネサンさん)は、特殊効果の会社を経営する社長。

彼には、妻ユン・ユソン(ユン・ユソンさん)、息子ジョンソク(イ・ジョンソクさん)、娘スジョン(クリスタルさん)の家族がいる。

 

ユソンはちょっと短気な専業主婦、ジョンソクは高校生でアイスホッケーをしており、スジョンは間もなく留学先から帰国予定。

 

平凡な一家の生活は、スジョンの帰国日に激変。

会社の副社長が小切手を持ち逃げ。債務支払いが滞ったネサンは、オンボロ車に家族を乗せ逃亡するハメに!

 

ユソンの弟で医師ゲサン(ユン・ゲサンさん)のところへ行くものの、すぐに取り立て屋に見つかってしまうアン一家。

結局、ゲサンが住む家と隣家を結ぶ地下空間(防空壕)に暮らすことになり…

 

「ハイキック」シリーズの中では、笑いだけでなく、しんみりした場面も多いシーズン3です。

 

<主な登場人物>

※韓国のシットコムは、芸名(ときには本名)そのままの役名という設定が多くみられます

 

アン・ネサン:アン・ネサンさん

アン家の家長

特殊効果会社経営

<<代表的な出演作品>>

ドラマ(現代物)「リーガル・ハイ」「まぶしくて」「ザ・バンカー」「バイバイ、ママ!」「おかえり」「ユ・ビョルナ!ムンシェフ」

 

ドラマ(史劇)「私の国」

 

映画「パイレーツ」「ラスト・プリンセス -大韓帝国最後の皇女-」「朝鮮名探偵 鬼<トッケビ>の秘密」

など

※アン・ネサンさんは出演作多数のため、近年の作品のみ掲載

 

 

ユン・ユソン:ユン・ユソンさん

ネサンの妻

専業主婦

<<代表的な出演作品>>

ドラマ(現代物)「ただ愛する仲」「おしえて!イルスン」「金持ちの息子」「アイテム」

 

ドラマ(史劇)オクニョ」「王は愛する」「ノクドゥ伝」

 

映画 「ファム・ファタール」「もう一つの約束」「ときめきプリンセス婚活記」

など

※ユン・ユソンさんは出演作多数のため、近年の作品のみ掲載

 

 

アン・ジョンソク:イ・ジョンソクさん

アン家の長男

高校生

アイスホッケー部所属

<<代表的な出演作品>>

ドラマ(現代物)「検事プリンセス」「シークレット・ガーデン」「私が最も美しかった時」「学校2013 揺れながら咲く花」「君の声が聞こえる」「ドクター異邦人」「ピノキオ」「W -君と僕の世界-」「あなたが眠っている間に」「死の賛美」

 

映画 「観相師」「君に泳げ!」「僕らの青春白書」「V.I.P. 修羅の獣たち」

など

 

 

アン・スジョン:クリスタルさん

アン家の長女

留学先から帰国

  • 元f(x)メンバー
  • 本名:チョン・スジョン

<<代表的な出演作品>>

ドラマ(現代物)「相続者たち」「僕には愛しすぎる彼女」「青い海の伝説」「ハベクの新婦」「刑務所のルールブック」「プレーヤー」「サーチ」

 

映画 「エビギュファン」

 

 

ユン・ゲサン:ユン・ゲサンさん

ユソンの弟

保健所医師

  • 元godメンバー

<<代表的な出演作品>>

ドラマ(現代物)「トリプル」「ロードナンバーワン」「最高の愛」「太陽がいっぱい」「ラスト -LAST-」「グッドワイフ」

 

映画 「国選弁護人ユン・ジンウォン」「犯罪都市」「ゴールデンスランバー」「マルモイ ことばあつめ」「英雄都市」

など

 

 

ユン・ジソク:ソ・ジソクさん

ユソンの弟

ジョンソクらが通う高校の体育教師

<<代表的な出演作品>>

ドラマ(現代物)「アイルランド」「愛の選択~産婦人科の女医」「グロリア」「魔女の城」「名前のない女」

映画 「その女その男の内部事情」「恋愛の技術」

など

 

 

パク・ハソン:パク・ハソンさん

ジソクの同僚

国語教師

※これまでのイメージを覆すような、体当たり演技&“ブラック・ハソン”で話題になりました

※パク・ハソンさんについて詳しくはこちら(トンイの王妃役は誰?~イニョン王妃編~)

<<代表的な出演作品>>

ドラマ(現代物)「アクシデント・カップル」「花を咲かせろ!イ・テベク」「TWO WEEKS」「スリーデイズ ~愛と正義~」「誘惑」「おひとりさま ~一人酒男女~」「平日午後3時の恋人」

 

ドラマ(史劇)「王と私」「トンイ

 

映画 「世界で一番美しい別れ」「音痴クリニック」「ミッドナイト・ランナー」

など

 

 

ジュリアン:ジュリアン・カンさん

ジソクの同僚

英語教師

ハソンの家に同居

<<代表的な出演作品>>

ドラマ(現代物)「花ざかりの君たちへ」「ゴールデンクロス」「やってきた!ファミリー」「アントラージュ」「サム・マイウェイ

 

映画 「マイ・ボス マイ・ヒーロー3」「ワーキングガール」

など

 

 

キム・ジウォン:キム・ジウォンさん

ハソンの従姉妹

高校生

ハソンの家に同居

※キム・ジウォンさんについて詳しくはこちら(キム・ジウォンさんのドラマ・映画出演作、人柄を徹底紹介!内面はお豆腐メンタルを克服したプリンメンタル!?)

 

ペク・ジニ:ペク・ジニさん

ハソンの後輩

ハソンの家に同居

<<代表的な出演作品>>

ドラマ(現代物)「金よ出てこいコンコン」「トライアングル」「傲慢と偏見」「ミッシングナイン」「ジャグラス」「ゴハン行こうよ3 / 美味しい初恋」「死んでもいい」

 

ドラマ(史劇)「田禹治(チョン・ウチ)」「奇皇后

 

映画 「フェスティバル」「18歳、19歳」「フェニックス~約束の歌」「ホラー・ストーリーズ2」

など

 

 

イ・ジョク:イ・ジョクさん

ゲサンの後輩

肛門科医師

※シットコムのナレーションを務める

 

 

〜 そのほか特別出演など 〜

ハイキック1(2006-07年)メンバー

邦題「思いっきりハイキック!」

パク・ヘミさん

チョン・イルさん

キム・ボムさん

など

 

ハイキック2(2009-10年)メンバー

邦題「明日に向かってハイキック」

チョン・ボソクさん

ユン・シユンさん

チン・ジヒさん

チェ・ダニエルさん

シン・セギョンさん

ファン・ジョンウムさん

など

 

<トリビア>

「ハイキック3」最初のシーンの撮影は、韓国ではなくニュージーランドで行われた

(冬のシーンの撮影だったのに、撮影開始は(韓国が)夏の8月だったため)

当サイトでは「トンイ」、「トッケビ」、「奇皇后」、「雲が描いた月明かり」、「オクニョ」など、時代劇を中心に韓ドラに関する情報を多数紹介しております。

ぜひ目次からお好きなドラマの記事をご覧ください!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
アラフォーのフリーランス。 
冬ソナブームの頃には興味がなかった韓ドラにハマって数年。

時代劇が好き。
そして復讐ドロドロ系にツッコミを入れたり、ラブロマンスにときめいたりの毎日です。

読み書きは今ひとつの耳だけハングルなので、最初に覚えた韓国語は、
「~씨(~ッシ)」「아이고(アイゴー)」「어머(オモ)」の3つ。
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© まりこの韓国ドラマチャンネル , 2020 All Rights Reserved.