海外、韓国のものを中心にドラマ、映画の情報を詳しく紹介しています!

まりこの海外韓国ドラマチャンネル

トンイの王妃役は誰?3人の美人女優を紹介!

まりこ
WRITER
 
イニョン王妃
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
海外ドラマ、韓国ドラマ、映画好きの主婦です。 

海外ドラマは幅広く、韓国ドラマは時代劇を中心に見ています。

映画はマーベル系、ラブアクチュアリー、サスペンス系が好きです!

出典:https://blog.naver.com/mbcdong2

ドラマ「トンイ」には、3人の王妃が出てきます。

王妃になった順番に、イニョン王妃、チャンヒビン、イヌォン王妃です。

かなり性格の違いがあるこの3人。

“聖女” 仁顕(イニョン)王妃
“悪女” 張禧嬪(チャンヒビン)
“鉄の女” 仁元(イヌォン)王妃

それぞれ演じたのは美しい3人の女優さん。

パクハソンさん
イソヨンさん
オヨンソさん

さて、あなたが思い浮かべる王妃のイメージ通りでしょうか?

今回は、王妃役の3人について詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

トンイの王妃役は誰?~イニョン王妃編~


仁顕(イニョン)王妃は19代国王 粛宗(スクチョン)の2番目の正室。

最初の正室であった仁敬(インギョン)王妃が20歳で亡くなったため、王妃として選ばれます。

しかし、子宝に恵まれず、また粛宗(スクチョン)の気持ちが王妃より側室の張禧嬪(チャンヒビン)に向いていたため、寂しい思いをしていたと言われています。

それでも王妃としての品を失わず、自分のことより王様のこと、国の将来を優先して考え、行動する人物です。

そんなイニョン王妃役のキャストは・・・

パク・ハソン(Park Ha-Sun)
1987年10月22日生まれ
165または167cm
東国大学校演劇映画学科
家族:夫 リュ・スヨンさん(2017年1月結婚)
   子供 娘さん
デビュー 2005年SBSドラマ「愛は奇跡が必要」

ご本人は別のドラマでのインタビューでこのように語っています。

「『トンイ』(MBC)のときの、落ち着いた仁顕王后役のイメージで私を覚えてくださっている方が多いですが、実際は『ファンタスティック・カップル』(MBC)のハン・イェスルさんや、『乱暴なロマンス』(KBS)のイ・シヨンさんのような役が好きです。
ですが、そんな役は私には入ってこなかったんです。」
出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1940059

また、「トンイ」で共演したチ・ジニ(粛宗役)の勧めでクライミングを始め、その魅力にハマったそうです。

他にも出演したドラマ「おひとりさま〜一人酒男女」(2016) さながら、一人酒が好きで、さらに釣りや射撃なども得意という一面もお持ちです。

 

第48回百想(ペクサン)芸術大賞芸能賞を受賞した ドラマ「ハイキック3〜短足の逆襲〜」(2011-2012)では、それまでの柔らかな雰囲気から一転 “ブラック・ハソン” が話題になりました。

さらに、ドラマ「スリーディズ〜愛と正義〜」

では、偶然からピンチに陥った大統領警護官(ユチョン)を助ける派出所勤務の警察官を演じました。

きりりとした警察官姿もお似合いです。


映画「ミッドナイト・ランナー(青年警察)」では鬼教官 “メドゥーサ” を演じています。

出典:https://movie.naver.com/movie/bi/mi/basic.nhn?code=153652

まさにイニョン王妃とは真逆の役柄です。

また、ドラマ「Two Weeks」での共演がきっかけとなり、リュ・スヨンさんと結婚。

イニョン王妃とは違い、子宝にも恵まれています。

パクハソンさんの結婚についてはこちらの記事(トンイのキャストが結婚で大集結!馴れ初めやお相手は?幸せな実話を紹介!)で詳しく紹介していますので、あわせてご覧ください!

次に張禧嬪(チャンヒビン) 役の女優さんについて見ていきます。

※トンイのキャストまとめはこちら(トンイのキャストを総まとめ!主要キャストから脇を固めるベテランまでどこよりも詳しく紹介!)

スポンサーリンク

トンイの王妃役は誰?~張禧嬪(チャンヒビン) 編~

張禧嬪(チャンヒビン)は国王 粛宗(スクチョン)の母親です。
明聖(ミョンソン)王后の力添えでイニョン王妃が2番目の正室に選ばれました。

ドラマでは敵なしの状態まで上り詰め、、欲しいものはなんでも手に入れる、

そんなチャンヒビン役のキャストは・・・

イ・ソヨン Lee So Yeon
1982年4月16日生まれ
169cm
韓国芸術総合学校演劇院(中退)、漢陽大学芸術大学演劇映画学科
2018年に離婚を発表

デビュー作 2003年の映画『スキャンダル』

過去の出演作品では、イ・ソヨンさんが「トンイ」の前に共演した “トンイメンバー” が3人います。

1 粛宗(スクチョン)
粛宗を演じたチジニとドラマ「春の日」で共演。

2 淑嬪・崔(スクビンチェ)氏(トンイ)
トンイを演じたハンヒョジュとドラマ「春のワルツ」で共演。
ここでも恋のライバル関係に・・・

3 チャチョンス
トンイの亡き兄の代わりチャチョンスを演じたぺスビンとは、ドラマで2度共演。
結婚しよう」2005年
天使の誘惑」2009年

トンイ」撮影当時、台本が朝の3時ごろ出来上がって、その後10時から撮影していたそうですが、そんな状況でも息の合った演技を見せてくれたのも、それまでの共演で培われた信頼感だったのかもしれません。

デビュー作はぺヨンジュンと共演した映画「スキャンダル」と言われていますが、その前年公開の映画「THE KISEI 寄生」のキャストにイソヨンさんの名前が入っています。

スキャンダル」でのイソヨン↓↓

出典:http://asianwiki.com/Untold_Scandal

SBS演技大賞 ニュースター大賞を受賞したドラマ「天使の誘惑」(2009)では復讐のため、過去を隠して結婚する “悪女” を演じています。

 

また、ドラマ「ルビーの指輪」(2013-2014)でも、事故をきっかけに、欲しかった人生も愛も手に入れようとする “悪女” を演じています。

このように「悪女が似合う?」イソヨンさんですが、プライベートでは「トンイ」で共演したパクハソンさんやぺスビンさんと仲が良く、可愛い面をお持ちのようです。

 

また、ドラマ「12年ぶりの再会 〜ダルレになったチャングク」で共演したナムグンミンさんはインタビューで、彼女の印象をこう述べています。

「イ・ソヨンさんは初対面から話がよく合うフレンドリーな魅力があった。
俳優としても、人間としてもよく合いそうな感じだ。」
出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1992656

共演した方々とその後も続く温かいやり取りや、受けた印象などを知っていくと、イ・ソヨンさんは悪女どころか “キュートな魅力の持ち主” のように感じます。

次にイヌォン王妃役の女優さんについて見ていきます。

トンイを無料で見る方法

トンイで見逃した回があるので全話見てみたい、もう一度最初から見たいと言う方も多いと思います。
トンイは人気ドラマなので、無料でアップロードされている非公式のサイトもあるかもしれませんが、当然ながらそれは違法です。

それらを見ることも違法に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。

 

そのため、正式なサービスで安全安心に、しかも無料で楽しむのが一番です!

韓ドラ好きな私が自信を持っておすすめできるサービスをこちらの記事(トンイの動画(日本語字幕)は無料で見れる!がんばるトンイを応援しましょう!)でメリットもあわせて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

トンイの王妃役は誰?~イヌォン王妃編~

イヌォン王妃は、イニョン王妃が亡くなり、その後チャン・ヒビンが死罪となったことで、粛宗(スクチョン)4人目の王妃として登場します。

イヌォン王妃は辛い状況の中でも、ヨニングンを守り抜き、彼が王になる道を開きました。

とても強い意志を持った女性だったに違いありません。

そんなイヌォン王妃役のキャストは・・・

オ・ヨンソ Oh Yeon Seo
1987年6月22日生まれ
170cm
東国大学演劇映像学科
デビュー 2002年LUVアルバム1集「Story Orange Girl」

オヨンソさんは、3人組ガールズグループ「LUV(ラブ)」としてデビューという 、“2人の王妃” とは違う経歴を持っています。

LUV

出典:https://www.soompi.com/article/581897wpp/jeon-hye-bin-oh-yeon-seo-evie-cho-reunite-for-a-luv-group-photo

実はその後、本名のオヨンニムとして女優活動をスタートするのですが、2007年にオヨンソに改名しています。

そして、「改名後にドラマ&CMと大活躍!名前を変えて運命が変わったスター1位は?」というランキングで1位に選ばれるほど、改名後多くの作品に出演し活躍されています。

プライベートでも2018年3月 俳優キムボムとの交際を認めるなど、公私ともに充実している様子が伺えます。

また、2013年のドラマ「メディカル・トップチーム」放送後のインタビューでは

「何よりもまず、強いカラーをもった女優になりたいです。真っ赤なカラーや紫色のような強いイメージが好きです。本当に長い間、人々の記憶に残る女優を目指します。」

出典:http://www.wowkorea.jp/section/interview/read.asp?narticleid=120463

と語っていて、どこかイヌォン王妃の芯の強さを連想させてくれます。

 

ちなみにオ・ヨンソさんは、「トンイ」でのイヌォン王妃役の他に時代劇の作品にも多く出演しています。

どちらもファンタジーなのですが、

輝くか、狂うか」では、渤海最後のお姫様という設定でしたし、

猟奇的な彼女」では、架空のへミョン王女を演じています。

両作品ともかなりお転婆な王女(姫)役で、困難があっても明るくハツラツとした姿がお似合いです。

彼女自身が過去のインタビューの中で

推理小説や犯罪アクション映画が大好き。漫画も本当に好きです

「女優ですから外見への関心が強いですが、華麗なものより平凡なものを好みます。ハイヒールよりは運動靴、スカートよりパンツ派ですよ。近所の漫画喫茶へキャップを被って行くこともあります。遅くまで漫画を読んでいて、追い出されたこともあるんです(笑)」

と語っていて、お転婆な役というのは自身に近いのかもしれません。

また、世間が思う “オヨンソのイメージ” に悩みながらも、様々な役を演じることを通して自分自身を知ってもらおうとする姿に思わず応援したくなりました。

スポンサーリンク

トンイのキャスト!王妃役は誰?~まとめ~

トンイ」の中で王妃役を演じた3人の女優さんを中心に、ドラマで演じた役とインタビューなどを通して知る姿の共通点と相違点、経歴、他の出演作品、作品やその後のエピソードなどをお届けしました。

この女優さんにそんな一面があったの?
あの作品にも出演していたの?
などなど、新たな発見が一つでもあればうれしいです!

個人的にはこちらの記事(トンイのキャストが結婚で大集結!馴れ初めやお相手は?幸せな実話を紹介!)で紹介したパクハゾンさんの結婚にすごく感動しました!

幸せにこれからも活躍してほしいです!

トンイを無料で見る方法

トンイで見逃した回があるので全話見てみたい、もう一度最初から見たいと言う方も多いと思います。
トンイは人気ドラマなので、無料でアップロードされている非公式のサイトもあるかもしれませんが、当然ながらそれは違法です。

それらを見ることも違法に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。

 

そのため、正式なサービスで安全安心に、しかも無料で楽しむのが一番です!

韓ドラ好きな私が自信を持っておすすめできるサービスをこちらの記事(トンイの動画(日本語字幕)は無料で見れる!がんばるトンイを応援しましょう!)でメリットもあわせて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

トンイについてはこちらもどうぞ↓↓

トンイは実在の人物?史実との違いに驚愕!

トンイの相関図(前半)をあらすじ順にどこよりも詳しく解説!相関図は当サイトオリジナル!

トンイのキャストを総まとめ!主要キャストから脇を固めるベテランまでどこよりも詳しく紹介!

トンイのキャスト!シムウンテク役は誰?人柄についても紹介!

トンイの子役の名前と現在の状況は?3人の子役それぞれの魅力に迫ります!

トンイ最終回のあらすじをネタバレ!大切なのは心だと教えてくれる感動のラストです!

トンイの王妃降格が本当にスカッとする!見事なまでの3倍返し!

トンイの王妃の最期!イニョン王妃とチャン・ヒビンの最期に涙!

当サイトでは「オクニョ」、「奇皇后」、「トッケビ」など、時代劇を中心に他の韓国ドラマの情報も詳しく紹介しています。

「オクニョ」の記事一覧!

「奇皇后」の記事一覧!

「トッケビ」の記事一覧!

 

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
海外ドラマ、韓国ドラマ、映画好きの主婦です。 

海外ドラマは幅広く、韓国ドラマは時代劇を中心に見ています。

映画はマーベル系、ラブアクチュアリー、サスペンス系が好きです!
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© まりこの海外韓国ドラマチャンネル , 2019 All Rights Reserved.