韓国ドラマ、映画の情報を詳しく紹介しています!

トンイのシムウンテク役(キムドンユンさん)はどんな人?魅力を徹底解説!

まりこ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
アラフォーのフリーランス。 
冬ソナブームの頃には興味がなかった韓ドラにハマって数年。

時代劇が好き。
そして復讐ドロドロ系にツッコミを入れたり、ラブロマンスにときめいたりの毎日です。

読み書きは今ひとつの耳だけハングルなので、最初に覚えた韓国語は、
「~씨(~ッシ)」「아이고(アイゴー)」「어머(オモ)」の3つ。

出典:https://blog.naver.com/mbcdong2

政争と策略の続く「トンイ」の中で、 “飄々として、どこか憎めない魅力をもつシムウンテク” に癒されたという方も多いのではないでしょうか。

第24話での一風変わった登場の仕方と、何やらヒジェと因縁がありそうな様子に
「一体、この人物は何者?」
と疑問に思った人も多く、

また、爽やかなイケメンのシムウンテク
「演じているのは誰?」
という声がよく聞かれたそうです。

今回は、ちょっと不思議な魅力の持ち主“シムウンテク”と、彼を演じた俳優さんについてお伝えします。

スポンサーリンク

トンイのシムウンテク役(キムドンユン)のプロフィール、経歴、出演作品

 

View this post on Instagram

 

最近ちょっと気になるシムウンテク…… 実はかなりのイケメンだった😊 #史劇 #トンイ #シムウンテク

川原泰予さん(@yasuyo1962)がシェアした投稿 –


ドラマの中で、何かとトンイを助けることになるシムウンテク。

助ける、といってもチョンス兄さんのように武芸に長けているわけではなく、むしろすぐに捕まえられてしまうタイプです(笑)

さて、そのシム・ウンテクを演じているのは、代打で出演したミュージック・ビデオがデビュー作という、ちょっと変わった経歴をお持ちのキムドンユンさん。

キム・ドンユン Kim Dong Yoon
1980年8月30日生まれ
182cm
家族 兄 キム・ヒョクも俳優
趣味 映画、音楽、釣り
特技 ボクシング、柔道、サッカーなどのスポーツ
デビュー作 ミュージック・ビデオ

キムドンユンさんの出演作品の中には、兄弟で出演した作品が2つもあります。

ドラマ「家族を守れ」
家族を大切にする韓国で、「今の時代の家族のあり方」を問いかけた作品。
最高視聴率28%。
バラバラになりそうな家族を守ろうと奮闘する医者と調理師の2人、そして、その家族を中心に描くラブコメホームドラマ。

出典:http://archives.bs-asahi.co.jp/kazoku/

実生活では、3兄弟のキムドンユンさん。

早くにお母さんを亡くし、年の離れた兄ヒョクさんが母親のような存在だったとか。

出演シーンはあまり重ならなかったそうですが、2人をドラマの中で探すのも楽しいかもしれません。

 

ドラマ「大王の夢」
三韓統一を目指す新羅第29代国王武烈王(キムチュンチュ)と名将キムユシンの友情と葛藤を描いた時代劇。

出典:http://archives.bs-asahi.co.jp/daiounoyume/

ドンユンさんは、このドラマで新羅キムユシン将軍の長男キムサムグァン役で出演しています。

キムユシン&サムグァン親子↓↓

出典:https://archives.bs-asahi.co.jp/daiounoyume/lineup/000063/index.html

また、若い頃のキムソヒョン(キム・ユシンの父親)も演じています。
つまり、キムユシン将軍の父親になったり、息子になったりしています。

しかもこの時、キムユシン将軍を演じたのは「トンイ」でシムウンテクの宿敵ヒジェを演じたキムユソクさん

面白い配役だと思いませんか?

ちなみに実の兄ヒョクさんは、キムチュンチュの側近コムグンを演じています。

次に、インタビューなどを通じて見えてくる 「キムドンユンさん本人の人柄」に触れて見たいと思います。

スポンサーリンク

トンイのシムウンテク役(キムドンユン)の人柄は?


先ほどドラマ「家族を守れ」のところで少し紹介したように、キムドンユンさんは3兄弟の末っ子です。

早くにお母さんを亡くし、お父さんが男手ひとつで3人を育ててくれたとか。

彼はインタビューで
「人生の目標は、父みたいに生きて父親に孝行すること」
と、お父さんへの感謝の気持ちを述べています。

 

また同性愛者を扱った映画「2度の結婚式と1度の葬式」に出演したときには
「自分たちの映画を通じて(同性愛者に対する)誤解が解けたらいい」
と、社会的な偏見を受ける立場の人々へ温かいメッセージを送っています。

この映画、難しいテーマを扱っていますが、非常に後味の良い作品です。

インタビューの中で、
「身体に合うドレスを探すことが難しかった」
と、ユーモアを交えて衣装選びの様子を話し、

「こんな不便なものを女性たちはどうやって履くのだろう?」
と、ハイヒールを履いて行ったリハーサルの感想を述べていました。

 

さらに、
(同じインタビューの中で)決して順風満帆とはいえないキャリアのご自身を通して、
「ある程度余裕ができたら、新人俳優を支援したい」
と、後輩たちへの愛情を示し、

「貧しい生活をする若者たちに勉強やサッカーを教えてあげたい」
と、サッカーが大好きな彼らしい夢を語っています。

ここで、シムウンテクのモデルと言われるキムチュンテクについてお伝えします。

「トンイ」を全話無料で見る方法

「トンイ」で見逃した回があるので全話見てみたい!キムドンユンさん演じるシムウンテクをもう一度見たい!と言う方も多いと思います。
「トンイ」は人気ドラマなので、無料でアップロードされている非公式のサイトもあるかもしれませんが、当然ながらそれは違法です。

それらを見ることも違法に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。

そのため、正式なサービスで安全安心に、しかも無料で楽しむのが一番です!

韓ドラ好きな私が自信を持っておすすめできるサービスをこちらの記事(トンイの動画(日本語字幕)は無料で見れる!がんばるトンイを応援しましょう!)でそのメリットもあわせて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

トンイでのシムウンテクと史実でのキム・チュンテク


金春沢(キムチュンテク)

粛宗(スクチョン)最初の正室 仁敬(インギョン)王妃の父親 金万基(キム・マンギ)を祖父に持つ西人(ソイン)派の人物。

このように名門の出身ですが、彼自身は科挙に合格しておらず、官職についていません。

また、牢獄に入ったり、流罪になったりと、安泰な生活とはほど遠い暮らしをしています。

トンイ」24話では
流罪の下級役人がやって来るので、部屋の準備をするように
と、トンイが命じられるシーンがありますが、その場面と繋がるようです。

 

1694年に金寅(キム・イン)らが朝廷に告発書を出します。

それは
チャンヒジェ(チャン・ヒビンの兄)が淑嬪・崔(スクビン・チェ)氏、つまりトンイの毒殺を計った
という内容のものでした。

この告発がキッカケとなり、
チャン・ヒビンは側室へ降格
チャン・ヒジェは済州島に流罪
となりました。

一方、淑嬪・崔(スクビン・チェ)氏はのちの英祖(ヨンジョ)となる子どもを産んだことで、その地位をより強固なものにしていきます。

 

このときの告発の裏で暗躍したのが金春沢(キム・チュンテク)だといわれています。

そして、その告発に協力したのが淑嬪・崔(スクビン・チェ)で、2人は協力関係にあったと考えられています。

しかも告発内容に信ぴょう性のある裏付けがなく、
西人(ソイン)派によって仕組まれたものだったのではないか?」
というおまけ付きです。

 

ドラマ「トンイ」では、

チャン・ヒジェがシム・ウンテクの名を思い出す場面で
「(チャン・ヒビンが)側室のときに、上奏文=朝廷への告発文 を出した恨みは忘れられない
と2人の悪縁を示すセリフがあります。

 

また、トンイとシムウンテクはお互い協力しながら『謄録類抄(トゥンノンユチョ)』を用い、チャン・ヒビン側の罪を明らかにしようとします。

このとき、シムウンテクは

通訳のフリをしてチャン・ヒジェに近づいたものの、すぐに部屋を追い出される
身分がバレ、あっさり捕まる
移送の途中で殺されそうになり、刀を手にするが何の役にも立たない

などなど、トンイに協力するものの “暗躍” にはほど遠いキャラクターです。

 

このように “ちょっと抜けてるシムウンテク” を演じたキムドンユンさんは、ご自身のことを
顔に毒気がないように見えるという短所がある」と話しています。

でも、ソフトな顔立ちだからこそ “策士シムウンテク” ではなく、 “ほのぼのシムウンテク” が誕生しました。

そのことが多くの人を惹きつけたと思いませんか。

最後に、ドラマの役としてのシムウンテク、そして俳優としてのキムドンユン、2つの魅力についてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

トンイのシムウンテク役(キムドンユン)のまとめ

シムウンテクというキャラクター、それを演じるキムドンユンという役者、その2人に共通するのは、“周りに与える温かさ” そして “飄々、ほのぼのとした雰囲気” だと言えるのではないでしょうか。

シリアスな場面でも、シムウンテクが出てくると思わず笑みがこぼれてしまう。
それは、ドラマの中での相手役でも、ドラマを見る一視聴者でも同じ。

出典:https://blog.naver.com/mbcdong2

粛宗(スクチョン)の時代は、派閥争いが続く中で王の力を強化しようと、駆け引きや策略が盛んだった時期でもあります。

ドラマ「トンイ」でも、敵対する相手に罪をなすりつけようとする場面が何度も出てきました。
(最も大きなものは『王妃降格』につながるアノ場面では?→詳しくはトンイの王妃降格が本当にスカッとする!見事なまでの3倍返し!の記事で解説しています)

 

そんな暗くなりがち、重くなりがちなドラマに存在した “オアシス” のひとつがシムウンテクだったように思います。

キム・ドンユンさんが、
「いつも家族に迷惑をかけるトラブルメーカー」を演じても何だか憎めないのは

心の底で家族を思うその温かなまなざしが

「社会的に偏見を受ける役」になりきっていても、伝えたいメッセージを受け取りやすいのは

彼が持つ弱い立場への共感が

見ている私たちに伝わってくるからなのでしょう。

 

本当は、スポーツ全般を得意とするキムドンユンさん。
いつかアクション・シーンで活躍する姿を見たいものです。

「トンイ」を全話無料で見る方法

「トンイ」で見逃した回があるので全話見てみたい!キムドンユンさん演じるシムウンテクをもう一度見たい!と言う方も多いと思います。
「トンイ」は人気ドラマなので、無料でアップロードされている非公式のサイトもあるかもしれませんが、当然ながらそれは違法です。

それらを見ることも違法に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。

そのため、正式なサービスで安全安心に、しかも無料で楽しむのが一番です!

韓ドラ好きな私が自信を持っておすすめできるサービスをこちらの記事(トンイの動画(日本語字幕)は無料で見れる!がんばるトンイを応援しましょう!)でそのメリットもあわせて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

トンイについてはこちらもどうぞ↓↓

トンイのキャストを総まとめ!主要キャストから脇を固めるベテランまでどこよりも詳しく紹介!

トンイの相関図(前半)をあらすじ順にどこよりも詳しく解説!相関図は当サイトオリジナル!

トンイは実在の人物?史実との違いに驚愕!

トンイの王様役(チ・ジニ)はどんな人?多趣味でアジアを代表する紳士の家族に対する独特の考え方とは!?

トンイのキャストが結婚で大集結!馴れ初めやお相手は?

トンイのキャスト!王妃役は誰?3人の美人女優を紹介!

トンイの子役の名前と現在の状況は?3人の子役それぞれの魅力に迫ります!

トンイ最終回のあらすじをネタバレ!大切なのは心だと教えてくれる感動のラストです!

トンイの王妃降格が本当にスカッとする!見事なまでの3倍返し!

トンイの王妃の最期!イニョン王妃とチャン・ヒビンの最期に涙!

当サイトでは「オクニョ」、「奇皇后」、「トッケビ」など、時代劇を中心に他の韓国ドラマの情報も詳しく紹介しています。

「オクニョ」の記事一覧!

「奇皇后」の記事一覧!

「トッケビ」の記事一覧!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
アラフォーのフリーランス。 
冬ソナブームの頃には興味がなかった韓ドラにハマって数年。

時代劇が好き。
そして復讐ドロドロ系にツッコミを入れたり、ラブロマンスにときめいたりの毎日です。

読み書きは今ひとつの耳だけハングルなので、最初に覚えた韓国語は、
「~씨(~ッシ)」「아이고(アイゴー)」「어머(オモ)」の3つ。
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© まりこの韓国ドラマチャンネル , 2019 All Rights Reserved.