海外、韓国のものを中心にドラマ、映画の情報を詳しく紹介しています!

まりこの海外韓国ドラマチャンネル

キムゴウンさんの魅力を徹底紹介!演技力とファッションに注目の超愛されキャラ!

まりこ
WRITER
 
トッケビキムゴウンキャスト演技
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
海外ドラマ、韓国ドラマ、映画好きの主婦です。 

海外ドラマは幅広く、韓国ドラマは時代劇を中心に見ています。

映画はマーベル系、ラブアクチュアリー、サスペンス系が好きです!

出典:http://tokkebi.jp/

「アジョシ〜」
900才も年上の大人(笑)を「おじさん」と無邪気に呼ぶ“トッケビの花嫁”こと女子高生のチウンタクを演じたのは、キムゴウンさんです。

出演ドラマは「トッケビ」が2作目、と聞くと驚かれるかもしれませんね。
純真さや可愛らしさと、内面に複雑な感情をあわせもつ大人っぽさが同居する彼女の演技は、映画界でのキャリアを反映したものだと言えそうです。

今回は、鮮烈な印象を残した彼女のデビュー作を含め“きれいなゴウンさん”について様々な魅力をお届けします。
※「きれいなゴウンさん」の意味は後ほどお伝えします

スポンサーリンク

キムゴウンさんのプロフィール、経歴、出演作品を動画付きで紹介!


まずはプロフィールを見ていきましょう。

キム・ゴウン   
Kim Go Eun  김고은 金高銀

生年月日:1991年7月2日生まれ

家族:兄

出身学校:韓国芸術総合学校 演劇院演技科
経歴:4才〜10年間中国(北京)で暮らす
   中学1年の時に帰国
特技:中国語
最近の若い世代はハングル表記に慣れて漢字が苦手な人も多いそうですが、もちろん漢字も得意です

中国語ができるとは知りませんでした!

中国での経験が今後彼女のキャリアのすごい影響をもたらすかもしれませんね。

 

デビューは2012年の映画「ウンギョ 青い蜜」。
オーディションで300倍の競争率を勝ち抜き、映画デビューを果たします。

■「ウンギョ」予告版 

少女の若さに魅了される詩人(パクヘイルさん)
師の才能に嫉妬する弟子(キムムヨルさん)
これまで触れることのなかった天才詩人の世界に憧れる17歳の少女(キムゴウンさん)

この3人が嫉妬魅惑官能・・・と幾重にも絡まっていくこの作品で、キムゴウンさんはみずみずしい裸体を披露したことでも話題になりました。

 

ベテランのお二人を相手に、新人らしい爽やかさと同時に存在感を示した彼女。
日本では、ともすると官能的な面が誇張されがちなこの映画ですが、韓国では前売り券購入者の7割が女性だったということからもわかるように同性からも支持を受ける作品です。

「恐ろしい新人」「東洋的な美女」と注目を浴びたキムゴウンさんは、「ウンギョ」で数々の新人賞を受賞。

デビュー作にもかかわらず高い評価を受けました。

■作品「ウンギョ」について語る様子や受賞についてなど

これ以降の出演作品には
映画
2013年 ネバーダイ バタフライ
2014年 その怪物
イミンギさんと共演
2015年 コインロッカーの女(別名 チャイナタウン)
キムヘスさんパクボゴムさんと共演

■「コインロッカーの女」日本語字幕版予告

2015年 メモリーズ 追憶の剣
イビョンホンさんチョンドヨンさんジュノ(2PM)さんと共演

■「メモリーズ 追憶の剣」本予告

■カンファレンスでの様子

(大先輩2人を相手に、臆せず映画内でも発表会でも存在感を示すキムゴウンさん。落ち着いていますね。)

 

2015年 奴が嘲笑う
イソンギュンさんイムウォニさんと共演

■「奴が嘲笑う」日本語字幕版予告編

2016年 ケチュンばあちゃん
ユンヨジョンさんミンホ(SHINee)さんと共演

■「ケチュンばあちゃん」 日本語字幕版予告編

■ 先輩女優さんと仲良く話している様子

■試写会の様子

2018年 辺山
パクジョンミンさんと共演
 ■「辺山」予告映像

■可愛らしいラップを披露するキムゴウンさん(1分45秒あたり〜)

そして今年公開の作品は、こちら。

2019年 ユ・ヨルの音楽アルバム
この作品では、「トッケビ」ウンタク初恋の人テヒ役のチョンヘインさんと共演。
キムゴウンさん演じるミスと、チョンヘインさん演じるヒョヌのふたりが、長いすれ違いを繰り返しながら近づいていく過程を描くこの作品で恋人になるようです。

また、メインキャストではありませんが
この作品の前に「ペンバン(ひき逃げ調査班)」(2019)にも出演。
監督がハンジュニさんなので「コインロッカーの女」での縁が「ペンバン」出演につながったようです。

 

次にドラマでの活躍についてです。

先ほどキムゴウンさんのドラマ出演は「トッケビ」が2作目とお伝えしました。
では、1作目は・・・というと
2016年 恋はチーズ・イン・ザ・トラップ です。


ご存知の方も多いと思いますが、ドラマ「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」を簡単に紹介します。

イケメンで成績優秀、しかもグループ企業の御曹司という謎の多い高スペック男子ユ・ジョン(パクヘジン)と、ニートで少々口は悪いけれど、いつも助けてくれる子犬系男子イノ(ソガンジュン)の二人が、平凡で不器用な女の子ソル(キムゴウン)を巡って繰り広げる三角関係を描いたロマンスリラー(ロマンス+スリラー)。

 

ウェブ漫画として2010年から連載され、人気を博していたこの作品のドラマ化が決まると「誰が演じるのか?」がファンの間で話題になりました。


キムゴウンさんは一度はスケジュールの都合でオファーを断ったそうですが、監督からのラブコールを受けて初ドラマ出演となりました。

■台本読み合わせ風景など

■ソルを取り合うイケメンふたり・・・のNG

そして
同じ2016年 トッケビ に出演
“トッケビの花嫁”チウンタクとして女子高生から9年ぶりの再会、そして本当の花嫁姿までさまざまな表情を見せてくれました。


■特別映像「ロマンス編〜トッケビxウンタク」(コンテンツセブン)

この他にミュージックビデオやCMにも数多く出演しています。

MV
2015年 Come With Me Girl  Jung Yup(チョンヨプ)

CM
日本発のブランド「ユニクロ」CMにも出演

 

受賞歴
デビュー作「ウンギョ」以外にもこのような受賞歴があります。

2015年 韓国映画を輝かせたスター賞 人気俳優賞 「コインロッカーの女」
2015年 富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭 ファンタジアアワード
2016年 スタイル アイコン アジア2016 オーサム ライジングサン
2016年 百想芸術大賞 TV部門 女性新人演技賞 「チーズ・イン・ザ・トラップ」
2017年 DramaFever Award (米) ベストカップル賞 「トッケビ」コンユさんと共に

 

ドラマ出演作2作とも受賞。
しかも「トッケビ」コンユさん&キムゴウンさんカップルはアメリカでも人気が高く、「太陽の末裔」ソンソンカップルを抑えてのベストカップル賞です!

 

このように、最初は映画の世界で、次いでドラマでもその名を知られることになったキムゴウンさん。
彼女と共演してみたいと考える先輩役者さんは多いといわれています。

次に、出演作品の共演者、監督から見たキムゴウンさんの魅力、インタビューでの発言から見えてくる彼女の人柄を中心にお伝えします。

キムゴウンさんの代表作「トッケビ」を無料で見る方法

キムゴウンさん主演のトッケビで見逃した回があるので全話見てみたい、もう一度最初から見たいと言う方も多いと思います。
トッケビは人気ドラマなので、無料でアップロードされている非公式のサイトもあるかもしれませんが、当然ながらそれは違法です。

それらを見ることも違法に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。

 

そのため、正式なサービスで安全安心に、しかも無料で楽しむのが一番です!

韓ドラ好きな私が自信を持っておすすめできるサービスをこちらの記事(トッケビの動画(日本語字幕)は無料で見れる!900歳差の2人の恋は必見です!)でメリットもあわせて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

キムゴウンさんの演技力、共演者からのコメント、ファッション


【多くの名優との共演】
「先輩にも監督にも愛される可愛らしさ」

数々の出演作で伝えられる共演者の愛情あふれるキムゴウン評です。

作品ごとに詳しく見ていきましょう。
■インタビュー動画

■「トッケビ」
サムシン(三神)を演じたイエルさんは、雑誌のインタビューで共演したキムゴウンさんについて

「本当に愛らしい子犬みたいだ。スキンシップと愛嬌は同じ女性から見ても、どうすればいいか分からないほど可愛い。何を挙げればいいか分からないほど、全てが良い子だった。」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2061999

と語っています。

 

View this post on Instagram

 

사랑해요💕

@ ggonekimがシェアした投稿 –


「コインロッカーの女」(2015年)

チャイナタウンを支配するボスであり、捨てられた子供たちの母でもあったキムヘスさんは、

「最初からキムゴウンという女優に興味がありました。私の個人的な好みですが、私は彼女のスタイルが好きです。なので(共演が決まり)、私は嬉しかったです。」

「脚本を読みながら、なぜキムゴウンがそのような役割を演じなければならないのだろうか?と思ったので、彼女がどうやって演じるのか知りたかった。」

「彼女は私にとっても良い刺激になりました。」

出典:https://youtu.be/yyTpZXXw0Y4

と共演したキムゴウンさんのことを高く評価しています。

それに対してキムゴウンさんは、共演した憧れの先輩俳優についてこのように話しています。

「今でも信じられません。映画を見ることが好きで、俳優になりたかったので、当然俳優の方々が大好きです。そんな私が憧れの俳優と共演することになり、すごく嬉しかったですし、緊張しました。奇跡と言えるでしょう。」

「撮影を重ねるほどになぜ先輩方が“すごい”と言われているのか分かるようになりました。」

「“共同作業”という認識を念頭に置くべきだということも知りました。先輩方をそばで見ていると、スタッフに対する態度などが違います。そのすべてに私は感心し、感謝しています。」

「先輩方は私を後輩ではなくパートナーとして考えることが当然だと思っているかも知れませんが、私はその態度に感心しました。私も誰かの先輩になったら、もちろんそうします。そのような認識を持たせて下さり、感謝しています。」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2020198

共演を素直に喜び、先輩方から多くを学び、感謝の気持ちを持つ・・・そんな彼女に多くの先輩俳優からラブコールが送られるのがよくわかりますね。

 

■「メモリーズ 追憶の剣」(2015年)
韓国内だけでなく世界で活躍するイビョンホンさんチョンドヨンさんの両先輩からも、このようなキムゴウン評が聞かれています。

チョンドヨンさん

「私達3人のうち、キムゴウンさんが最もアクションシーンが多くあリました。(剣術アクションのある作品出演が初めてにも関わらず)彼女は非常に難しいアクション、多くのワイヤー演技をこなしていました。」

出典:https://youtu.be/yyTpZXXw0Y4

イビョンホンさん

「私は個人的にキムゴウンさんと一緒に演技をしたいと思っていました。」

「私は(今回の共演を通して)彼女が強い集中力を持った俳優であると知りました。
撮影の間、私は偉大な俳優(=キムゴウン)と一緒に演じることが多くの点で私を助けてくれたことに気づき、お互いに素晴らしい相乗効果を生み出しました。」

彼女は自分の役割をうまく演じるだけでなく、他の人と演技をするときに現れる“ケミ”を持っています。
ですから、監督が満足して喜んだシーンが実にたくさんありました。」

出典:https://youtu.be/yyTpZXXw0Y4

このように両名ともキムゴウンという女優を大きく評価しています。

 

■「奴が嘲笑う」(2015年)
作品の中では、イソンギュンさん演じる常勝弁護士と対立する生意気な検事を演じたキムゴウンさんですが

イソンギュンさんは

「年齢差(15才)があるので、私たちは最上級生とピカピカの1年生のようでもあり、彼女と仕事をするのはとても楽しかったです。彼女が末の妹のように思えました。」

出典:https://youtu.be/yyTpZXXw0Y4

と可愛い後輩との共演を楽しんでいたことを告白しています。

しかしイムウォニさんは、“あること”にとても苦労したようです。

「私より先に彼女と共演したイソンギュンさんが “(キムゴウンさんは)優れた女優だ”と言っていたのです。
しかも “彼女の瞳を見つめるのはステキなこと”だとも話していたので、楽しみにしていました。 」

「でも、それは簡単なことではありませんでした。」

「私が彼女と一緒に演技するシーンはワンシーンだけでした。
私はようやく彼女の瞳を見つめられると思ったのに…彼女は私を見るなり、すぐに笑いだしたのです。
それ以来、彼女は私を直接見ないで額とか他のところを見ているようです。

出典:https://youtu.be/yyTpZXXw0Y4

とキムゴウンさんとのアイコンタクトに苦労した様子をおかしく語っています。

(その後、司会者のはからいで“見つめあいタイム”が設けられたのですが、ここでもキムゴウンさんが笑い出してしまいイムウォニさんの願いは叶わなかったようです

 

■「ケチュンばあちゃん」(2016)

ベテラン女優ユンヨジョンさんは、いくつかのインタビューの中で

「脚本を読みながら、私はキムゴウンにこの映画で演じてほしいと思っていると監督に話しました。“コインロッカーの女”を見る前に “ウンギョ”で彼女の演技を見たので、彼女を映画に加えるよう監督に伝えたのです。」

「ゴウンは気さくに近づいてきてくれる女優ではなかったけど、私を気遣ってくれ、自分の仕事はしっかりとする女優だった」

出典:https://youtu.be/yyTpZXXw0Y4、http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2044697

と話しています。

それに対してキムゴウンさんは

「実の祖母みたいにユン・ヨジョン先生を気遣っていた気がします。」

「先生が持ってきてくださる食事がとても美味しくて、撮影中にケータリングで食事をしたのは、ユン・ヨジョン先生がいなかったときだけです。」

「食事のときにじっと隣に座っていると、『ご飯だけ持ってきなさい』と言ってくださって、私は大喜びしながら一緒に食事しました(笑)」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2044697

と先輩女優について語っています。

ここでピンときた方!
ユンヨジョンさんはtvN「ユン食堂」で、“常務”イソジンさんをブレインに現地で食堂をオープン。

料理の腕前を披露しています。

また、この作品が本格的な映画初出演となったミンホ(SHINee)さん

「彼女とは同い年なのですが、映画初挑戦の私に対して彼女はすでに多くの作品に出演しています。
だから私は彼女が映画の世界で先輩だと思っています。」
と切り出し

「なので彼女に自分から近づいて、親しくなるために一生懸命頑張りました。(笑)
撮影を通して、私はキムゴウンさんから多くのことを学びました。
彼女のおかげでリラックスして撮影に臨めたので、この機会にもう一度感謝したいと思います。」

出典:https://youtu.be/yyTpZXXw0Y4

と同い年の“頼れる先輩女優” に感謝の気持ちを述べています。

 

■「辺山」(2018年)
この作品では共演者ではなく、イ・ジュンイク監督のキムゴウン評をご紹介します。

■イ・ジュンイク監督、共演のパク・ジョンミンさんと
 なぜ監督がキムゴウンさんをキャスティングしたのか?その理由は?(1分40秒あたり〜)

キムゴウンさんは

「キャスティングの段階でイ・ジュンイク監督が私に言及したら、パク・ジョンミン先輩が『ゴウンちゃん、多分出演しないと思いますよ』と言ったらしいんです(笑)。ドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』が終わったばかりでしたからね。」

でも私は前から、いつかイ・ジュンイク監督と一緒に仕事をしてみたいと思っていたんです。私の周りで彼の映画に出演した人は、みんな口を揃えて『本当に幸せだった』と言っていましたからね。監督の現場が気になっていました。パク・ジョンミン先輩との共演も逃したくなかったです。」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2097162

と、出演を決めたきっかけについて語っています。

それに対してイジュンイク監督は、キャスティングの裏話をこのように語っています。

「実は私が『トッケビ』を観ていなかったので、そこまで(キムゴウンさんが)有名であることを知らなかった。後で知ってみたら本当に有名だった。」

「パク・ジョンミンさんが今はスターになったけれど、実はあの時はそこまでスターではなかった。だから投資を受けるためにはスター女優が必要だったけど、この年齢帯のスターはあまりいない。だからキム・ゴウンさんを考えた。

「パク・ジョンミンさんがキム・ゴウンさんはやらないんじゃないかと言っていた。だから一度聞くだけダメ元で聞いて見ようと思って、聞いてみたけれど、快諾してくれた」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2094435

キムゴウンさんをヒロインの最優先候補に決めていたにも関わらず、ドラマでの活躍までは知らなかったのですね。

パクジョンミンさんも映画界での出演作品も多く、活躍されている若手俳優さんのおひとりですが、制作費の投資を受けるにはキムゴウンさんの知名度が役立ったようです。

役者としての定評ある演技力に加えて、同世代からベテランまで多くの共演者に愛される明るさ、素直さ、可愛らしさなどがキムゴウンさんの魅力のようです。

 

【演技=幸せ】

「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」(2016年)

Web漫画としてすでに多くのファンがいたこの作品。
キムゴウンさんのヒロイン決定に、賛否両論があったことをご存知の方も多いと思います。

ホン・ソル役に決まったときに

「『チーズ・イン・ザ・トラップ』という本当に素敵な作品と繊細な心理描写が際立つホン・ソルという魅力的なキャラクターを、素敵な監督とご一緒できると思って出演を決定しました。期待してくださるだけに、最善を尽くして良い演技でお応えします。」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2025529

と初ドラマにのぞむ意気込みを明かしたキムゴウンさん。

ドラマのイユンジョンプロデューサー

「キムゴウンさんは既に20代初めの女優の中で独歩的な演技力を認められた役者だ。」

「どんなキャラクターであれ、自分のカラーで表現する力があるので、最初から念頭に置き、一番先に出演オファーを送った女優だ。」

「まだ見せていないキム・ゴウンさんの純粋な魅力に、複雑な感情表現が必要なホン・ソルというキャラタクーが加われば、原作の魅力をそのまま見せてくれる新たなホン・ソルが誕生すると確信している。大いに応援してほしい。」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2025529

と彼女への期待を口にしました。

さらに制作会社のEIGHT WORKS

「最終的にキムゴウンさんをキャスティングした理由は、安定した演技力で“ホン・ソル”というキャラクターを見事に表現してくれるという確信があった。ホン・ソル役でテレビドラマに挑戦するキム・ゴウンさんに応援と激励をお願いしたい。」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2025529

と付け加えました。

一方で
「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」の出演が決まったとき“ミスキャスト”という論議が起こり、非難されるということもありました。

しかし、これらの理由なき非難は第1話の放送後、すぐに消滅。
キムゴウンさんは自分だけの“ホン・ソル”像を作り上げ、原作漫画のファンを含めすべての視聴者から声援を送られます。

これらの騒動も含めキムゴウンさんは、インタビューのなかでこのように語っています。

「初めてのドラマだったけれど、結果まで良くて嬉しい。」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2038930

と笑顔でインタビューを始めた彼女。

「冷たい」「強い」という噂に対しても

「最初は人見知りなんです。初めて会った人とは上手く話せません。何の話をすればよいかさっぱり分からないし。だから『冷たい』と言われることもあります。」

「でもそれは最初のうちだけで、一度心を開けば、ありのままの姿を見せます。良く言えば“気さくな性格”ですが、たまに『女優がそこまで気を遣わなくてどうする』と言われることもあります。」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2038930

と率直に語っています。

また、演技力の問題が指摘されたことに対しては

「正直、好き嫌いが分かれるような作品にたくさん出てきました。ある作品は3分の2が編集されたこともあります。残念なところもありますが、自分が未熟だったところがあります。」

「『ウンギョ 青い蜜』でたくさん褒めていただきましたが、その次も褒めてもらえる作品を選んだら、女優として様々な姿を見せることができないと思いました。素晴らしい先輩たちと一緒に仕事しながら観察してみたかったんです。もう一度選べと言われても、おそらく今と同じ選択をしたと思います。」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2038930

と言い訳をせずに女優という仕事に対する考えを述べています。

そして

「演技しているだけで幸せでした。『演技=幸せ』、そんな状態でした。好きなことだからです。私が一生懸命やっている姿を見て、家族たちも幸せな気持ちになれたので、それもとても幸せでした。」

「たまに演技のせいで悪口を言われても全く気にしませんでした。逆にそういった中で成長すると思ったためです。」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2038930

と語っています。

私たちがキムゴウンさんの演技を見て、心動かされる根底には『演技=幸せ』という彼女の思いがあるのかもしれません。

また、同じインタビューのなかでこのようなことも語っています。

「自分の顔が美しいとは思いません。顔と性格、全体的な面を合わせてみればそれなりの魅力はあると思います。多分絶世の美女役はできないと思います。欧米人のように彫りの深い顔立ち、そんなキャラクターのことです(笑)」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2038930

しかし、ご本人の言葉に反して?キムゴウンさんの美しさに魅了される人がたくさんいるのも事実です。

 

【ガールクラッシュ】

同性である女性が思わず惚れ込んでしまうような魅力を備えた女性を指すこの言葉。

キムゴウンさんにも多くの女性ファンがいます。


実は二重への整形手術を考えたこともある、というキムゴウンさん。
今では『一重美人』の代表格で、さまざまな雑誌やブランドのグラビア撮影でも引っ張りだこですから “整形願望があった”と過去の話で良かったですね。

ちなみに手術をしなかったのは

「友達はのりを使って上手に二重まぶたを作るのに、私はくっつかなかった。」
「まぶたに肉がとても多い」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2045034

からだと語っています。

■ハッピートゥギャザー(整形を考えたという話は50分あたり)

映画やドラマ、また数々のCMなどを通じて東洋的な美しさを証明したキムゴウンさん。
その爽やかでナチュラルな魅力を真似したい、と思うファンが続出します。

一例を挙げると
ドラマ「トッケビ」でのウンタクのメークやファッションなどです。

 

女子高生チウンタクが使っていたランコムのラプソリュルージュ(264番・378番)別名『キムゴウンリップ』と呼ばれ、一時は品薄になったとか。
今でもランコムのサイトで人気色なので、「トッケビ」+「キムゴウン」の人気はすごいですね。

余談ですが、ルージュ378番には『トッケビのキス』という別名があります。

■キムゴウンさん出演 ランコムCM

また、ドラマ内でトッケビ(コンユ)がウンタクに贈った香水は、ボディショップのホワイトムスク オードトワレで、別名『コンユ香水』と呼ばれているそうです。

 

チウンタクのファッションに関しても
ダッフルコート・パーカー・フード付きのアウター・タートルネックのニットなど
日常でも取り入れやすい、真似できそうなものが多かったこともインターネットなどで話題になる要因だったと言えるでしょう。

例外はこちらでしょうか?
トッケビの花嫁となったこのシーン。

 

View this post on Instagram

 

행복하고 감사했습니다💕 #도깨비

@ ggonekimがシェアした投稿 –

英国人デザイナー Jenny Packham(ジェニー・パッカム)のドレス
他にも「青い海の伝説」、映画「猟奇的な彼女」などのチョンジヒョンさん
SOL(テヤン)さんと結婚したミンヒョリンさん
などが着用したことでも有名なブランドです。

 

かつてフィッティングモデルをしていたこともあるキムゴウンさんは、女性としての美しさに関する質問にこのように答えています。

「私が私自身に望んでいることが一つあって、それは『常に心が健康的な人でいたい』ということだ。」

「ある美しさの基準を決めてそれに私をはめようとするとクタクタになってしまうと思う。
私の個性とぶつかるので。
私はそれぞれが持っている美しさは全部違うと信じている。」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2063954

さらに

「女性は存在そのものが美しい。」

「年齢ごとに持っている美しさが本当にはっきりしていると思う。
 女性として生まれて年を重ねていくすべての過程が美しいと思う。」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2063954

という言葉を残しています。

女性ファンが彼女に共感するのは、キムゴウンさんの根底にあるこのような考え方に触れる瞬間があるからなのかもしれません。

 

こうして多くの女性ファンに愛される彼女には、次のような特徴もあります。

【イケメンに愛されても反発が少ない】

「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」では、パクヘジンさんとソガンジュンさんのふたりが恋のバトルを繰り広げ、
「トッケビ」では、コンユさんから900年ぶりの失言を引き出すほど愛情を受ける。
そのような韓国を代表するイケメンたちに愛される役を演じたキムゴウンさん。

 

意外なほど反発は少なく、むしろ応援する声が上がります。

デビュー5年目に開催した初ファンミーティング「ゴウン;ナル 5番目の春、初めての出会い」 (2017年)。
チケットは3分で完売するほどの人気ぶりでした。

しかもサプライズゲストで登場したのが、このふたり!
パクボゴムさん
映画「コインロッカーの女」のほか、グラビアやCMでも共演
キムゴウンさん自身より「ファンミーティングに来てほしい」と連絡を受けて登場

スホ(EXO)さん
韓国芸術総合学校の先輩後輩
ファンミーティングの中でも学校の話題をしたそうです

さて、冒頭で“きれいなゴウンさん”と表現しました。

キムゴウンさんのハングル表記は김고은
これは美しい綺麗だという意味の곱다の形容動詞を活用してつけられる名前「고은(ゴウン)」だそうです
つまり고은(ゴウン)は“きれいな”という意味を持つので、“きれいなゴウンさん”という表現が使われるとか。
(少しずつハングルを勉強しようかなぁ、と思う今日この頃です笑)

 

ファンミーティングの「ゴウン;ナル」
最初は「ゴウンの日」と思ったのですが、上記の表現を聞いて単に名前のゴウンだけでなく、“きれいな”という意味が入っているように感じました。

この他にもエピソードに事欠かないキムゴウンさん。
(似ているタレントさんなどは、また別の機会にお伝えできれば・・・と考えています)

これまで紹介した内容を振り返って、まとめたいと思います。

スポンサーリンク

キムゴウンさんの魅力を徹底紹介!~まとめ~

共演者のインタビューなどでもわかるように、キムゴウンさんの魅力はなんといっても女優としての「演技力」
そして「飾らない人柄」「肯定的な考え方」「笑顔」
何よりも彼女の内面からあふれる「美しさ」があるように感じます。

これからの活躍がさらに期待されますね。

 

最後にキムゴウンさんの魅力あふれる歌声をご紹介します。
透明感のある声は、彼女の人柄そのもののように感じられます。

■「Your Song(君の歌は)」
チョン・ジェイル(Jung Jae Il)さんとキム・ゴウン(Kim Go Eun)さんが、パティ・キムさんの「秋を残して去った愛」(1983年)を歌っています

キムゴウンさんの代表作「トッケビ」を無料で見る方法

キムゴウンさん主演のトッケビで見逃した回があるので全話見てみたい、もう一度最初から見たいと言う方も多いと思います。
トッケビは人気ドラマなので、無料でアップロードされている非公式のサイトもあるかもしれませんが、当然ながらそれは違法です。

それらを見ることも違法に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。

 

そのため、正式なサービスで安全安心に、しかも無料で楽しむのが一番です!

韓ドラ好きな私が自信を持っておすすめできるサービスをこちらの記事(トッケビの動画(日本語字幕)は無料で見れる!900歳差の2人の恋は必見です!)でメリットもあわせて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

当サイトではトッケビ、キムゴウンさんが好きな方へ向けて、他にもキャスト、ロケ地の情報を紹介していますので、ぜひご覧ください↓↓

トッケビのロケ地から見る名シーン30選!伝説のランウェイや海での花束も!あなたはどのシーンがお気に入り?

トッケビの最終回(16話)のあらすじをネタバレ!涙なしでは見られない濃密すぎる最終回!

トッケビのコンユさんの魅力を紹介!本当に臆病?先祖はあの超有名人!

トッケビのテヒ役(チョンへイン)はどんな人?童顔マッチョの国民的年下男子です!

トッケビのキャスト!死神役は誰?甥っ子好きの完璧男!唯一の弱点とは!?

トッケビのキャスト!秘書役は誰?韓国映画界を代表する超名脇役です!

トッケビのキャスト!おばあさん役は誰?コンプレックスをプラスに変えた素敵な女性です!

トッケビのロケ地~カナダ編~実は韓国だった場所も!?

トッケビのロケ地~仁川編~あの本屋や公園もツアー形式でご案内します!

当サイトでは他にもトンイ、サムマイウェイ、オクニョ、奇皇后など、他の韓国ドラマについて紹介していますので、そちらもどうぞ↓↓

トンイの記事一覧!

サム、マイウェイの記事一覧!

オクニョの記事一覧!

奇皇后の記事一覧!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
海外ドラマ、韓国ドラマ、映画好きの主婦です。 

海外ドラマは幅広く、韓国ドラマは時代劇を中心に見ています。

映画はマーベル系、ラブアクチュアリー、サスペンス系が好きです!
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© まりこの海外韓国ドラマチャンネル , 2019 All Rights Reserved.