韓国ドラマ、映画の情報を詳しく紹介しています!

雲が描いた月明かりのパクボゴムさんの魅力を徹底紹介!ドラマ・映画・司会・音楽とマルチに活躍!その人気の秘密は○○にあった!

まりこ
WRITER
 
雲が描いた月明かりのパクボゴムさんの魅力を徹底紹介!ドラマ・映画・司会・音楽とマルチに活躍!
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
アラフォーのフリーランス。 
冬ソナブームの頃には興味がなかった韓ドラにハマって数年。

時代劇が好き。
そして復讐ドロドロ系にツッコミを入れたり、ラブロマンスにときめいたりの毎日です。

読み書きは今ひとつの耳だけハングルなので、最初に覚えた韓国語は、
「~씨(~ッシ)」「아이고(アイゴー)」「어머(オモ)」の3つ。
詳しいプロフィールはこちら

出典:https://www.imdb.com/title/tt6194598/mediaviewer/rm3540519168

「雲が描いた月明かり」の中では、小うるさいツンデレ世子ヨンを演じたパクボゴムさん

あるインタビューで、イ・ヨンとの共通点は『恋愛に一途なところ』『外柔内剛』だと語っています。

今回は『外柔内剛』だけではない、パクボゴムさんの素敵なエピソードをご紹介します。

スポンサーリンク

雲が描いた月明かりのパクボゴムさんのプロフィール、ドラマ出演作を詳しく紹介!~その①~

 

この投稿をInstagramで見る

 

귀엽다 🙈💕💕 #박보검 #パクボゴム #朴寶劍 #朴宝剑 #ParkBogum ©tngt

Park Bogum 박보검 朴宝剑 パクボゴム(@bogumministry)がシェアした投稿 –

まずはプロフィールを見ていきましょう。

プロフィール

<プロフィール>

  • パク・ボゴム(英語表記:Park Bo Gum)
  • 韓国語表記:박보검
  • 漢字表記:朴寶劍(宝剣)

 

  • 生年月日:1993年6月16日生まれ
  • 身長・体重など:182cm・ 65kg・ O型
  • 家族:2男1女の末っ子
  • 出身:ソウル特別市 陽川(ヤンチョン)区 木洞(モクトン)

 

  • 学歴

木洞(モクトン)小学校

木洞(モクトン)中学校

新木(シンモク)高校

明知(ミョンジ)大学校 映画ミュージカル学科

祥明(サンミョン)大学校大学院 ニューメディア音楽学科(在籍中)

 

  • ニックネーム・修飾語

「里芋少年」「リトル・チョ・インソン」「リトル・ヒョヌ」「国民の世子」

「モク・ボゴム」  먹보검 (먹≒食べる)

「パプ・ボゴム」 밥보검 (밥=ご飯) など

※それぞれの「修飾語」については、「関連作品や俳優さんとのエピソード内」でご紹介します。

寶劍(宝剣)とは「時がくれば価値が認められる」の意味で、ご両親が付けてくれた名前

インタビューの中でも

「同じ名前を見たことがないので個人的には気に入っている」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1979663

と語っています。

 

出身地の「木洞」はソウル特別市の南西部にあたる地域。

パクボゴムさんは謙遜していますが、デビュー前から「木洞(モクトン)イケメン(=훈남 フンナム)」として有名だったそうです。

「훈남 フンナム」とは、「훈훈한(フンヌンナン 温かい)」「 남자(ナムジャ 男)」の造語

ここから出演作品をご紹介します。

 

ドラマ出演

2012年 「ヒーロー」 カン・ドンウ役(4話)

福祉院を脱走する少年ドンウを演じました。

2012年 ドラマスペシャル 「スチール写真」 キム・ヒョンス役

2012年 「カクシタル(花嫁仮面)」ハム・ミンギュ役(26話~28話)

日本の統治下に置かれた韓国を舞台にしたドラマであることから、日本で放送されることはほとんどないようです。

チュウォンさんイ・ガント役「オクニョ」のチン・セヨンさんモクタン役として出演しています。

 

2013年 「ワンダフル・ママ/ワンダフル・ラブ」 コ・ヨンジュン役

ぺ・ジョンオクさん演じるユン・ボッキさんの末息子ヨンジュンを演じました。

実生活と同じ2男1女の末っ子ですね。(ドラマでは兄姉が双子という設定)

 

ちなみに

お姉さんを演じたのはトンイ」でチョンイム役のチョン・ユミさん

お兄さんは、ロマンスドラマだけでなく「チュノ〜推奴〜」「逆賊〜民の英雄ホン・ギルドン」など時代劇でも活躍するキム・ジソクさん

です。

チョン・ユミさんキム・ジソクさんユ・イニョンさん(「奇皇后」でのヨンビス役)「ワンダフル・ママ/ワンダフル・ラブ」での共演から親交を深めたことが知られています

 

この投稿をInstagramで見る

 

[TRANS] #WonderfulMama
All this time, all who have been devoted and loved SBS’s weekend theater <Wonderful Mama> and the spoiled Go Young Joon, I sincerely thank you!! #원더풀마마
그동안 SBS주말극장 <원더풀 마마> 를 애청해주시고 철없는 고영준을 사랑해주신 모든 분들, 진심으로 감사드립니다!! #박보검 #보검 #사랑해 #연기자 #배우 #너를기억해 #차이나타운 #응답하라1998 #프로듀서 #뮤직뱅크 #ParkBogum #Bogum #BoGummy #Cute #Handsome #Love #Korea #Korean #Actor #Kdrama #IRememberYou #RememberYou #HelloMonster #Chinatown #Producer #Reply1998 ©BOGUMMY ©fyparkbogum

Park Bogum 박보검 朴宝剑 パクボゴム(@bogumministry)がシェアした投稿 –

 

母親役で共演したぺ・ジョンオクさんは、テレビ番組(2016年)の中で

「共演した俳優さんたちは皆素晴らしかった。」

と共演者たちについて言及。

さらに

「息子役だった若手俳優のパクボゴムさんの豊かな感情表現に、自分の感情も高ぶり、コントロールが難しく感じた。」

とドラマの中でやんちゃな末っ子を演じた彼のことを称賛しています。

 

パクボゴムさん自身、前出のインタビューの中で

「母親(ペ・ジョンオクさん)に書いた手紙を読むシーンを撮影した時、涙が出そうになった。」

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1979663

とも語っています。

 

加えて

「歌手になる夢*を諦めたことに未練はないのか?」という質問に対して

※パクボゴムさんは歌手(シンガーソングライター)になることが夢でした

「まったくない

役者として活動しながらOST(劇中歌)に参加して歌うチャンスもありそうだ。」

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1979663

と答えています。

この「インタビューから3年後にOSTに参加する」とは思っていなかったでしょうね。

※そんな「雲が描いた月明かり」のOSTについて詳しくはこちら↓↓

雲が描いた月明かりのOST(歌・曲)を主題歌・挿入歌・オープニングに分けて徹底解説!名曲誕生の秘話やグッとくる歌詞の意味までお伝えします!

 

2014年 「本当に良い時代」カン・ドンソク役(1話~2話 回想場面)

イ・ソジンさん演じる検事カン・ドンソクの少年時代を演じています。

このドラマでは、ともにソウル出身のイ・ソジンさん、パクボゴムさんが、“無愛想な慶尚道(キョンサンド)男”を演じ、好評を博しました。

※イ・ソジンさんについて詳しくはこちらもどうぞ↓↓

イサンのイ・ソジンさんの現在の活動やドラマ・映画出演作(全作!)・素の性格が楽しめる「三食ごはん」などのバラエティでの面白エピソードなどを徹底紹介!

 

2014年 「のだめカンタービレ/ネイルもカンタービレ/明日もカンタービレ」 イ・ユヌ役

チュウォンさん演じるチャ・ユジンのライバル的存在・チェロ奏者ユヌを演じます。

 

幼い頃からピアノを習っていたパクボゴムさんもチェロは初心者だったそうで、撮影のため練習を積んだそうです。

実際、ドラマの中でパクボゴムさんが演奏した音が使われたといわれていますから、並々ならぬ努力だったのではないでしょうか。

 

■インタビュー時の撮影の様子(当時21才)

 

また、「のだめカンタービレ/ネイルもカンタービレ/明日もカンタービレ」の放送が終わった(韓国で)あとに行われたインタビューでは

「ロマンチックコメディにも挑戦したいと思いますし、一人の女性だけを愛する純情な男性にも挑戦したいです。正反対に、冷たくてシックな感じもやってみたいです。周りからは、青春メローが相応しいと言われました。」

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2010460

と、この先挑戦してみたい役について語っています。

 

この記事を読んで

  • ロマンチックコメディ・・・未出演?
  • 一人の女性だけを愛する純情な男性=「ボーイフレンド」(2018)
  • 冷たくてシックな感じ=「君を憶えてる」(2015)
  • 青春メロー=「応答せよ1988/恋のスケッチ」(2015)

と、その後の出演作品を連想したのは私だけでしょうか。

 

2015年 「プロデューサー」 音楽番組MC役

同じ事務所の先輩チャ・テヒョンさんが主演を務めた「プロデューサー」に、特別出演として音楽番組MC役で登場します。

当時同じテレビ局の番組「ミュージック・バンク」で司会を務めていたパクボゴムさん。

本人役での登場でした。

 

2015年 「君を憶えてる」 チョン・ソンホ役

幼い頃、あるサイコパスによって兄イ・ヒョン(ソ・イングクさん)から引き離されて育ったチョン・ソノ役を演じました。

凄腕の優しい弁護士としての顔を持つ一方で、実はサイコパスという二面性を持ち合わせる人物。

日本のドラマよりサイコパス出現率の高い(笑)韓国ドラマの中でも、1、2を争うイケメン・サイコパスのように思います。

弟を探し続けていた天才プロファイラー・ヒョン(ソ・イングクさん)の愛情に触れ、少しずつ人間らしさを取り戻していきます。

 

兄弟で散歩をして写メを撮るという場面がこちら!

■6/2発売「君を憶えてる」DVD-SET2特典映像より一部公開②

 

この兄弟の人生に大きく関わるもう一人のサイコパスが、チェ・ウォニョンさん演じる法医学者イ・ジュノ。

今年「ドクター・プリズナー」メンバーで出演した番組の中で、パクボゴムさんについてあるエピソードを紹介してくれました。

 

かなり意訳になりますが・・・

「2015年に共演した『君を憶えてる』で、私がパクボゴムさんを殺そうとする場面の撮影がありました。」

と当時のことを話し始めたウォニョンさん。

「カメラのセットをしている時に、背後で誰かが泣いている様子に気づいたんです。

誰だろうと思って振り向いたら、パクボゴムさんが泣いていたんですよ。

どうして泣いているんだろう?と思ったし、ディレクターも彼に『泣いちゃいけない』って話していたので、(ボゴムさんに)『どうしたの?』と尋ねました。

 

そうしたら彼は『この場面は本当に悲しいですね』って。だから彼は泣いていたんですよ。

 

それを聞いてずしん、と来たんですよね。彼は本当にこのシーンに入り込んでいるんだな、と感じました。

 

しかも、ドラマの撮影が終わってから、ボゴムさんは私に手紙まで送ってきてくれたんです。

手書きの文字で!

 

彼は非常に若いのだけれども、そのビッグ・ハートで驚かせてくれました。『私は彼からたくさん学ばなければ』と思いました。」

(続けて、「当時パクボゴムさんがチェ・ウォニョンさんに送った手紙」が公開されます)

『ウォニョン先輩、私はこのドラマを通して共演できたことを嬉しく思い、また感謝しています。

ご一緒できたすべての時間、本当に楽しかったです。

先輩からたくさんのことを学びました。色々と教えていただき、ありがとうございます。

 

また共演できるように、一生懸命やっていきます。愛しています。ウォニョン先輩に多くの祝福がありますように。』

※パクボゴムさんは、「クリスチャン」です

 

ふたりが共演した「君を憶えてる」の次作としてパク・ボゴムさんが出演したのが、「応答せよ1988/恋のスケッチ」です。

この人気作品でブレイクしたボゴムさん。

一躍、人気スターの仲間入りをします。

 

チェ・ウォニョンさんは、『もう一度ボゴムさんと会うことは難しくなったな』とちょっと寂しく思ったそうです。

 

ところが!!

パクボゴムさんは売れっ子になってからも、折りをみては、メールをウォニョンさんに送ってきてくれるとのこと。

 

しかも、そのこと(メールで便りをくれること)は今でも続いているそうです。

ウォニョンさんは

『彼は、本当に礼儀正しい人物だ』

と思った、と語っています。

 

別の場面では、パクボゴムさんのことを

『彼の近くにいると(自分まで)善良になるように感じられる』

と表現しています。

 

放送から4年経ちましたが、チェ・ウォニョンさんにとって、パクボゴムさんは文字通り『君を憶えてる/I Remember You』なんですね。

 

2015年 「応答せよ1988/恋のスケッチ」 チェ・テク役


天才囲碁少年テクを演じたパクボゴムさん。

その涙の演技と子犬のような瞳に魅せられた女性ファン多数!

 

ヒロインのドクソン(Girl’s Dayヘリさん)との夢か現か・・・のキスシーンも話題になりました。

 

涙の演技といえば、

この作品のシン・ウォンホ監督「現場トークショーTAXI」出演時に

(「応答せよ1994」に女優のAraさん「応答せよ1988」にパクボゴムさんをキャスティングした理由は

『オーディションで泣いたから』

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2047337

だと明かしています。

 

また、「応答せよ」のメンバー4人で計画なしの旅行をする「花より青春 アフリカ編」(2016) では「応答せよ1988」オーディションの様子が放送されました。

 

パクボゴムさんは、自己紹介のあと

「僕が小学校4年生の時に、お母さんが亡くなった」

と家族の話を打ち明けています。

 

「応答せよ1988」で母親に会いたい、と涙する場面は演技ではなく、心からのことばだったようにも感じられます。

 

実は、パクボゴムさんが演じたテク役の最終オーディションには、チョン・ヘインさんも残っていたそうです。

ひょっとしたら・・・チョン・ヘイン版テクが誕生していたかもしれませんね。

チョン・ヘインさんは、ドクソン(ヘリさん)の友人役で登場します

 

次に、「パクボゴムさんを語る上で外せないあの代表作や、最新作情報」を紹介します。

雲が描いた月明かりの記事一覧 もあわせてご覧ください!

スポンサーリンク

雲が描いた月明かりのパクボゴムさんのドラマ出演作を最新作も含めて詳しく紹介!~その②~

2016年 「雲が描いた月明かり」イ・ヨン役

つい先日、11月25日付のtopstarnews記事でも

「史劇がよく似合うスター」として、ハンジミンさん、イ・ヨンエさんを抑えて「1位」に選ばれていました。

 

  • ハンジミンさんは「チャングムの誓い」「イサン」「屋根部屋のプリンス」
  • イ・ヨンエさんは「宮廷女官キム尚宮」「チャングムの誓い」「師任堂(サイムダン)、色の日記」

にと史劇に多く出演しています。

 

一方、パクボゴムさんの現時点での史劇出演は「雲が描いた月明かり」1作のみ。

それでも「1位に選ばれた」ということは、「この作品で演じた世子イ・ヨンの役がそれだけ印象深かった」のでしょうね。

 

しかもこのイ・ヨン“踊る世子”なんです!

ダンスシーンはこちら


これまでのパクボゴムさんとは”ガラリと変わったイメージ”に、驚いた視聴者も多かったようです。

いたずらっ子のような表情で、「フレンチポップ Bomba(Jessy Matador)」に合わせて踊るシーンは何度見ても楽しいですね。

 

そして動画の最後にほんの一瞬映る、「憂いをたたえた眼差し」・・・

ドラマのイ・ヨンの置かれた状況が垣間見られるようです。

 

この世子ヨン役で

年下や同世代だけではなく“10代から70代まで”と言われる多くの女性ファンを獲得したパクボゴムさん。

「国民の世子」と呼ばれるようになりました。

 

冒頭で紹介した「イ・ヨンとの共通点だけでなく、相違点、演じるにあたってボゴムさんが考えたこと」などを語るインタビュー動画はこちら!

■6.2(金) 「雲が描いた月明かり」パク・ボゴム インタビュー第1弾

 

■6.2(金) 「雲が描いた月明かり」パク・ボゴム インタビュー第2弾

 

他の史劇の出演者と史実を比べてみると・・・

また、パクボゴムさんが演じた世子ヨンのモデルは、「孝明(ヒョンミョン)世子」だと云われています。

 

23代国王・純祖(スンジョ)の長男として生まれた孝明(ヒョンミョン)世子

「トンイ」のクム、のちの「21代英祖(ヨンジョ)」から見ると「玄孫(やしゃご)」です。

つまり、22代国王・正祖(チョンジョ)」から見ると「孫」にあたります。

 

2007年イサン

イ・ソジンさんがイ・サン=正祖(チョンジョ)を、

 

2014年「本当に良い時代」では、

パクボゴムさんがイ・ソジンさんの少年時代を、

(回想場面での登場でしたが)

 

2016年雲が描いた月明かり

パクボゴムさんが正祖(チョンジョ)の孫、孝明(ヒョンミョン)世子にあたるイ・ヨンを、

それぞれ演じた、というのもどこか『縁』を感じる気がします。

※「『トンイ』~『雲が描いた月明かり』のつながり」、「イ・ソジンさん」について詳しくはこちらもどうぞ↓↓

「イサン」と「トンイ」・「雲が描いた月明かり」の関係は?

イサンのイ・ソジンさんの現在の活動やドラマ・映画出演作(全作!)・素の性格が楽しめる「三食ごはん」などのバラエティでの面白エピソードなどを徹底紹介!

 

2018年 「ボーイフレンド」キム・ジニョク役

純粋で自由な心を持つ就活生ジニョクを演じました。

キューバで出会い、ソウルで再会するのが、ソンヘギョさん演じるヒロイン・スヒョンです。

ずっと一人の女性を思い続けるジニョクは、以前「演じてみたい」と語っていた役柄ですね。

 

この作品で長髪姿を披露したパクボゴムさん。

ネットでもかなり話題になっていました。

 

入社にあたり髪は切るので、その後はいつものスタイルに戻ります。

紆余曲折したのち笑顔のお二人。

※「ボーイフレンド」について詳しくはこちら

 

※ソンヘギョさんについて詳しくはこちら↓↓

太陽の末裔のソンヘギョさんの出演作品(ドラマ・映画)、ユアインさんたちとの交友関係、美人エピソードを徹底紹介!世界が認める美貌の持ち主は完売の女王!?

 

最新作(ドラマ)

そして、待ちに待った最新作の情報が発表されました!

パクボゴムさんの次回出演作は「A Record of Youth /Youth Record  青春記録(原題)」に決まったという報道を受け、現時点でわかった情報を整理してお伝えします。

 

A Record of Youth /Youth Record  青春記録(原題)

モデルの世界をベースにしながら、スターや俳優としての成功を夢見る漢南洞(ハンナムドン)に暮らす若者たちの成長のプロセスを描く物語

 

そこに

それぞれの家庭(両親)の経済状況が、主人公たちの希望や達成感という感覚にどのように影響しているか、という面も描かれるようです。

 

メインキャストとして、パクボゴムさんを含め3名のお名前が挙がっています。

 

パクボゴムさん:モデルから俳優に転向したサ・ヘジュ役

ハンサムで頭の良いヘジュは、好人物で人気モデルです。

しかし、彼が本当に夢見ているのは俳優になること。

 

何度もオーディションを受けるものの、まだ俳優としては成功できずにいます。

残念なことにヘジュは俳優としての存在感があまりないのです。

※サ・ヘジュ役を当初はチャン・ギヨンさん(「ゴー・バック夫婦」「ここに来て抱きしめて」「検索ワードを入力してください:WWW(原題)」「KILL IT キル・イット」など)がオファーされていたようですが、契約には至らなかったようです

 

■パク・ソダムさん:メークアップ・アーティスト アン・ジョンハ役

温かい心を持つ人物。

ポジティブに毎日を過ごしている。

 

知り合いは多いけれど、内面は孤独。

強いフリをしているが、自分の好きなアイドルの世界に現実逃避する面もある。

 

仕事を辞めたあと、清潭洞(チョンダムドン)の化粧品店に最年少メンバーとして入社。

<パク・ソダムさんの主な出演ドラマ>

  • 「初めてだから」ハン・ソンイ役
  • 「ビューティフル・マインド」ケ・ジンソン役
  • 「シンデレラと4人の騎士」ウン・ハウォン役

 

■ピョン・ウソクさん:モデルであり俳優のウォン・ヘヒョ役

周りからみると恵まれた環境と経歴の持ち主であるが、心のどこかに喪失感を持つ人物。

経済的にも恵まれ、祖父は私立学校財団の学長、父は大学の教授であり学長という家庭環境で育つ。

<ピョン・ウソクさんの主な出演ドラマ>

※もともとはモデル出身

  • 「麗 ~花萌ゆる8人の皇子たち~」ヘス(IUさん)の元カレ役
  • 「検索ワードを入力してください:WWW(原題)」ハン・ミンギュ役
  • 「コッパダン(原題)」ト・ジュン役

その他には、脇を固めるサポートとしてシン・エラさん(「不屈の嫁」「おバカちゃん注意報」など)のお名前が挙がっていました。

 

監督はアン・ギルホさん。

<主な演出・監督作品>

「屋根部屋のプリンス」「私の婿の嫁」「秘密の森」「アルハンブラ宮殿の思い出」「Watcher」など

 

脚本家はハン・ミョンヒさん

<主な脚本作品>

「私たち結婚できるかな?」「温かい一言」「ドクターズ」「愛の温度」など

 

この作品はtvNでの放送ドラマ。

パクボゴムさんにとっては「ボーイフレンド」に続いて、連続でtvN出演ですね。

 

1月中旬時点で

5月から放送予定(韓国)

月火ドラマ

という話もありますが未確定のようです。

 

次に「パクボゴムさんの映画での活躍」を見ていきます。

「雲が描いた月明かり」の記事一覧 もあわせてどうぞ!

「雲が描いた月明かり」・「パクボゴムさん出演作」を「全話無料」でお得に見る方法

「パクボゴムさん主演の『雲が描いた月明かり』で見逃した回があるので全話見てみたい!」

「パクボゴムさんの他の出演作も気になる!」と言う方も多いと思います。

ただ、ネットで何でも見れる今の時代、お金をかけずに無料で見たいというのが、現代人の心情ですよね。

 

雲が描いた月明かり」「パクボゴムさん出演作」はどれも人気ドラマなので、ネット上に「非公式の無料動画」がアップロードされている可能性もありますが、当然ながらそれは「違法」です。

それらの動画を見ることも「違法行為」に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。

 

そのため、「登録も簡単な正式なサービスの無料トライアル」を使って、「安心安全に、しかも無料で楽しむ」のが一番です!

「韓ドラが大好きな私が『主要なサービスを比較して見た結果』」を、こちらの記事(雲が描いた月明かりの動画(吹き替え・字幕版)は全話無料で見れる!ベストカップル賞受賞の胸キュンストーリー!見始めた止まりません!)でメリットもあわせて紹介しておりますので、ぜひご覧ください!

 

パクボゴムさん出演作は、「ボーイフレンド」・「恋のスケッチ~応答せよ1988~」・「ワンダフルラブ」・「君を憶えてる」など、いろいろとそろっています☆

スポンサーリンク

雲が描いた月明かりのパクボゴムさんの映画出演作を、最新作も含めて詳しく紹介!

映画出演

2011年 「ブラインド」キム・ドンヒョン役

パクボゴムさんのデビュー作

キム・ハヌルさん演じるミン・スアの弟役です。

(実の弟ではなく、施設で姉弟のような存在でした)

 

残念ながら、冒頭で事故により亡くなってしまうので、出演シーンはそれほど多くありません。

 

この作品のアン・サンフン監督は、それまで演技経験のないパクボゴムさんを抜擢した理由として

『(ドンヒョンを演じるには)可愛くてあどけなさが残るイメージが必要だった。

当時、彼は高校生だったのだが、初めて会ったときのことを今でも覚えている。』

 

『(会って話をすると)年齢に比して、多くのことを経験していると分かったし、内面がきちんとしている“好青年”だと感じた。』

 

『(彼の存在が)作品にエネルギーを与えてくれると確信した。』

などを挙げたそうです。

 

2012年 「チャ刑事」チャ刑事ことチャ・チョルスの少年期

大人になってのチョルス(カン・ジファンさん)は、Dラインを誇る?太めの刑事ですが、捜査のためダイエットをして別人に生まれ変わります。

そのチョルスの初々しい少年期を演じたのがパクボゴムさんです。

 

この作品を見ていると、「リトル・ヒョヌ=イ・ヒョヌに似ている」と呼ばれるのも分かる気がします。

 

2014年 「最後まで行く」イ・ジノ巡査役

母親の葬儀の日、人をはねるという事故を起こした刑事コ・ゴンス(イ・ソンギュンさん)

何とか事件を隠蔽しようとするのですが・・・

 

ゴンスが自分が犯人という事件の捜査を担当する過程で、現場近くで会うジノ巡査がパクボゴムさんです。

警察官の制服姿もとても似合っていました。

■50秒前後に登場

 

2014年 「バトル・オーシャン 海上決戦/鳴梁」ぺ・スボン役

時代は豊臣秀吉が当時の朝鮮へ出兵した時期(文禄・慶長の役)で、李舜臣(イ・スンシン)将軍が12隻の船で日本軍を破った鳴梁海戦を描いた作品。

パクボゴムさんは、父の死を目撃し、自ら大将船に乗り込む少年兵スボンを演じました。

「里芋少年」の修飾語は、この映画のワンシーンからつけられました。

キム・ハンミン監督

「スボン役のパクボゴムは、よいエネルギーと力、そして澄んだ眼差しを持っている。

勇敢で、不屈の精神を持つスボン役にぴったりだった。

これからがさらに期待される俳優。」

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1998918

とパクボゴムさんを称賛したと伝えられています。

 

2015年 「コインロッカーの女/チャイナタウン」パク・ソッキョン役


チャイナタウンを支配するオンマことマ・ウヒ(キム・ヘスさん)

コインロッカーの10番に捨てられていたことからイリョン(1=イル 0=ヨン)と呼ばれて育ったマ・イリョン/イ・ソル(キム・ゴウンさん

 

暗黒街で生きる二人の愛憎関係に関わることになる、普通の(といっても父親の借金問題はあるのですが)温かい世界に生きるソッキョンを演じるのがパクボゴムさんです。

 

ハン・ジュンヒ監督

「ソッキョンは(この映画で)唯一、悪人でない人物。

(パクボゴムさんの)目を見れば、彼が演じる理由がある。」

とボゴムさんをキャスティングした訳を語ったそうです。

 

また、パクボゴムさんの持つ温かな雰囲気やエネルギーは、演技を越えて、「主演のキム・ヘスさんにも」影響を与えたといわれています。

 

ネタバレになりますが、

オンマ(キム・ヘスさん)は劇中、「ソッキョンの命を奪うこと」になります。

台本を読んだキム・ヘスさんは、「そこまでしなければならないのか?」と監督に尋ねたそうです。

 

これまで様々な役柄を演じてきたベテラン女優さんですら、演技とはいえ、「パクボゴムさんを残忍な形でスクリーンから消すことに抵抗を感じた」のでしょうね。

 

実際、キム・ヘスさんは「コインロッカーの女/チャイナタウン」での共演以降、メディアを通じて「パクボゴムさんの人柄を褒める発言」を何度もしています。

 

また、この作品での共演から「キムゴウンさん」とも親交があり、「彼女のファンミーティングにサプライズゲスト」として登場しています。

 

※キムゴウンさんについて詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事をご覧ください↓↓

キムゴウンさんの魅力を徹底紹介!演技力とファッションにも注目の超愛されキャラ!

 

パクボゴムさんは、「作品を通じて出会った方々と長くお付き合いしていくタイプ」なのでしょう。

「撮影中」、「放送(公開)中」といった期間だけでなく、年単位で時間が経過したのちにも当時のメンバーで集まったり、プライベートで会ったりする時間を過ごしているようです。

その様子が、たびたびSNSにアップされ、ファンの目を楽しませています。

この後、そのうちのいくつかを紹介しますね。

 

これまで出演した作品は、それぞれ異なるジャンル、異なる時代、異なる役柄ですが

『パク・ボゴムさん自身からあふれるポジティブなエネルギーと澄んだ眼差し』

が多くの監督を惹きつけていることは間違いないようです。

 

最新作(映画)

多くのラブコールの中から選んだ次作は、こちら!

↓   ↓   ↓

2020年 「徐福(ソボク)」クローン人間・徐福役

出典:https://asianwiki.com/Seo_Bok

すでに撮影は終わり、来年の公開へ向けて編集作業が進められているそうです。

キャストとして現時点で公になっているのが

コンユさんチョ・ウジンさんの「トッケビ」コンビ

クローン人間を演じるパク・ボゴムさん

に加えて

チョン・ヨンナムさん

※代表的な出演史劇「太陽を抱く月」「馬医」「猟奇的な彼女」「王は愛する」「王になった男」「私の国」など

です。

 

コンユさんが徐福を守る前国家エージェント・キホン役チョ・ウジンさんが徐福の存在を隠そうとする国家情報局要員・アン部長役を演じます。

 

ちなみにパクボゴムさんが演じる「徐福」ですが、秦の始皇帝の「不老不死」伝説に出てくる人物です。

永遠の命を持つクローン人間ということで、「徐福」と名付けられたようです。

 

そして、一部でキャスティングに決まったと報道されたのがこちらの映画。

2020年 「Wonderland」

出典:https://www.hancinema.net/korean_movie_Wonderland-picture_1121677.html?sort=Most_Popular_Pictures

  • チョン・ユミさん→映画「トガニ 幼き瞳の告発」「新感染 ファイナル・エクスプレス」「82年生まれ、キム・ジヨン」などでコン・ユさんと共演した方

「トンイ」のチョン・ユミさんとは別人です

  • ぺ・スジさん
  • チェ・ウシクさん
  • タン・ウェイ(湯唯)さん

らとともに

パクボゴムさんのお名前が挙がっています。

 

映画自体は『会いたい人に会えるようにしてくれる仮想世界を題材にした作品』で、監督はキム・テヨンさん(映画「レイト・オータム」以来10年ぶりのメガホン)。

と、伝えられています。

詳細がわかれば、またお知らせしますね。

 

余談ですが、

タン・ウェイ(湯唯)さんは、「レイト・オータム」でヒロインを演じたキム・テヨン監督の奥様です。

 

短編映画の出演

2014年 「きらきらドキドキ/きらきらワクワク」チュヌ役

第4回「ソウルバリアフリー映画祭」開幕作品。

障害を持った方々が、実際に映画館で作品を楽しむことを目的として製作された短編映画です。

パクボゴムさんは、聴覚障害を持つ先輩ウンス(イ・チョンアさん)に思いを寄せる後輩を演じています。

次に「バラエティ出演や司会者、ミュージシャンとしての活躍」を紹介します。

「雲が描いた月明かり」の記事一覧 もあわせてご覧ください!

スポンサーリンク

雲が描いた月明かりのパクボゴムさんのバラエティ出演と司会者、ミュージシャンとしての活躍を紹介!

バラエティ出演

2016年 「花より青春 アフリカ編」

「応答せよ1988」で共演したアン・ジェホンさん、コ・ギョンピョさん、リュ・ジョンヨルさん、パク・ボゴムさんの4人がレンタカーを借りてアフリカを旅します。

お互いの胸の内を語るシーンでは、見ている私たちまでジーンとくる場面もありましたが、ここではハプニング・シーンをご紹介します。

 

①パクボゴムさん飛行機に乗り遅れる!

仕事の関係で一人別のフライトだったパクボゴムさん。

余裕を持って空港で食事や買い物をしていたら・・・

②オープンルームに泊まる

広いベッドを備えた清潔な部屋なのですが、なぜかトイレもシャワールームもドアのないオープンなつくりです。

カメラの位置を確認して、スタッフからも「シャワールームは映らない」と言われ、安心かと思いきや・・・

 

2018年 「ヒョリの民泊2」短期アルバイトとして登場

よく働いて、よく食べて・・・送迎(運転)もしていましたね。

 

ここでは

  • モク・ボゴム  먹보검 (먹≒食べる)
  • パプ・ボゴム 밥보검 (밥=ご飯)

と呼ばれる所以でもある “よく食べるパクボゴムさん”の姿をご紹介します。

 

そして

面接場面から、働き疲れてウトウト、優しい歌声を披露する場面まで盛り沢山なのがこちらです。

■寝顔の場面

他にも

「1泊2日」

尊敬する事務所の先輩チャ・テヒョンさんがレギュラーを務めていた(当時)こともあり、何度か出演

 

「ランニングマン」

同じく事務所の先輩ソン・ジュンギさんと大親友のイ・グァンスさん(「トンイ」でのヨンダル役)と息を合わせた場面

などの話題もあります。

※「ソンジュンギさんとの仲良しエピソード」もあわせてどうぞ↓↓

パクボゴムさんはソンジュンギさん、テテさんと仲良し!

 

司会での出演

司会として登場する番組、イベントが多数あるパクボゴムさん。

つい先日も、MAMA2019で日本を訪れていましたね。

ここでは代表的なものをいくつかご紹介します。

  • 2015-16年 「ミュージックバンク」
  • 2015年 「KBS Drama Awards」
  • 2016年 「KBS Drama Awards」「KBS Song Festival」
  • 2017-18年 「ミュージックバンク・ワールドツアー」シンガポール、インドネシア、チリ、北京、香港
  • 2017-19年 「MAMA および MAMA Fans’ Choice」日本

「ミュージックバンク」第31代目の司会として活躍したパクボゴムさんとRed Velvetのアイリーンさん。

歴代の司会の中でも、ひときわ視聴者の人気が高いカップルでした。

ちなみに、日本でもお馴染みのMCカップルにはこのような方々がいます。

  • 第25代 ソン・ジュンギさん&ソ・ヒョリムさん
  • 第28代 イ・ジャンウさん&ユイさん
  • 第30代 パク・ソジュンさん&ボラさん

です。

 

さて、ここから

「歌手になるのが夢だった」

というパクボゴムさんが、MVやOSTでその夢を叶えた作品をご紹介します。

曲や映像が全てを物語ってくれますので、説明は不要でしょう。

 

ミュージシャンとしての活動

Disc

  • 2016年 「私の人」

■雲が描いた月明かり OST Part 11

 

さらに

パクボゴムさんは、今年2019年に日本で歌手デビューを果たしました。

  • 2019年 「 Bloomin’」

日本デビューシングル曲

■PARK BO GUM(パク・ボゴム) Debut Single『Bloomin’』MV_Full ver.

 

子どもの頃に、将来の夢として描いていた歌手という形とは異なるかもしれません。

 

それでも

幼い頃に始めたピアノ、教会での伴奏、ファンミーティングでの弾き語り、出演した番組内での演奏や歌など・・・パク・ボゴムさんと音楽の縁が新しい道を開いたように思います。

※パクボゴムさんの歌について、詳しくはこちらもどうぞ↓↓

パクボゴムさんは歌も素敵!

 

このように

多くの作品や番組での活躍により、パク・ボゴムさんは数多くの賞を受賞しています。

順にご紹介します。

<受賞歴>

  • 2015年 第29回 KBS演技大賞 男子助演賞、男子人気賞 「君を憶えてる」
  • 2015年 第14回 KBS芸能大賞 ショー娯楽部門 男子新人賞 「ミュージックバンク」
  • 2016年 第30回 KBS演技大賞 ベスト カップル賞 (キム・ユジョンさんと)「雲が描いた月明かり
  • ネティズン賞 「雲が描いた月明かり」
  • 男子最優秀賞 「雲が描いた月明かり」

 

  • 2016年 第52回 百想芸術大賞 インスタイルベストスタイル賞
  • 2016年 第6回 アジア太平洋スターアワーズ 男子新人賞 「応答せよ1988」
  • 2016年 第8回 スタイル アイコン アジア アワーズ 本賞
  • 2016年 第1回 tvN10アワーズ tvNアジアスター賞 「応答せよ1988」
  • 2016年 第1回 アジア アーティスト アワーズ ドラマ部門 アジアスター賞、ベストスター賞「応答せよ1988」「雲が描いた月明かり」
  • 2017年 第53回 百想芸術大賞  TV部門 男子人気賞 「雲が描いた月明かり」
  • 2017年 第12回 ソウル ドラマ アワーズ 韓流ドラマ男子演技者賞 「雲が描いた月明かり」

やはり「応答せよ1988」と「雲が描いた月明かり」に関連した受賞が多いですね。

 

次に、「雲が描いた月明かり」での共演者たちのパクボゴムさん評を含め、彼の人柄がわかるエピソードをお伝えしたいと思います。

「雲が描いた月明かり」の記事一覧 もぜひあわせてご覧ください!

「雲が描いた月明かり」・「パクボゴムさん出演作」を「全話無料」でお得に見る方法

「パクボゴムさん主演の『雲が描いた月明かり』で見逃した回があるので全話見てみたい!」

「パクボゴムさんの他の出演作も気になる!」と言う方も多いと思います。

ただ、ネットで何でも見れる今の時代、お金をかけずに無料で見たいというのが、現代人の心情ですよね。

 

雲が描いた月明かり」「パクボゴムさん出演作」はどれも人気ドラマなので、ネット上に「非公式の無料動画」がアップロードされている可能性もありますが、当然ながらそれは違法です。

それらの動画を見ることも違法行為に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。

 

そのため、「登録も簡単な正式なサービスの無料トライアル」を使って、「安心安全に、しかも無料で楽しむ」のが一番です!

「韓ドラが大好きな私が『主要なサービスを比較して見た結果』」を、こちらの記事(雲が描いた月明かりの動画(吹き替え・字幕版)は全話無料で見れる!ベストカップル賞受賞の胸キュンストーリー!見始めた止まりません!)でメリットもあわせて紹介しておりますので、ぜひご覧ください!

 

パクボゴムさん出演作は、「ボーイフレンド」・「恋のスケッチ~応答せよ1988~」・「ワンダフルラブ」・「君を憶えてる」など、いろいろとそろっています☆

スポンサーリンク

雲が描いた月明かりのパクボゴムさんの性格・人柄を詳しく紹介!

ここまで紹介したエピソードだけでも

数々の役者さんを見てきた監督たちを惹きつける、

澄んだ瞳・ポジティブなエネルギー・感受性の豊かさ

 

共演した先輩俳優さん達を虜にする、

礼儀正しさ・温かさ・愛らしさなど

パクボゴムさんが持つ魅力がわかるかと思います。

 

さらにここでは、

共演者が語ったエピソードを紹介して、さらに、その人柄・魅力をお伝えします。

 

ドラマ部門

「雲が描いた月明かり」

  • 父・純祖(スンジョ)役 キム・スンスさん

撮影当時のパクボゴムさんの人気について尋ねられ

「言葉にできないほど(すごかった)です。ボゴムさんのファンの皆さんが送ってくれたケータリングサービスはホテル級で、7つ星レストランが来たみたいでした。俳優をはじめスタッフらと、おいしいものをたくさん食べました。」

(2017年出演したテレビ番組にて)

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2063589

 

そして、このような投稿も

「もう本当に撮影終盤でとても疲れているにも関わらず、いつも明るくて一生懸命なボゴム…さすが王位を継承する資格のある跡継ぎ!!!^^」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2054793

とパクボゴムさんの人格を高く評価したコメントを付けています。

 

  • やはりパクボゴムさんは孝行息子です

・その1

 

この投稿をInstagramで見る

 

# 극중에선 말썽꾸러기 세자..실제로는 착한 보검이..^^ #구르미그린달빛#박보검#착함#왕스타그램

김승수 actor(Kim Seung Soo)(@kim_seung_soo71)がシェアした投稿 –

・その2

↑    ↑    ↑    ↑    ↑

キム・スンスさんの投稿コメント抜粋(意訳)

「元々、(ボゴムさんは)私の顔の半分くらいしかないしかないのに、3人で撮影する時に一番手前に来てポーズを取ってくれた。今でも孝行息子^^」

「雲が描いた月明かり」のキム・ソンユン監督、キム・スンスさんと3人での写真。

パクボゴムさんは遠近法で(笑)父の顔が小さく見えるように配慮したようです。

 

  • 母親がわり淑儀パク氏役 故チョン・ミソンさん

「息子に『僕の学校の生徒たちがお母さんを羨ましがっていた』と言われ、『何が?』と聞いたら、『パク・ボゴムを抱き締めたじゃない』と言っていた」

 

「眠れない日が続いて大変な中、先輩たちのお願いだからとサインを最後までしてくれた」

(2017年出演したラジオ番組にて)

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2069412

 

■忠実なチャン内官役 イ・ジュンヒョクさん

写真(撮影)が上手だと言われるイ・ジュンヒョクさん。

(ジェジュンさんらと「プロカメラマンの指導を受けながら撮影をする」という番組にも出演されていました)

ドラマ同様に愛情とユーモアを持って世子に寄り添う写真をいくつも投稿しています。

 

 

ドラマでは、秘密を抱え苦悩しながらヨンを守るビョンヨン

自身のSNSに、こんなお茶目な写真を公開していました

 

この投稿をInstagramで見る

 

병연이는 저하사수 우리모두 본방사수 렛츠고 #구르미그린달빛

곽동연(@kwakdongyeon0)がシェアした投稿 –

クァク・ドンヨン さんは、ある番組の中でパクボゴムさんのことを

『翼のない天使』

と表現していました。

 

続けて、このようなエピソードを明かしています。

「作品で共演したことがあるけど、小さなことに心から感謝する。(他の人たちは)挨拶で感謝したりするけど、兄さんは心から感謝していると言う。それを見ながらたくさん学んだ」

(2019年出演したテレビ番組にて)

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2112502

 

出演した番組でパクボゴムさんの短所について聞かれ、

「欠点の一つくらいはあるだろうと思っていたけど、欠点がない。あまりにも完璧すぎて何か人間じゃないようだった。」

(2016年 出演したテレビ番組にて)

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2056184

 

そう語ったジニョンさんも、パクボゴムさん同様

『顔も心も美しいタレント』

として名前が挙がるおひとりです。

 

4人(パクボゴムさん、クァク・ドンヨン さんキム・ユジョンさんジニョンさん)のなかで年上だったこともあり、頼れる兄として撮影現場で気遣いをしていたとも伝えられています。

※雲が描いた月明かりのキャストについてはこちらの記事で詳しく紹介しています→雲が描いた月明かりの相関図とキャストを当サイトオリジナルの図で詳しく解説!史実との比較や特別出演のメンバーも紹介!

 

ドラマ・映画・バラエティ部門

「のだめカンタービレ/ネイルもカンタービレ」「応答せよ1988」「バトル・オーシャン」「コインロッカーの女」「花より青春 アフリカ編」と、数多くの作品でパクボゴムさんと共演したコ・ギョンピョさん。

■ファンミーティングでの出来事

「嫉妬の化身」撮影中に行ったファンミーティングでの出来事です。

 

サプライズ登場したパクボゴムさんの姿に、信じられない、という表情を浮かべつつ感激のハグ!

(パク・ボゴムさんは私服で登場したことから、事前の連絡はなく、本当にサプライズだったようです)

 

コ・ギョンピョさん「雲が描いた月明かり」の撮影現場に、コーヒーやおやつのケータリングカーを差し入れするなどしていたそうです。

 

2017年には、コ・ギョンピョさんとパク・ボゴムさんはプライベートでニューヨークを旅するなど仲の良いふたり。

(旅行中のギョンピョさんの写真は、ボゴムさんが撮影したと思われます)

 

また、現在(2019年末)入隊中なのですが

わずかな休日にも会って食事をするなど親交が続いています。

 

このようなコメントを付けて投稿された写真がこちら

◆「軍人に牛肉を奢ってくれる良い人」

 

この投稿をInstagramで見る

 

저번 휴가때 군인에게 소고기 사준 좋은 사람

@ kopularがシェアした投稿 –

 

今度は、ちょっと変わった視点からも

 

ダンス(振付師)

  • ぺ・ユンジョンさん

パクボゴムさんに、ファンミーティングで披露するダンスの指導をしたそうです。

 

日頃は辛口審査員として知られるぺ・ユンジョンさんも、パク・ボゴムさんからのあま〜い差し入れには、ほっこりしたのでしょうね。


この画像に添えられていたハッシュタグには

#真心

#私が見た芸能人の中で人柄が最高

#いつもそのままでいてください

#顔天才

#パクボゴム

とあります

顔天才(=얼굴천재 オルグルチョンジェ)とは、漫画から抜け出してきたような完璧な容姿を持つ人という造語

 

その後、パクボゴムさんの日本デビュー曲の写真もアップしたぺ・ユンジョンさん。

さり気なくお世話になった方々に相手が喜びそうなものを差し入れする・・・こういった気遣いが、女性たちのハートをつかむのでしょう。

 

芸能界には、パクボゴムさんにキュンときたヌナがたくさんいるようです。

芸能界での人気

  • 「共演してみたい」とラブコールを送ったのは、ハン・チェヨンさん
  • 映画「ミッドナイト・ランナー/青年警察」試写会での偶然の出会いに、思わず笑顔になるイ・ヨウォンさん
  • 日頃はスキャンダルご法度、でもパク・ボゴムさんとの降って湧いたような熱愛報道に「とても嬉しかった(ボゴムくんには申し訳ないけれど)」と語ったイ・イルファさん

※「応答せよ1988」の褒賞旅行中、なぜか二人の熱愛報道が流れました

 

共演は「コインロッカーの女/チャイナタウン」1作品、それ以来、親交が続くキム・ヘスさん

キム・ヘスさんボーイフレンド撮影現場にコーヒーカーを差し入れ、

そこには

「“ボゴム君~温かいお茶を飲んで風邪に気をつけて!」

「ドラマ『ボーイフレンド』のスタッフや俳優の皆様、頑張ってください”」

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2109064

という応援コメントが添えられていました。

 

それに応えて、パクボゴムさんも自身のTwitterにコーヒーカーの前で撮った写真を投稿。

“ヘス姉さん”への感謝の気持ちを表しました。

※パクボゴムさんは「コインロッカーの女/チャイナタウン」撮影中、キム・ヘスさんのことを“先輩”ではなく、“ヌナ(姉さん)”と呼ぶ、唯一の人物だったそうです

 

感謝を大切に!

このように、感謝の気持ちを表現するのがとっても上手なパクボゴムさん。

ファンに向けて

「たくさんの応援と愛を送ってくださって感謝します」

 

視聴者に向けて「ボーイフレンド」最終回

「ジニョク(パクボゴムさんの役名)を愛してくださった全ての方に感謝します」

 

メッセージに添えて

「あなたに会えたことに感謝します」

 

以前、あるインタビューで

「感謝することを口にしていると、感謝することが増えていく」

語っていたのを聞いた記憶があります。

 

ますます、パクボゴムさんのファンが増えていきそうですね。

 

しかし、ご本人は

『今の人気が下がるのは怖くない』

と話しています。

 

それは・・・

『この仕事をすること(仕事ができること)自体が大切で幸せだから』

なのだそうです。

 

ジニョンさんが「パクボゴムさんには、欠点がない」と言っていたのも肯けます。

 

まだまだ紹介しきれないエピソード、交友関係などもありますが、今回はこの辺りでまとめに入ります。

※以下の記事では視点を変えて、パクボゴムさんについて紹介していますので、ぜひあわせてご覧ください↓↓

パクボゴムさんの歌やソンジュンギさん、テテさんとの仲良しエピソード、ファンミーティングでの出来事などを徹底網羅!

スポンサーリンク

雲が描いた月明かりのパクボゴムさんの魅力を徹底紹介!ドラマ・映画での活躍や最新作情報も!~まとめ~

その外見だけでなく、多くの美談の持ち主パクボゴムさん。

誠実な対応や礼儀正しさは、共演した人、仕事などを通じて交流があった人だけでなく、エピソードを伝え聞いたファンの心も温かくするようです。

『つねに真心を込めて、誠意を持って行動しようとしています』

『どうしたら相手の気持ちを理解して、思いやれるか、ということも考えています』

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2082968 来日インタビューより 抜粋引用

と話すパクボゴムさん。

好きにならずにいられない、そんな魅力の持ち主だと言えるのではないでしょうか。

 

パクボゴムさんに魅せられたというあなたへ

こちらの動画をご紹介して、この記事を終わりたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

雲が描いた月明かり、パクボゴムさんについてはこちらもどうぞ↓↓

「雲が描いた月明かり」の記事一覧!

雲が描いた月明かりの動画(吹き替え・字幕版)は全話無料で見れる!ベストカップル賞受賞の胸キュンストーリー!見始めた止まりません!

パクボゴムさんの歌やソンジュンギさん、テテさんとの仲良しエピソード、1泊2日、ファンミーティングでの出来事などを徹底網羅!素晴らしすぎる人柄にも注目です!

雲が描いた月明かりのB1A4ジニョンさん(ユンソン役)の魅力を徹底紹介!歌や作詞作曲、ドラマ出演だけじゃないマルチすぎる才能!そんな彼の唯一の弱点とは!?

クァク・ドンヨンさん(雲が描いた月明かりのビョンヨン役)の魅力を徹底紹介!苦手なものは若者に人気の○○○!?

雲が描いた月明かりの相関図とキャストを当サイトオリジナルの図で詳しく解説!史実や特別出演のメンバーも!

 

雲が描いた月明かりの最終回結末(18話)をネタバレ!その後も徹底考察!最後はハッピーエンド?

雲が描いた月明かりのOST(歌・曲)を主題歌・挿入歌・オープニング・エンディングに分けて歌詞の意味まで徹底解説!名曲誕生の秘話まで詳しくお伝えします!

雲が描いた月明かりのロケ地を紹介!あのコスモス畑や歴史的建造物まで、実際に行ける聖地を徹底網羅!

 

花郎(ファラン)の相関図とキャストをオリジナルの図で詳しく解説!複雑な対立・協調・家族関係もすべてわかりやすく紹介します!

花郎(ファラン)のOST(歌・曲)を主題歌・挿入歌・エンディング曲に分けて詳しく解説!素晴らしい音楽がロマンスや複雑な思い、若さあふれる情熱を見事に表現!

花郎(ファラン)でのテテ(ハンソン)のキスシーン&死ぬシーンを詳しく紹介!権力者に翻弄される若者たちの悲しい結末とは!?

花郎(ファラン)とは?意味や歴史、実在した新羅の制度を詳しく紹介!なんと日本や他国、他のドラマとも深いつながりが!?

 

当サイトでは「花郎」、「太陽の末裔」、「太陽を抱く月」、「トッケビ」、「トンイ」、「奇皇后」、「イ・サン」、「オクニョ」、など、時代劇を中心に韓ドラに関する情報を多数紹介しております。

ぜひ目次からお好きなドラマの記事をご覧ください!

 

トンイの子役の名前と現在の状況は?3人の子役それぞれの魅力に迫ります!

トンイのキャストを総まとめ!主要キャストから脇を固めるベテランまでどこよりも詳しく紹介!

トンイは実話で実在の人物?史実との違いに驚愕!

トンイの王妃役は誰?3人の美人女優を紹介!

トッケビの最終回結末(16話)をネタバレ!涙なしでは見られない濃密すぎる最終回!

奇皇后のタルタル役(チンイハン=キムジハン)はどんな人?イケメンなだけじゃない、抜けた部分も魅力です!

奇皇后は実在した!世界史上屈指の下克上を成し遂げた女性の生涯とは!?

イサンの相関図とキャストをオリジナルの図で詳しく解説!複雑な家柄・派閥・血縁などの関係性もわかりやすく整理して紹介!

イサンとトンイの関係は?指輪や家系、共通のキャストなど、驚くべき深いつながりを詳しく紹介!知れば知るほど面白い!興味深い関わりが満載!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
アラフォーのフリーランス。 
冬ソナブームの頃には興味がなかった韓ドラにハマって数年。

時代劇が好き。
そして復讐ドロドロ系にツッコミを入れたり、ラブロマンスにときめいたりの毎日です。

読み書きは今ひとつの耳だけハングルなので、最初に覚えた韓国語は、
「~씨(~ッシ)」「아이고(アイゴー)」「어머(オモ)」の3つ。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© まりこの韓国ドラマチャンネル , 2022 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。