韓国ドラマ、映画の情報を詳しく紹介しています!

太陽の末裔のソデヨン役(チングさん)のドラマ・映画出演作や魅力・人柄を徹底紹介!作品で見せる武闘派の内面は実はお母さん!?

まりこ
WRITER
 
太陽の末裔のソデヨン役(チングさん)のドラマ・映画出演作、人柄を徹底紹介!
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
アラフォーのフリーランス。 
冬ソナブームの頃には興味がなかった韓ドラにハマって数年。

時代劇が好き。
そして復讐ドロドロ系にツッコミを入れたり、ラブロマンスにときめいたりの毎日です。

読み書きは今ひとつの耳だけハングルなので、最初に覚えた韓国語は、
「~씨(~ッシ)」「아이고(アイゴー)」「어머(オモ)」の3つ。
詳しいプロフィールはこちら

出典:https://www.imdb.com/title/tt4925000/mediaviewer/rm1097422080?ref_=ttmi_mi_nm_bts_33

甘いロマンチックな場面の数々と、常に死と隣り合わせの緊張感。

太陽の末裔で描かれる物語にハマってしまうのは、そんな甘辛のバランスなのかもしれません。

 

そこに加わるのが、ユシジン(ソンジュンギさん)とソデヨン(チングさん)のブロマンンス!

ときには微笑ましく、ときには半ばあきれながら見た方も多いことでしょう。

 

今回は、ちょっと不器用な愛情表現が魅力のソデヨンこと、チングさんについてお届けします。

スポンサーリンク

太陽の末裔のソデヨン役(チングさん)のプロフィール

まずはプロフィールから紹介します。

<プロフィール>

  • チン・グ
  • 英語表記:Jin Goo / Jin Gu / Jin Ku
  • 韓国語表記:진구

※韓国語で「友達」を意味する「チング」は、「친구」

  • 漢字:晋久

 

 

  • 生年月日:1980年7月20日

 

この投稿をInstagramで見る

 

* 7월 20일, 진구 배우의 생일을 진심으로 축하합니다. Today is JinGoo’s Day . #진구 #JinGoo #HappyBirthday #BeHappy

BH Entertainment(@bhent_official)がシェアした投稿 –

 

  • 血液型:AB型
  • 家族:

妻(キム・ジヘさん)

子ども2人(ウォンくんとゴンくん)

※父親は、映画撮影監督のチン・ヨンホさん

 

  • 身長・体重:178cm、63kgくらい
  • 出身:ソウル

 

<学歴>

  • 三育(サミュク)小学校
  • 三育(サミュク)中学校
  • 京東(キョンドン)高等学校
  • 三育義明(サミュクウィミョン)大学校 広報情報科

 

  • 所属事務所:BHエンターテインメント

 

<趣味・特技>

  • ボクシング、合気道、キックボクシング
  • ビリヤード、バスケットボール
  • 歌を歌う
  • ゲーム

出演作品でアクションシーン、歌うシーンが多いのもわかる気がします

 

■チングさんのゲーム好きがわかる表情
(ゲームオーバー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

아…아깝… 무엇이 그를 좌절하게 했는가..! . #진구 #JinGoo #대기실 #GameOver

BH Entertainment(@bhent_official)がシェアした投稿 –

 

兵役は2000年〜2002年に海軍に服務。
兵役を終えてから、2003年(24才)のとき「オールイン」でデビューしました。

のちに、この海軍での経験が出演作品にも活かされます。

 

それでは、ソデヨン役を含む、チングさんの出演作品を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

太陽の末裔のソデヨン役(チングさん)のドラマ出演作を紹介!~その①~

2003年 「オールイン」 キム・イナ役(少年時代)


ギャンブルの世界を舞台に、友情と野望、そして切ない恋模様を描いた作品

 

チングさんのデビュー作

どこかイ・ビョンホンさんに似た雰囲気をもち、新人とは思えない落ち着いた演技で話題になったそうです。

このときに「リトル イ・ビョンホン」というニックネームがつけられたとか。

 

 

  • 主人公のキム・イナは、イ・ビョンホンさん
  • ヒロインのスヨンは、ソン・ヘギョさん
  • イナの友人ジョンウチソンさん

が演じました。

※「オールイン」について詳しくはこちら

 

チングさんが、尊敬する先輩俳優として必ず名前を挙げるイ・ビョンホンさん。

ご縁は、この作品から始まるのですね。

 

次は、新人の登竜門といわれた超人気シットコム「ノンストップ」に出演

 

2004年 「ノンストップ5」 チング役


シーズン5は、映画同好会が主な舞台

 

<シーズン5の出演者>

など

※「ノンストップ5」について詳しくはこちら

 

ヒョンビンさんは、シーズン4に出演されていましたね。

※ヒョンビンさんについて詳しくはこちら(ヒョンビンさんのプロフィール、ドラマ出演作を詳しく紹介!)

 

次に紹介するのは、日本ではあまり知られていない作品です。

 

2004年 「私たちが撃った矢はどこへ行ったのだろうか」ジンホ役

単発ドラマ

原題「우리가 쏜 화살은 어디로 갔을까」

 

若くして結婚したジンホとヒヨンの夫婦(チングさんとソ・イヒョンさん)

息子が重い病気にかかり、日々の生活とお金の工面に追われる。

そんな日々に疲れた二人は、(治療費のために)前払いで給料をもらえるルームサロンに偽装就職。

お金を受け取り、逃げようとする。

 

次に紹介するドラマは2007年に放送されたので、その時にご覧になった方も多いかもしれません。

 

2005年 「鳥よ鳥よ」

 

単発ドラマ

原題「새야새야」

 

シン・ギョンスクさんの小説をもとにドラマ化した作品

一家で鉄道自殺を図ったが、父親だけが亡くなり、母と幼い息子2人は生き残る

(兄は聾唖、弟は聾の障害をもつ)

貧しく苦労の多い日々のなかで、母と子の愛情を描いたもの、のようです。

 

このドラマは、Prix Italiaの「TVムービー/ミニシリーズ部門」で最優秀賞を受賞。

『高品質のパフォーマンスと愛の力についての魔法の感動的で詩的な物語』賞賛を受けた、と韓国で報道されています。

 

次は、オール日本ロケが話題になったあの作品です。

 

◆チングさんと日本の関わり その1

2008年 「東京、天気雨 / 東京、狐の嫁入り」 パク・サンギル役

日韓共同制作ドラマ

特別4部作

東京を舞台に、日本で修行する韓国出身の寿司職人ヒョンス(キム・テウさん)日本に訪れていた女優スジン(キム・サランさん)の忘れられない恋を描いた作品

 

チングさんが演じたのは、韓国人留学生のパク・サンギル

複数のアルバイトを掛け持ちしますが、パチンコにはまり、お金のためにスジンの居場所を明かしてしまいます。

 

韓国ドラマでは、比較的少ない事前制作

オール日本ロケ作品

放送日程がなかなか決まらなかった、という話もあります。

※「東京、天気雨 / 東京、狐の嫁入り」について詳しくはこちら

 

次に紹介するのは、実在の人物をモデルにした作品です。

 

2008年 「スポットライト」 イ・スンチョル役

報道局社会部記者の世界を描いた作品

 

チングさんが演じたイ・スンチョルは、社会部新人記者でウジンとは大学の同級生。

あれこれとサボることに知恵を働かせる人物。

 

ちなみに、ソン・イェジンさんが演じたウジンには、実在のモデル(記者からアンカーになった)がいたそうです

※「スポットライト」について詳しくはこちら

 

次はチングさんが特別出演した作品です

(チングさんは特別出演することが多い俳優さんなのです)

スポンサーリンク

太陽の末裔のソデヨン役(チングさん)のドラマ出演作を紹介!~その②~

2009年 「太陽を飲み込め」 キム・イルファン役(特別出演)


朴正熙(パク・チョンヒ)大統領*の軍事政権下にあった時代

※朴槿恵(パク・クネ)18代大統領の父親

 

済州島に送られた囚人キム・イルファンが脱走、海女と出会う

2人の間に生まれたジョンウは、両親の名前も知らないまま孤児院で育つ

 

成長したジョンウは、偶然から野心家のチャン会長と知り合い…

 

チングさんはそんなジョンウの父イルファンを演じました。

※「太陽を飲み込め」について詳しくはこちら

 

さらに特別出演が続きます

2010年 「アテナ」 チャン・ヒョクチュン役(特別出演)

ドラマ「アイリス(2009)」のスピンオフ(外伝・派生作品)

韓国国家安全局・テロ対策セクション(NTS)と国際テロ組織アテナの攻防戦を描く

チングさんが演じたのは、国家情報院ブラック要員。

 

初めて見たときは「誰が敵で、誰が味方なのか?」かなり困惑しました。

 

両作品ともに日本でロケが行われていましたね

  • 「アイリス」は秋田県
  • 「アテナ」は鳥取県

 

次は大学の専攻が役立った…かもしれない主役を演じます

 

2013年 「花を咲かせろ!イ・テベク」 イ・テベク役

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukari(@yukaringo_0929)がシェアした投稿

広告業界を舞台にしたドラマ

大手広告代理店に勤める天才型広告マンと、無名だが斬新なアイデアと絵の才能を持つ広告マンの戦い

 

そこに、恋模様や会社の発展を第一に考える親の思惑がからんでくる

(ある意味、韓ドラらしい人間模様 笑)

 

チングさんが演じたイ・テベクは、看板屋のバイトです。

学歴はありませんが、独特のアイデアを持ち、広告のイメージを絵で描くことに優れています。

大学で広報情報科を専攻したチングさんに似合う役ですね

 

ちなみに、テベクのモデルは、実在する国際的にも有名な広告デザイナーのイ・ジェソクさんです。

※「花を咲かせろ!イ・テベク」について詳しくはこちら

次はチングさんが熱唱する場面に注目の、あの作品を紹介します。

2015年 「純情に惚れる」 マ・ドンウク役


冷徹な企業ハンターが、心臓移植をきっかけにトキメキや優しさを感じるようになる

自分でも戸惑うその変化は、心臓ドナーの影響?それとも…

 

チングさんが演じたマ・ドンウクは、刑事でスンジョンの恋人です。

ある事件のため亡くなり、その心臓がミノに移植されます。

 

ドンウク(チングさん)が、スンジョン(キム・ソヨンさん)に公開プロポーズするときに、チングさんが歌うシーンがあります。

歌うのが好き(得意)なチングさんにピッタリな場面です。

 

※純情を韓国語では「순정(スンジョン)」と表記します

「ヒロインの名前スンジョンにかけた」、ドラマタイトルです

(韓国ドラマあるある)

 

次はついにソデヨン役で大ブレイクを果たしたあの作品!

 

2016年 「太陽の末裔」 ソ・デヨン役


デビュー以来、その演技力は評価されていたものの、なぜか“2番手”的な印象を持たれていたチングさん。

 

ご本人も2015年に出演した番組で

『ドラえもんのノ・チング(野比のび太の韓国名)、ヨ・ジング、釜山鎮区(プサンジング)のお陰で、いまだ自分の満足のいく位置まで登れていない』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2041840

と語った、といわれています。

 

いろいろな意味で、ソン・ソンカップルが話題になったこのドラマ。

個人的には、グウォンカップル推しです(笑)

視聴者にも人気が高かったグウォンこと、チングさん(ソデヨン)とキム・ジウォンさん(ミョンジュ)のおふたり。

のちに、あるドラマで夫婦役を演じます。

 

もちろん、男の友情も光りましたね。

前述のインタビュー記事によると、

ソン・ジュンギさんのことを

『あんなに演技が上手い人だとは知らなかった。思ったより男らしさがあって惹かれた。』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2041840

二人の性格について

『役ではソ・デヨンが男らしかったが、実際はソン・ジュンギの方が父親のような感じで厳しい。僕は親切なほう、母親に近い。』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2041840

と語っています。

※ソンジュンギさんについて詳しくはこちら(太陽の末裔のソンジュンギさん(ユシジン役)の魅力を徹底紹介!実は真面目で義理堅い!涙を誘う素晴らしい人格!)

■「太陽の末裔」の記事一覧もぜひあわせてご覧ください♪

 

次は、またまた特別出演した作品!を紹介します。

「太陽の末裔」「チングさん出演作」を「全話無料」でゆったり見る方法

「『太陽の末裔』で見逃した回があるので、全話ちゃんと見てみたい!」「チングさん演じる、魅力たっぷりのソデヨンをもう一度見たい!」「チングさんの他の出演作も気になる!」という方も多いと思います。

ただ、ネットで何でも見れる今の時代、「できればお金はかけずに無料のサイトで楽しみたい!」と思うのが、現代人の普通の心情ですよね。

 

そんな「太陽の末裔」や「チングさん出演作」をじっくりと楽しみたい方は、U-NEXT「無料トライアル」を使って見るのも一つの方法ですよ♪

しかも!「太陽の末裔」はU-NEXTだけの独占見放題配信なので、無料で見られるのは本当にU-NEXTだけ!

「無料期間」も、「動画配信サービス最長の31日間」なので、余裕を持って楽しむことができますね

「チングさん出演作」「花を咲かせろ!イテベク!」「アンタッチャブル」「王の予言書」「ワンライン」などいろいろとそろっています☆

U-NEXTで「太陽の末裔」を無料で見る

U-NEXTの配信状況やメリットを詳しく見る

※いつでも解約OK!

U-NEXTの解約方法はこちら

※本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください

太陽の末裔のソデヨン役(チングさん)のドラマ出演作を紹介!~その③~

2016年 「アントラージュ」 本人役


アメリカで大人気の同名ドラマのリメイク作品

 

史上最多67人の特別出演(カメオ)で話題となった一方で、その低視聴率も話題に上がっていました。

チングさんは、本人役で登場します(第4話)

 

◆チングさんと日本の関わり その2

2016年 「ハイクラス(不夜城)」 パク・ゴヌ役

氷のように冷たい(温かさを内に秘めた)女性イギョンと、人懐っこく温かい男性ゴヌが日本で運命的に出会う

ふたりが心を通わせはじめたのも束の間、父親同士の悪縁によって離れ離れに

 

母国・韓国で再開したふたりは、それぞれの野心を胸に、復讐を企てる側・復讐される側として闘うことになる

 

チングさんが演じたパク・ゴヌは、大手財閥の御曹司で、日本では好きな音楽に没頭し、居酒屋でアルバイトをしていました。

 

大阪・福岡などのエピソードが(日本で)話題になったこの作品。

特に第5話は、ふたりの過去のストーリーとして、福岡で撮影されたシーンが多く登場します。

※「ハイクラス(不夜城)」について詳しくはこちら

 

次に紹介するのはアクションシーン満載!チングさんが日本語で話すシーンもある作品です。

 

2017年 「アンタッチャブル」

仮想都市プクチョンを舞台に、3代にわたり市を支配してきたチャン一家の権力争いや秘密を描く

 

チングさんが演じたチャン・ジュンソは、チャン家の次男でソウル市警広域捜査隊・チーム長

父の裏の顔を知り、財産を放棄し、家族とは距離をおきます。

 

出演の決め手は

「台本が面白く、父親役のパク・クニョンさんら諸先輩方の演技を見て学びたかったから」

出典:https://www.eigeki.com/special/interview/1805_jingoo

というチングさん。

出演者の顔ぶれは、演技派揃いで期待大!でしたが、数字的には伸び悩んだ作品です。

 

これまでも

『出演するとき、視聴率を目標にすることはない。作品の成功と僕が感じる達成感が比例することはない』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?

と語ってきたチングさん。

今後、ご本人の達成感と、視聴者の満足感がより一致する作品で演じる姿が楽しみです。

 

次はグウォンカップルふたたび…です。

 

2018年 「ミスター・サンシャイン」 コ・サンワン役(特別出演)


第26代国王・高宗(コジョン)の時代

鎖国派・開国派それぞれの思惑に品弄されながらも、自分の意思を貫く主人公たちの姿が描かれます

 

チングさんは、キム・ジウォンさんとともに、エシンの両親を演じ、「太陽の末裔」のグウォン・カップルが、夫婦役で第1話に登場したことでも話題となりました。

※キム・ジウォンさんについて詳しくはこちら(キム・ジウォンさん)のドラマ・映画出演作、人柄を徹底紹介!内面はお豆腐メンタルを克服したプリンメンタル!?)

 

◆チングさんと日本の関わり その3

2019年 「リーガル・ハイ」 コ・テリム役

堺雅人さん主演で大ヒットした「リーガル・ハイ」のリメイク作品

勝訴率100%「お金第一」の怪物弁護士と、正義感100%の新人弁護士という正反対の2人

ぶつかり合いながら難事件を勝訴に導いていく法廷コメディ

 

チングさん演じるコ・テリムは、勝訴率100%という怪物弁護士!

お金のためなら、どんな弁護でも引き受けます。

 

これまでも、日本と何かと縁のあるチングさん。

この「リーガル・ハイ」も日本版のファンだったそうです!

制作発表会のときにも、出演の意気込みを語っていたのですが…視聴率は芳しくなかった作品です。

 

実は、この「リーガル・ハイ」

韓国で好きな日本ドラマとして、上位にランキングされる作品のひとつです。

そのためか、初回放送時から日本版ファンによる“原作との違い”など批判を受けたり、かなり苦戦していたようです。

 

◆チングさんと日本の関わり その4

<番外編>

2007年 「ジョシデカ! -女子刑事-」 WEBISODE・第10話(特別出演)


メインキャスト:仲間由紀恵さん、泉ピン子さん、リュ・シウォンさんなど

韓国語家庭教師役で出演したそうです

 

※WEBISODE:WEB+EPISODEの造語

本来は、WEBテレビで配信されるエピソードのこと

ここでは、インターネットサイトで配信された「ジョシデカ!」番外編ストーリー

 

続いて、出演映画です。

お父さまが、映画(撮影)監督ということもあり、ドラマ以上に映画での活躍が光ります。

作品数が多いので、いつもよりはサラッとご紹介。

■「太陽の末裔」の記事一覧もぜひあわせてご覧ください♪

スポンサーリンク

太陽の末裔のソデヨン役(チングさん)の映画出演作を紹介!~その①~

 

この投稿をInstagramで見る

 

#E.T 와 함께~ 오랜만이지^^ 모두모두 보고 싶어요~ E.T도 안전벨트!! #교통안전캠페인

JinGoo(@actor_jingoo)がシェアした投稿 –

2003年 「浪漫刺客」 刺客・カク(角)

朝鮮時代を舞台に、お金のためならどんな仕事でも行う刺客たち…のはずが、いかんせん武術が全くダメ!

そんな、おマヌケな刺客たちが道に迷って辿りついたのが、恨みを抱いて成仏できない幽霊たちの館。

しかも、幽霊たちの恨(ハン)がこもった999滴の涙をお酒と間違えて飲んでしまうという大失態(笑)

 

…お分かりのようにコメディ作品です

 

チングさんは刺客団のひとり・カク(角)を演じました。

デビュー作「オールイン」に続いて出演した、チングさんの映画初出演作です。

 

次はふたたびイ・ビョンホンさんと共演した作品です。

 

2005年 「甘い人生」 ミンギ役


忠実かつ完璧な仕事ぶりで、組織のボスに認められているソヌ(イ・ビョンホンさん)

彼はボスから“特別な命令”を受ける

 

それは

ボスの若い彼女を監視し、浮気をしているのなら“処理”すること

 

しかし…ソヌは依頼を実行するその瞬間、なぜか彼女とその相手を逃してやる

このソヌの選択により、組織全体を敵にまわすこととなる

 

チングさんはソヌの弟分・ミンギを演じました。

ドラマ「オールイン」では、イ・ビョンホンさんの少年時代を演じたチングさん。

ここでは、同じ組織に所属する彼の右腕としてスクリーンに登場します。

 

韓国ノワール*らしく、暴力シーンの描写は!!!

イ・ビョンホンさんの横顔とアクションは見応えたっぷり。

ノワール(느와르):ギャング映画や犯罪などの闇社会を題材に、人間の悪意や差別、暴力などを描き出している映画のジャンル

出典:https://www.kpedia.jp/w/51250

 

原題・邦題とも「甘い人生」ですが、私は英題の「A Bittersweet Life(甘苦い人生)」の方がしっくりくる気がします。

この後も韓国ノワール作品への出演が続きます

 

2006年 「卑劣な街」 チョンス役


三流暴力団(!)のナンバー2ビョンド(チョ・インソンさん)

ボスと後輩構成員のあいだで、“中間管理職”的な苦労をする日々

 

面倒を見なければならない家族と弟分たちのために、組織の黒幕ファン会長の提案を引き受ける

金銭的な心配がなくなったビョンド

同級生ミノとの友情、初恋の人ヒョンジュとの愛を育んでいく…

 

チングさんはビョンドの弟分・ジョンスを演じています。

 

次は家族愛を描いた作品です。

 

2006年 「アイスケーキ」 チェ・インベク役

1969年の韓国

父親は死んだと聞かされていた少年ヨンレは、偶然、父親がソウルにいることを知る

少年は、アイスケーキを売って、そのお金で父親に会いに行こうと考える

 

母に仕事をアイスケーキ売りを止められたヨンレ

いつもかばってくれるインベクおじさんに、父を探してくれるようお願いする

 

<主な登場人物>

キム・ヨンレ:パク・チビンさん

※「イ・サン」で正祖(チョンジョ)の子ども時代を演じるなど、子役の頃から活躍

詳しくはこちらの記事で紹介しています↓↓

イ・サンの子役の詳細と現在の状況は?~パク・チビン編~

 

ヨンレの母:シン・エラさん

 

チェ・インベク:チングさん

アイスケーキ工場主任

 

◆チングさんと日本の関わり その5

2006年 「愛なんていらない」 キム・テホ役


日本ドラマ「愛なんていらねえよ,夏」韓国リメイク作品

ソン・ヘギョさんがヒロインを演じた「その冬、風が吹く」も同じ原作

 

<主な登場人物>

■ジュリアン:キム・ジュヒョクさん

ホスト

偽のリュ・ジン

 

■リュ・ミン:ムン・グニョンさん

莫大な財産を受け継いだ盲目の女性

幼い頃に離れ離れになった兄ジンを探している

 

■キム・テホ:チングさん

ホスト(ミッキー)

ジュリアンの弟分

 

次は新人男優賞を受賞したホラー作品を紹介します。

スポンサーリンク

太陽の末裔のソデヨン役(チングさん)の映画出演作を紹介!~その②~

2007年 「1942 奇談」 パク・ジョンナム役


1942年の京城(現在のソウル)

東京に留学していたエリート医師夫婦が帰国

赴任先に選んだのは、最高の設備を誇る安生(アンセン)病院

 

そこには、病院長の娘との結婚を控えた医大生

幼い頃の事故で足が不自由な天才医師

などがいた…

 

<主な登場人物>

パク・ジョンナム:チングさん

安生(アンセン)病院で実習中の医大生

 

イ・スイン:イ・ドンギュさん

医師

 

キム・ドンウォン:キム・テウさん

医師

東京から帰国

 

この作品で、チングさんは女性の死体とのベッドシーンを演じ裸体を披露。

大きな話題となりました。

第31回 黄金撮影賞授賞式 新人男優賞を受賞しています。

 

次は不気味な笑みを浮かべる謎の男を演じた作品です。

 

2007年 「トラック」 キム・ヨンホ役


娘の手術費を工面するため、危険な仕事を引き受けたトラック運転手

緊張しながらハンドルを握る彼の前に現れたのは、危険な雰囲気の男

謎の男を同乗させながら、タイムリミットの迫る仕事を遂行しようとする

 

<主な登場人物>

チョン・チョルミン:ユ・ヘジンさん

トラック運転手

 

キム・ヨンホ:チングさん

殺人犯

 

次は、実はソン・ジュンギさんより先に共演していたあの作品。

 

2008年 「超感覚カップル」 キム・スミン役

他人の心が読める能力をもった大学生と、天真爛漫な天才女子高生が誘拐事件を解決する

 

<主な登場人物>

キム・スミン:チングさん

他人の心が読めるため、できるだけ一人でいることを好む大学生

 

イ・ヒョンジン:パク・ボヨンさん

IQ180の天才少女

スミンが心を読めないただ一人の人物

 

「私のオオカミ少年(2012)」ソン・ジュンギさんと共演したパク・ボヨンさん

その4年前に、チングさんと愛らしいカップルとして共演していたのですね。

 

次に紹介するのは「パラサイト」のポン・ジュノ監督の作品です。

 

2009年 「母なる証明」 ジンテ役


殺人事件の犯人とされた息子(トジュン)の無罪を証明しようとする母の姿を描く

チングさんはトジュンの悪友・ジンテを演じています

 

多数の賞を受賞したこの作品。

チングさんは

  • 第30回 青龍映画賞 助演男優賞
  • 第46回 大鐘賞映画祭 助演男優賞
  • 第17回 大韓民国文化芸能大賞 映画部門 男子優秀賞
  • 第5回 大韓民国 大学映画祭 助演男優賞

を受賞しています。

 

次は「食客(2007)」のシリーズ2作目です。

スポンサーリンク

太陽の末裔のソデヨン役(チングさん)の映画出演作を紹介!~その③~

2009年 「食客2~優しいキムチの作り方~」 ソン・チャン役


老舗レストラン春陽(チュニャン)閣をめぐり、2人の天才料理人の対決を描いたもの

サブタイトルにあるように、キムチ作りを通してそれぞれの母の思いが描かれており、優しい気持ちになれる作品です

 

<主な登場人物>

ぺ・ジャンウン:キム・ジョンウンさん

日本で成功した天才料理人

春陽(チュニャン)閣の娘

 

ソン・チャン:チングさん

正統派料理人

 

チングさんは、この作品に出演したあと「母と一緒にキムチを漬けた」と語っていました。

 

次の作品は「やはりチングさんは、闘うイメージ?」と思える映画です。

 

2010年 「血闘」 チャン・ドヨン役


光海(クァンへ)君時代の満洲

清との戦いで、敵のなかに取り残された朝鮮軍の3人

極寒の廃屋で、3人の過去が交錯、最後の戦いの場となる…

 

<主な登場人物>

■イ・ホンミョン:パク・ヒスンさん

左軍・軍将(クンジャン)

 

■チャン・ドヨン:チングさん

武将(プジャン)

 

■トゥス:コ・チャンソクさん

軍兵

 

<余談その1>

史実として、光海(クァンへ)君を支持する大北(テブク)派と永昌(ヨンチャン)大君を支持する小北(ソブク)派の対立が背景に描かれています。

 

<余談その2>

トゥス(コ・チャンソクさん)の娘として、本当の娘さんが出演しています。

 

次は実話にモチーフを得た、といわれる作品です。

 

2011年 「裏切りの陰謀」 ユン・ヒョク役


1994年、ソウル近郊で起きた橋の爆発事故

事件の真相を追う熱血記者の前に、故郷の後輩から連絡が入る

 

<主な登場人物>

イ・バンウ:ファン・ジョンミンさん

社会部記者

 

ユン・ヒョク:チングさん

バンウの後輩

 

ソン・ヒョグァン:キム・ミニさん

バンウの同僚記者

 

次は「この作品にも出演!」という感じの映画です。

 

2011年 「ただ君だけ」 工房の社長(友情出演)


ソ・ジソプさんとハンヒョジュさんが演じる純愛ラブストーリー

 

<主な登場人物>

■チャン・チョルミン:ソ・ジソプさん

元ボクサー

今は駐車場の管理人として働く

 

■ハ・ジョンファ:ハン・ヒョジュさん

目は見えないが、テレワークをして明るく生きる女性

※ハンヒョジュさんについて詳しくはこちら(ハンヒョジュさんのドラマ・映画出演作、イスンギさん達との交友関係、ファッション・髪型などを詳しく紹介!実は意外なエピソードが満載!?)

 

■工房の社長:チングさん

 

この作品は、チャップリンの「街の灯」をモチーフとしたといわれています。

また、日本でも「きみの瞳が問いかけている」としてリメイクされ、2020年10月公開予定です。

 

次は映画化までに数年!

チングさんの思いが詰まった作品

太陽の末裔のソデヨン役(チングさん)の映画出演作を紹介!~その④~

2012年 「26年」 クァク・ジンべ役


1980年5月18日に始まった「光州事件」とその26年後を描いた作品

チングさんは主人公・クァク・ジンべを演じています。

 

実際に起きた事件がベースにあり、政治的な問題を扱った「26年」

そのため、制作への妨害もたびたび起こり、資金集めに苦労したそうです。

 

チングさんは、映画化が決まった初期に出演を決定。

当初は、キム・ジュアン役を演じる予定

何度も映画化が中止となりかけ、落ち込むこともあったようです。

それでも、映画公開後にインタビューでこのように語っています。

『映画館で「26年」が上映されているということが信じられません。』

 

『(「26年」への出演を断った方々は)彼ら自身が100%望んでいたものではないだろう。

(中略)けれど、「26年」についてきちんと知っている人ならば、断っていなかったと思います。

彼らは卑怯だったわけではなく、自分の足で福を蹴ったも同然ですね。』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1958199

『僕が「26年」を待っていたわけではなく、「26年」が僕を待ってくれた。

クァク・ジンベになるまでに4年間かかった。

クァク・ジンベを演じたのは、10年の間に積み重ねた僕の演技力ではなく、4年間クァク・ジンベを心の中で描きながら培った底力だ。

この作品は僕にとってのプレゼントだ』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1958200

 

チングさんの言葉を象徴するように

  • 第34回 黄金撮影賞授賞式 審査委員特別賞

を受賞しています。

※韓国映画として初めてクラウドファンディング方式で制作された「26年」

エンドロールで、支援者(会員)全員の名前が流れます。

 

次は「ここでも特別出演」な作品。

 

2013年 「ポイントブランク 〜標的にされた男〜」 ペク・ソンフン役(特別出演)


謎の殺人事件で、犯人に仕立て上げられた元傭兵ヨフン

彼は、交通事故で病院に運び込まれる

 

ヨフンの主治医テジュンは、拉致された妻を救うためにヨフンを病院から移し、行動をともにすることになる

ヨフンとテジュンの2人と彼らを追う刑事と捜査隊班長、すべてが標的

※フランス映画「この愛のために撃て」のリメイク作品

 

チングさんは、ヨフンの弟・ペク・ソンフンを演じています。

 

次はパク・ボゴムさん「里芋少年」と呼ばれるようになった作品です。

 

2014年 「バトル・オーシャン 海上決戦」 イム・ジュニョン役


1597年の鳴梁大捷(ミョンニャンデチョプ)=慶長の役を描いた作品

 

<主な登場人物>

◆朝鮮側

■李舜臣(イ・スンシン)将軍:チェ・ミンシクさん

 

■イム・ジュニョン:チングさん

偵察兵

■イ・フェ:クォン・ユルさん

イ・スンシンの息子

 

■ぺ・スボン:パク・ボゴムさん

戦死したぺ・ホンソクの息子

※パク・ボゴムさんについて詳しくはこちら(パクボゴムさんの魅力を徹底紹介!ドラマ・映画・司会・音楽とマルチに活躍!その人気の秘密は○○にあった!)

 

◆日本側

  • 来島 通総(くるしま みちふさ):リュ・スンリョンさん
  • 脇坂 安治(わきざか やすはる):チョ・ジヌンさん
  • ハル(狙撃兵):ノ・ミヌさん

 

次は役作りにひと工夫した作品。

 

2014年 「セシボン」 イ・ジャンヒ役


1970年代に実在した音楽鑑賞室「セシボン」が舞台

実在した伝説のフォークデュオ「ツインフォリオ」誕生秘話と切ない恋を描いた作品

 

 

実在する人物であるイ・ジャンヒの若い頃を演じたチングさん。

この作品は40代のイ・ジャンヒ視点で話が始まります。

そのため、若い頃の人物設定があまりなく(特に視点の持ち主ジャンヒ)、チングさんは役作りに苦労したといわれています。

 

「(役作りが)難しかった」と語ったチングさんは、こんな工夫をしたそうです。

『これでは説明するだけで消えるだろうなと思った。ビジュアルでも残そうと髭を生やし、かつらを被った』

https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2013960

 

作品中のあの独特の雰囲気は、チングさんのアイデアによるものだったのですね。

当時の時代背景によって起こる悲劇もありますが、役者さんたちの歌声と、70年代のファッションがステキです。

 

次の作品は「26年」メンバーが友情出演しています

スポンサーリンク

太陽の末裔のソデヨン役(チングさん)の映画出演作を紹介!~その⑤~

2014年 「アトリエの春、昼下がりの裸婦」 巡査役(友情出演)


1960年代末の韓国が舞台

  • 病により創作意欲を失った彫刻家
  • 静かで献身的な愛をみせる妻
  • 夫のために妻が見出したモデル

 

彫刻家とモデルより深い絆で結びつく2人とそれを見守る妻

その映像の美しさから、海外の映画祭に多数ノミネートされ、受賞した作品です。

チングさんは、巡査役で友情出演しています。

 

次は、チングさんの海軍での経験が活かされた作品です。

 

2015年 「ノーザン・リミット・ライン 南北海戦」 ハン・サングク役


2002年に起きた「第2延坪(ヨンピョン)海戦」をベースに映画化したもの

※日韓ワールドカップの開催中に起きた事件

(当時は、韓国がトルコと3位決定戦を行なっていた)

 

<主な登場人物>

ユン・ヨンハ:キム・ムヨルさん

大尉

チャムスリ357号艦長

 

ハン・サングク:チングさん

副士官

操舵長

 

パク・トンヒョク:イ・ヒョヌさん

上兵

医務兵

※この3名は、戦いによって亡くなった方々

 

また、原作者のチェ・スンジョさんは、北朝鮮側の司令官として出演。

(海軍副士官だったチェ作家は、自費で取材し小説化したそうです)

政治的な問題が絡むため、映画化も難航したと伝えられています。

 

エンドロールには、第2延坪(ヨンピョン)海戦で亡くなられた6名の写真が映し出されます。

(北朝鮮側の言い分は異なるようです)

 

次は前作と一転、軽やかで憎めない役で出演。

 

2017年 「ワンライン 5人の詐欺師たち」 チャン・ソック(パク・ソック課長)役


詐欺業界で伝説の詐欺師(!)チャン・ソック

ひょんなことから出会った貧乏学生のミンジェに才能を見出し、チームで次々と“仕事”を成功させていく…

「ワンライン」のチャン課長ことチングさんが、とても楽しそうに見えたこの作品。

演じた本人も「100%のシンクロ率」と話すくらいです。

 

さらに

『チャン課長を演技する時、大変なことはなかったんです。

逆に「こんなに気楽に演技してもいいのか」と思うほど、僕が間違った道へ進んでいるのではないのか、怖いほどでした。

そのたびにヤン・ギョンモ監督が正しい道へ進んでいると励ましてくれました。それで僕は監督を信じて前に進みました』

https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2066869

と語っています。

以前は役作りのため、“ひとりで部屋にこもり考えるスタイル”だったそうなのですが

『一人でやろうとしたので、結局いつも不正解ばかり出したんです。

(中略)台本に対して最も詳しく知っている人は監督や作家なのに、一緒に悩み、勉強したらより簡単だったはずなのに。

今は何も書いてないノートを持って行って、一緒に作って行きます』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2066869

と自身の演技・役作りに対する変化を話していました。

 

「太陽の末裔」のソデヨン役により、演技の実力に人気が追いついてきて、自信と余裕が出てきたのかもしれませんね。

 

次の作品は「セシボン」の縁でしょうか。

2018年 「王の預言書 / 興夫(フンブ)」 ヨン・ノルブ役(友情出演)


韓国の古典小説「興夫伝(フンブジョン)」誕生の過程を新たな視点で描いた作品

 

「セシボン」では、オ・グンテ(チョンウさん)の恋も応援するイ・ジャンヒを演じたチングさん

ここでは、兄を演じています。(登場シーンが少ないのが残念)

次にドラマ、映画以外の出演作を紹介します。

■「太陽の末裔」の記事一覧もぜひあわせてご覧ください♪

「太陽の末裔」を「全話無料」でゆったりお得に見る方法

「太陽の末裔」「チングさん出演作」を「全話無料」でゆったり見る方法

「『太陽の末裔』で見逃した回があるので、全話ちゃんと見てみたい!」「チングさん演じる、魅力たっぷりのソデヨンをもう一度見たい!」「チングさんの他の出演作も気になる!」という方も多いと思います。

ただ、ネットで何でも見れる今の時代、「できればお金はかけずに無料のサイトで楽しみたい!」と思うのが、現代人の普通の心情ですよね。

 

そんな「太陽の末裔」や「チングさん出演作」をじっくりと楽しみたい方は、U-NEXT「無料トライアル」を使って見るのも一つの方法ですよ♪

しかも!「太陽の末裔」はU-NEXTだけの独占見放題配信なので、無料で見られるのは本当にU-NEXTだけ!

「無料期間」も、「動画配信サービス最長の31日間」なので、余裕を持って楽しむことができますね

「チングさん出演作」「花を咲かせろ!イテベク!」「アンタッチャブル」「王の予言書」「ワンライン」などいろいろとそろっています☆

U-NEXTで「太陽の末裔」を無料で見る

U-NEXTの配信状況やメリットを詳しく見る

※いつでも解約OK!

U-NEXTの解約方法はこちら

※本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください

太陽の末裔のソデヨン役(チングさん)のMV・ミュージカル出演作を紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

#리갈하이 #촬영중

JinGoo(@actor_jingoo)がシェアした投稿 –


<ミュージカル>

2011年 「아가씨와 건달들 (お嬢さんとゴロツキ:直訳)」

 

<ミュージック・ビデオ>

  • 2007年 「Sonata of Temptation / Ivy」
  • 2009年 「Shout to the Heart / Monday Kiz ft. Rhymer」
  • 2009年 「Scar / Monday Kiz」
  • 2009年 「Stupid / Yoon Seo Jin」
  • 2013年 「V / Lee Jung Hyun」

 

このミュージック・ビデオ、監督がパク・チャヌクさんという点でも話題になりました。

ここまで、ソデヨン役を演じた「太陽の末裔」以外にも、チングさんのいろいろな出演作を紹介しました。

続いて、共演したあの方とのエピソードや、チングさんご自身がインタビューで語った話などをお伝えします。

スポンサーリンク

太陽の末裔のソデヨン役(チングさん)の人柄を詳しく紹介!

■最初は、チングさんが「兄貴」と慕うイ・ビョンホンさん


チングさんのデビュー作「オールイン(2003)」で、イ・ビョンホンさんの少年時代を演じたときからの縁が続くお二人です。

2013年に出演した「芸能街中継」では、このような話をしたそうです。

『彼(=イ・ビョンホンさん)は優しくて親切な先輩だが、僕には気難しい』

チングさんが、事務所をイ・ビョンホンさんが所属するBHエンターテインメントに移したのも有名な話です。

 

当然、2013年のイ・ビョンホンさん&イ・ミンジョンさんの結婚式にも出席。

先輩の幸せを直接お祝いしたそうです。

 

2016年にソウルで開催したファンミーティングの中で

『イ・ビョンホン先輩は僕が本当に尊敬する好きな方だ』

 

『普段は難しく恐ろしくなる先輩だが、デビューしてから作品が終わると「このシーンが良かった」、「呼吸が良かった」と褒めてくださった』

 

『しかし映画「母なる証明」以降は褒めるのが終わってしまった。その後「俺にはこれ以上言うことはない」と賞賛してくださった』

出典:https://korepo.com/archives/200591

と尊敬する大先輩について語っています。

※「オールイン」について詳しくはこちら

 

また、バラエティ番組などで語られる共演者たちへの愛情や、共演者からのチングさん像に人柄が垣間見えます

 

■共演者たちへのことば

◆キム・ムヨルさん、イ・ヒョヌさん(ノーザン・リミット・ライン 南北海戦)

『俳優たちがたくさん出る映画だったが、とても気のいい弟たちだったので、現場をよくリードしてくれて呼吸がさらに良かった。

キム・ムヨルは年下だが、しっかりしていて優しかった。

一方イ・ヒョヌは可愛くていたずらをよくするのが魅力だが、最高の魅力はリアクションだ』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2019788

 

◆ソン・ジュンギさん(太陽の末裔)

『ソン・ジュンギと僕の関係はトムとジェリーに似ている。僕がトムだ。僕が大抵負けるからだ。

ソン・ジュンギが僕より年下でよくいたずらをするが、時には兄のような感じがする。

僕は年上なのに滑稽な時がある』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2041034

 

◆ソン・ヘギョさん(太陽の末裔)

『ただ憧れていたスターだったのに、同じアングルに捉えられたこと自体が嬉しかった』

『制作発表会当時にソン・ジュンギさんが、友だちがソン・ヘギョさんと演技するのを見て「成長したな」と言ったと話したが、僕は僕自身がそう思った。

僕って、成長したな。緊張しない自身を見て、さらにそう感じた』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2041350

※ソン・ジュンギさん、ソン・ヘギョさんについて詳しくはこちら↓↓

ソンジュンギさんの魅力を徹底紹介!実は真面目で義理堅い!涙を誘う素晴らしい人格!

ソンヘギョさんの出演作品(ドラマ・映画)、ユアインさんたちとの交友関係、美人エピソードを徹底紹介!世界が認める美貌の持ち主は完売の女王!?

 

■共演者たちからのことば

◆キム・ムヨルさん

『チン・グ兄さんは一番年上の兄としてのカリスマ性と包容力があって、イ・ヒョヌは可愛さと愛嬌を多く見せてくれて、より楽しく撮影に取り組むことができた』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2019788

◆イ・ヒョヌさん

『撮影現場の外でも兄さんたちが余りにもよく面倒をよく見てくれて幸せだったし、6ヶ月間苦楽を共にしながら、本当に多くのことを学んだ』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2019788

◆キム・ミンソクさん (太陽の末裔)

『ソン・ジュンギ先輩は意外と厳しい。おかげで僕も緊張して色んな事を学んでいる』

『チン・グ先輩はたくさん応援してくれるタイプ』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2042581

『最近「太陽の末裔」1周年記念パーティーをした。

そこでチン・グ兄さんに会えて涙が出た。

「小鳥(=ドラマ内でのニックネーム)、なぜ泣いているのと慰めてくださって「成長した」とも言ってくださった』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2066546

 

◆キム・ソニョンさん(ワンライン)

『実物が本当にハンサムだ。画面上では良く見えない』

 

『実は初めて出会ったのは昔だ。映画「アイスケーキ」で共演した。10年も前のことだ。当時は第一印象が非常に良くなかった。セリフを読んだが、おかしかった』

『今回話してみたら違った。真心がたくさん感じられた』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2065543

 

チングさんは、自分のことを“母親タイプ”と話していましたが、特に後輩に接する温かい姿が目に浮かぶようですね。

 

■寂しい片思い

2013年末に出演した「無限に挑戦」“寂しい友だち”コーナーで

『実は好きな人がいるが、今年は告白ができないと思う』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2004071

と自身の片思いを打ち明けていたチングさん。

 

しかし、そんな寂しい片思いも卒業!

交際から約半年で結婚に至ります。

お相手は、友人(歌手のGummyさん)の紹介で知り合った一般女性(知恵:ジヘさん)

 

招待状にも

『毎晩 知恵(ジヘ=新婦の名前)をくださいと祈りました』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2004071

と書かれていたそうです。

 

2014年の結婚式では、親友でもあるパク・ヒョジュンさんとイ・ヨンミンさんが司会を務めます。

(パク・ヒョジュンさんの結婚式では、チングさんとイ・ヨンミンさんが司会)

 

また、「セシボン」で共演したカン・ハヌルさんとチョ・ボンレさん(作品内でツィンフォリオ役)のお二人が、ギターと歌で祝うというおまけつきです。

 

2015年「セシボン」共演者と出演した番組では

結婚して良かったことを尋ねられ

『一つだけではない。全部良い』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2011645

と答え

『見ているのか?』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2011645

と画面を通じて奥さまに呼びかけたとか(笑)

 

また、別の番組では

『初めて出会った時はがっかりしたけど、帰り道には「この女性と結婚しそう」と思った』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2022369

と出会いの頃のことを明かしています。

 

その後も、

 

『今もっとも会いたい人は、妻のお腹にいる子ども』

『新しい命に出会い、僕も新しい人生に出会ったような気がする。新しく頂いた人生、感謝する気持ちで一生懸命に生きる』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2021340、https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2023585

と家族を愛する気持ちを率直に口にし続けています。

 

そして2番目のお子さんが誕生したときには、このような投稿を。

「welcome no.2 !」

 

第二子誕生時のインスタグラム

 

この投稿をInstagramで見る

 

welcome no. 2!

JinGoo(@actor_jingoo)がシェアした投稿 –

父としての喜びが伝わってくるようです。

 

■日本との縁

日本のドラマに出演したり、原作も読んだり見たり…と、日本との縁を感じさせるチングさん。

ロケで来日して滞在経験もあることから、共演者と旅行にくることもあるようです。

2018年の「アンタッチャブル」日本放送に合わせたインタビューでも

『韓国から近いので、福岡に行きました。

私とジファンさんと、チェ刑事役で登場するペ・ユラムさんの3人で、3泊4日で行って来たんですよ。

湯布院に行って温泉につかったり……。

それから、お二人は日本旅行が初めてだったので、日本の美味しい食べ物や、福岡の美味しいお店を紹介してあげました』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2093970

と語っています。

今は、新型コロナウィルス騒動で旅行が容易ではありませんが、落ち着いたら訪れてほしいですね。

 

◆日本のドラマや漫画が好きらしい:スラムダンク

 

この投稿をInstagramで見る

 

너무나 오랜만에 옛추억을 만나다.. ⛹️‍♂️ #슬램덩크 #스라무단쿠 #슬램덩크 100개의 명언집

JinGoo(@actor_jingoo)がシェアした投稿 –


◆アンタッチャブル&由布院 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#Catch me if you can #yufuin #untouchable #배스타 #박배우

JinGoo(@actor_jingoo)がシェアした投稿 –

最後に、ソデヨン役のチングさんの魅力について簡単にまとめます。

「太陽の末裔」の記事一覧も是非あわせてご覧ください♪

スポンサーリンク

太陽の末裔のソデヨン役(チングさん)のドラマ・映画出演作、人柄を徹底紹介!~まとめ~

「太陽の末裔」でソデヨン役を演じたチングさんの特徴は、何といっても出演した映画作品の多さ!

加えて、武闘派(軍人・兵士・ヤクザなど)の役が多いと思いませんか?

 

海軍での兵役を終えて、芸能界デビューしたチングさん。

無口で、実年齢より落ち着いた印象を与えるのは、そのせいかもしれません。

 

でも実際は、

撮影現場を盛り上げたり、後輩たちを気遣う「面倒見の良い兄貴的存在」

片思いの人になかなか告白できなかったり、結婚後も愛妻家ぶりを発揮する「愛情深い男」

 

そう!「太陽の末裔」ソデヨンそのもの!

ご本人も「メロ(ロマンス)にずっと出演したかった」と言ったらしいので(笑)、今後はそんな甘〜い役をたくさん演じてほしいと思います。

 

太陽の末裔についてはこちらもどうぞ↓↓

「太陽の末裔」の記事一覧!

太陽の末裔の動画(日本語字幕・吹き替え版)は最終回まで無料で見れる!伝説的な大人気の甘いロマンスは必見です!

太陽の末裔の最終回結末(16話)をネタバレ!ソンソン・グウォンカップルはハッピーエンド!?ラストはまさかの○○!

太陽の末裔のソンジュンギさん(ユシジン役)の魅力を徹底紹介!実は真面目で義理堅い!涙を誘う素晴らしい人格!

太陽の末裔のソンヘギョさんの出演作品(ドラマ・映画)、ユアインさんたちとの交友関係、美人エピソードを徹底紹介!世界が認める美貌の持ち主は完売の女王!?

太陽の末裔のオニュ(オンユ)さん(チフン役)のドラマ・ミュージカル出演作、歌声、兵役などを徹底紹介!豆腐のように温和で柔らかい!韓国を代表するリーダー!

太陽の末裔のミョンジュ役(キムジウォンさん)のドラマ・映画出演作、人柄を徹底紹介!内面はお豆腐メンタルを克服したプリンメンタル!?

 

太陽の末裔のロケ地~ギリシャ・海・難破船・韓国(ウルク)編~海外と国内の融合で架空の地を見事に再現!

太陽の末裔のロケ地~ソウル・カフェ・病院・居酒屋(韓国国内)編~カップル・ブロマンス別に思い出の場所を厳選して紹介!

当サイトでは「トンイ」、「トッケビ」、「雲が描いた月明かり」、「奇皇后」、「オクニョ」など、時代劇を中心に韓ドラに関する情報を多数紹介しております。

ぜひ目次からお好きなドラマの記事をご覧ください!

人気記事↓↓

トンイは実話で実在の人物?史実との違いに驚愕!

トンイのキャストを総まとめ!主要キャストから脇を固めるベテランまでどこよりも詳しく紹介!

トンイの子役の詳細と現在の状況(画像)は?3人の子役それぞれの魅力に迫ります!

奇皇后は実在した!世界史上屈指の下克上を成し遂げた女性の生涯とは!?

奇皇后のタルタル役(チンイハン=キムジハン)はどんな人?イケメンなだけじゃない、抜けた部分も魅力です!

花郎(ファラン)でのテテ(ハンソン)のキスシーン&死ぬシーンを詳しく紹介!権力者に翻弄される若者たちの悲しい結末とは!?

花郎(ファラン)のOST(歌・曲)を主題歌・挿入歌・エンディング曲に分けて詳しく解説!素晴らしい音楽がロマンスや複雑な思い、若さあふれる情熱を見事に表現!

花郎(ファラン)とは?意味や歴史、実在した新羅の制度を詳しく紹介!なんと日本や他国、他のドラマとも深いつながりが!?

イサンとトンイの関係は?指輪や家系、共通のキャストなど、驚くべき深いつながりを詳しく紹介!知れば知るほど面白い!興味深い関わりが満載!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
アラフォーのフリーランス。 
冬ソナブームの頃には興味がなかった韓ドラにハマって数年。

時代劇が好き。
そして復讐ドロドロ系にツッコミを入れたり、ラブロマンスにときめいたりの毎日です。

読み書きは今ひとつの耳だけハングルなので、最初に覚えた韓国語は、
「~씨(~ッシ)」「아이고(アイゴー)」「어머(オモ)」の3つ。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© まりこの韓国ドラマチャンネル , 2020 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。