韓国ドラマ、映画の情報を詳しく紹介しています!

イサンのイ・ソジンさんの現在の活動やドラマ・映画出演作(全作!)・素の性格が楽しめる「三食ごはん」などのバラエティでのエピソードを徹底紹介!「ギャップ萌えの帝王」に胸キュンが止まりません!

まりこ
WRITER
 
イサンのイ・ソジンさんの現在の活動やドラマ・映画出演作・性格、人柄がわかる「三食ごはん」などのバラエティでの面白エピソードなどを徹底紹介!
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
アラフォーのフリーランス。 
冬ソナブームの頃には興味がなかった韓ドラにハマって数年。

時代劇が好き。
そして復讐ドロドロ系にツッコミを入れたり、ラブロマンスにときめいたりの毎日です。

読み書きは今ひとつの耳だけハングルなので、最初に覚えた韓国語は、
「~씨(~ッシ)」「아이고(アイゴー)」「어머(オモ)」の3つ。

出典:https://www.seojinlee.com/xe/news

「ウィンクする国王」として話題になった「イサン」の王様といえば、もちろん「正祖(チョンジョ)=イ・サン」

子役のパク・チビンさん」からの自然な交代も、視聴者の共感を呼びました。

 

演じるのは、イ・ソジンさん。

「ドラマだけでなく、映画、そしてバラエティ番組で見たことがある」という方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、「幅広い活躍をするイ・ソジンさん」を取り上げ、詳しくお伝えします。

さっそく、プロフィールからみていきましょう!

スポンサーリンク

イサンのイ・ソジンさんのプロフィール・ドラマ出演作(その①)を詳しく紹介!

プロフィール

氏名(カナ):イ・ソジン

英語表記:Lee Seo Jin

韓国語表記:이서진

漢字表記:李瑞鎭

 

生年月日:1973年1月30日

家族:兄・姉のいる三兄弟

身長・体重:178cm 68kgくらい

出身:ソウル特別市

 

学歴:レナード・N・スターン・スクール(ニューヨーク大学大学院MBA)

※イ・ソジンさんは高校から米国留学

 

趣味:エクササイズ、ゴルフ、スキー、ロッククライミング、映画鑑賞、コンピューター

ニックネーム:ナショナル・ポーター(国民の荷物持ち)

 

所属事務所:Hook エンターテインメント

デビュー:1999年 ドラマ「波の上の家」

「26歳(日本式・満年齢)でのデビュー」ということもあり、「遅咲きの新人」といわれることも!

その一方で、“第2のハン・ソッキュ”として注目される面もあるようです!

 

ここからは、そんな「イ・ソジンさんのドラマ出演作」を、「イサン」も含めて詳しく紹介します!

ドラマ

1999年 「波の上の家」 ユンサン

1999年 「王祖(ワンチョ)」 マドロス


「実在した“乞食王”キム・チュンサムさんの生涯」を描いた作品

 

彼は、1930年代の日本統治下から始まり、1950年代の朝鮮戦争、そして軍事政権下という動乱の時代に、「庶民のために生きた伝説の人物」です。

時代背景や、筋書きからすると、あまり日本では放送されないかもしれません。

 

キム・チュンサムを演じるのは、チャ・インピョさん。

彼の初恋であり、生涯思い続ける女性ヨンジが、ソン・ユナさん。

 

そのほか

キム・サンギョンさん、ホ・ジュノさん、イ・フンさん、キム・ナムジュさん、パク・サンミョンさん、チェ・ジョンファンさん、チョン・ジュノさん、ソン・イルグクさん…

このメンバーが揃う作品は、なかなかないでしょうね!

 

イ・ソジンさんは、「チュンサムの幼なじみドゥハンの子分マドロス」を演じます。

 

4月〜6月に予定より4話延長して放送された、ちょっと曰くつきの作品」

というのは、視聴者から“事実を誇張している” “美化しすぎている” と批判にさらされたものなのだとか。

 

しかも、当初5月放送開始予定だった「王祖(ワンチョ)」

その前に放送されていた作品が、「日本のドラマ『ラブ・ジェネレーション』と極似しているという指摘を受け早く終了した」、というオマケつきの作品です。

 

2001年 「彼女の家」 イ・ジュニ


ご近所に住み、双方の家族も顔馴染みのヨンウク(キム・ナムジュさん)とテジュ(チャ・インピョさん)の秘密交際カップル

「この2人の交際を軸に、くり広げられる双方の家族の生きざまや愛」を描くドラマ

 

ストーリーを盛り上げる、「もうひと組のカップル」がこちら!

ヨンウクの従姉妹ヨンチェ(キム・ヒョンジュさん)と、テジュの家に住むジュニ(イ・ソジンさん)

 

2組のカップルは、お互いの生まれ育った環境も、家族関係も異なり、さまざまな問題に直面します。

この作品で、イ・ソジンさんは「MBC演技大賞 新人演技賞」を受賞しました。

 

2001年 「優しい男 イ・ヨンウ」 イ・ヨンウ

2002年 「君に出会ってから」 カン・ミンソク

「中国から韓国にやって来た朝鮮族の女性オクファ(チェ・ジンシルさん)」と、「新聞記者ギウォン(リュ・シウォンさん)」のキュートなラブストーリー

 

イ・ソジンさんは、「学生のカン・ミンソク」として登場

(前作と異なり、「裕福な家庭で育った御曹司」という設定)

2002年 「星を射る」 キム・ドフン

「文字を読むことのできない青年(チョ・インソンさん)」と、「兄と暮らしながら幸せな結婚を夢みる女性(チョン・ドヨンさん)」のロマンスを描く

<主な登場人物>

■ク・ソンテ:チョ・インソンさん

文字が読めない俳優志望の青年

 

■ハン・ソラ:チョン・ドヨンさん

兄と暮らす女性、のちにソンテのマネージャーになる

 

■ハン・パダ:パク・サンミョンさん

ソラの兄、女優イェリンの元マネージャー

 

■キム・ドフン:イ・ソジンさん

芸能マネージャー

ドフン、かなりイヤな奴です!

イ・ソジンさんの悪役ぶりにちょっと”ビックリ”するかもしれません。

 

・・・とここまで、「脇役や敵役」が続いたイ・ソジンさん

次に出演したこの作品で、女性ファンが急増します!

 

2003年 「チェオクの剣」 ファンボ・ユン

原題は「茶母(タモ)」

 

捕盗庁(ポドチョン)で「茶母(タモ)」として活躍するチェオク(ハ・ジウォンさん)

彼女の上司であり、信頼しあい、心を寄せる「左捕盗庁・従事官」ファンボ・ユン(イ・ソジンさん)

 

そして

捕盗庁が追う事件に関係する「盗賊のリーダー」、チャン・ソンベク(キム・ミンジュンさん)

 

ある事件の捜査を通じて、3人の運命が交錯するアクション時代劇!

↑ チェオク、ファンボ・ユン、ソンベクの3人↑

※ソンベク役のキム・ミンジュンさんは、「花郎(ファラン)」で「百済のチャン太子」を演じています

 

「三大廃人ドラマ*(エンディングの衝撃と、〇〇ロスで廃人のようになる作品)」と呼ばれるうちの1作です。

<三大廃人ドラマ>

「ごめん、愛してる」(ソ・ジソブさん、イム・スジョンさん)

「バリでの出来事」(ハ・ジウォンさん、チョ・インソンさん、ソ・ジソブさん)

「チェオクの剣/茶母(タモ)」(ハ・ジウォンさん、イ・ソジンさん、キム・ミンジュンさん)

左から、チェオク、ファンボ・ユン、イ・ウォネ(クォン・オジュンさん)↑

※ハ・ジウォンさんとクォン・オジュンさんは「奇皇后」でも共演しています

 

次に紹介するのは、昨年「現代版リメイク」が話題になったあの作品!

スポンサーリンク

イサンのイ・ソジンさんのドラマ出演作を詳しく紹介!~その②~

2004年 「火の鳥」 チャン・セフン


一度は別れた2人が、数年後、立場を変えて再会する

「男性は成功した実業家」として、「女性はそこで働く家政婦」として…

<主な出演者>

■ジウン:イ・ウンジュさん

家政婦、元社長令嬢

■セフン:イ・ソジンさん

ジウンの元夫、実業家

■ジョンミン:エリックさん

御曹司

■ミラン:チョン・ヘヨンさん

ジウンの友人、セフンの婚約者

2020年に「火の鳥 2020」としてリメイク!

基本的な人間関係などは変えず、「少し時代にあわせた作品」として放送されました

<2020年版のキャスト>

■ジウン:ホン・スアさん

■セフン:イ・ジェウさん

■ジョンミン:ソ・ハジュンさん

■ミラン:パク・ティンさん

 

2006年 「フリーズ」 ペク・ジュンウォン


5部作のシネマティックドラマ

「ヴァンパイアと人間の時間を超越した恋」を描く

 

イ・ソジンさんが演じるのは、「ワインバーを経営するヴァンパイア・ジュンウォン」

 

「彼を愛するヴァンパイア(ソン・テヨンさん)」と「高校生(パク・ハンビョルさん)」の過去や家族も絡むちょっと切ないラブストーリー

 

2006年 「恋人」 ハ・ガンジェ


海南島を舞台に始まる、「ヤクザと女医」という環境の異なる2人のラブストーリー

イ・ソジンさん演じる「ハ・ガンジェ」は、通称“エクボの親分”

<主な登場人物>

■カン会長:チェ・イルファさん

ヤクザのボス

■カン・セヨン:チョン・チャンさん

ヤクザのボスの息子

■ハ・ガンジェ:イ・ソジンさん

ヤクザ

■ユン・ミジュ:キム・ジョンウンさん

美容整形外科医

■パク・ユジン:キム・ギュリさん

ガンジェの恋人・セヨンの初恋

個人的には

「ガンジェの部下テサン役の、可愛らしいキム・ナムギルさん」に、ついつい、目がいってしまいます。

 

2007年 「イサン」 イサン

「第22代国王・正祖(チョンジョ)=イサン役」

出典:http://program.imbc.com/isan

イ・ビョンフン監督によれば

『主演男優イ・ソジンは、美男子ではないが多様なイメージと独特の魅力をもっており、波瀾万丈な生涯を送った正祖役にぴったりだった』

 

『運動神経も良く、ドラマの中では常に代役を使わずに馬に乗って走り、アクションシーンも立派にこなした』

 

『演技においては言うことなしだが、問題はイタズラが過ぎるということだった』

参考図書:チャングム、イ・サンの監督が語る韓流時代劇の魅力 イ・ビョンフン著

このように、「イタズラ好きの王様」としてスタッフや共演者たちに知られているイ・ソジンさん。

 

どのようなイタズラだったのか?

後ほど、「撮影裏話として伝わるいくつかのエピソード」をご紹介しますね。

イサンの記事一覧!もぜひあわせてどうぞ♪

 

次に紹介するのは、「多くの有名人が本人役で特別出演した」あの作品!

スポンサーリンク

イサンのイ・ソジンさんのドラマ出演作を詳しく紹介!~その③~

2008年 「オンエアー」 本人役(特別出演)

テレビ局での番組制作過程をリアルに描いた作品

故パク・ヨンハさん主演

多くのタレントさんが、「本人役など特別出演した」ことでも話題になった作品

 

2009年 「紅の魂」 シン・リュ(リュウ)

イ・ソジンさん主演「紅の魂」公式ポスター

出典:http://program.imbc.com/hon

「納涼特集ドラマ」の1作
(日本と似ていますね)

 

殺されて幽霊となった双子の妹が姉にのりうつる

犯罪プロファイラーのリュは、その姉を通して「自分の母と妹を殺した犯人」を探し出し、次第に悪に染まっていく

 

イ・ソジンさんの、単に悪を懲らしめる正義の人だけでない“善悪あわせ持つ”魅力が発揮される作品(ホラーが苦手な人には、刺激が強すぎるかも)

<主な登場人物>

■シン・リュ(リュウ):イ・ソジンさん

犯罪プロファイラー

周囲から“オム・ファタール”と呼ばれるほど、危険で魅力的な人物

 

■ユン・ハナ:イム・ジュウンさん

高校生

双子の姉(妹の霊が憑依)

 

■ユン・ドゥナ:ジヨンさん

ハナの双子の妹

 

■イ・へウォン:イ・ジンさん

精神分析医

リュ(リュウ)の元恋人

 

■チョン・シウ:パク・ゴニルさん(元超新星・現SUPERNOVA)

ハナの友人

 

<そのほか>

■リュ(リュウ)がDNA鑑定を依頼する人物として、「イサン」でサンの護衛ソ・ジャンボを演じたソ・ボムシクさんが登場

 

2011年 「階伯(ケベク)」 階伯(ケベク)


「百済(ペクチェ)最後の将軍・階伯(ケベク)」の生涯を描いた作品

 

国としては対立する「新羅(シルラ)の金庾信(キム・ユシン)」ですら、その命を奪うのをためらうほどの人物「階伯(ケベク)」

「歴史のなかの悲劇の主人公」を、イ・ソジンさんが演じます。

<主な登場人物>

■階伯(ケベク):イ・ソジンさん

※少年時代:イ・ヒョヌさん

 

■義慈(ウィジャ)王:チョ・ジェヒョンさん

※少年時代:ノ・ヨンハクさん

 

■サテク妃:オ・ヨンスさん

 

■ウンゴ:ソン・ジヒョさん

※少女時代:パク・ウンビンさん

 

■フンス:キム・ユソクさん

階伯(ケベク)・義慈(ウィジャ)王と義兄弟の契りを交わす

 

そのほか

「イサン」でサンの護衛2人も、「百済(ペクチェ)側の人物」として登場

■ヨンス:チャン・ヒウンさん

■サゴル:ソ・ボムシクさん

 

2014年 「本当に良い時代」 カン・ドンソク


慶州(キョンジュ)の小さな街に、検事として戻ってきたドンソク(イ・ソジンさん)

学生時代から常に成績優秀、しかもルックスまで備えていた彼にとって、故郷の街は必ずしも温かい思い出ばかりではなかった…

 

歴史の主人公から一転、イ・ソジンさんは、「優秀な検事として自分の人生と、家族との関わりに悩む一人の人間」を演じます。

 

彼の人生から切り離すことのできない家族、そして初恋の女性…さまざまな出来事がありますが、最後は心あたたまる物語。

 

<主な登場人物>

■カン・ドンソク:イ・ソジンさん

※少年時代:パク・ボゴムさん

検事

 

■チャ・へウォン:キム・ヒソンさん

少女時代:ミナさん(元AOA)

ドンソクの初恋

 

【ドンソクの家族】

■父テソプ:キム・ヨンチョルさん

■母ソシム:ユン・ヨジョンさん

■兄ドンタク:リュ・スンスさん

■姉ドンオク:キム・ジホさん

■弟ドンヒ:テギョンさん(2PM)

 

【へウォンの家族】

■母ミョンスン:ノ・ギョンジュさん

■姉へジュ:チン・ギヨンさん

 

2016年 「結婚契約」 ハン・ジフン


実母の治療のために「偽装結婚」した、レストランオーナー・ジフン(イ・ソジンさん)とシングルマザー・ヘス(ユイさん)の2人

さまざまな問題を乗り越え、本当の愛を育むラブロマンス

 

イ・ソジンさんは、傲慢な性格の「財閥2世ジフン」。

育った家は裕福であるものの、「実母は父の愛人という立場」で、必ずしも幸せな家庭・家族関係だったとはいえない人物。

 

「そのジフンが、ヘスとその娘ウンソンを愛し、大切にする姿」に、多くの女性ファンが虜になったと伝えられています。

<主な登場人物>

■ハン・ジフン:イ・ソジンさん

レストラン・オーナー

 

■カン・ヘス:ユイさん(元AFTER SCHOOL)

レストラン調理補助

シングルマザー

 

【ハン・ジフンの家族】

■父ハン会長:キム・ヨンゴンさん

■義母ユン・ソニョン:パク・ジョンスさん

■実母オ・ミラン:イ・フィヒャンさん

■異母兄ジョンフン:キム・ヨンピルさん

2019年 「トラップ」 カン・ウヒョン


国民的アナウンサー・ウヒョンの家族を襲った悲惨な事件

事件を担当する「刑事ドングク」には、「被害者であるウヒョンとの因縁」があった

 

誰が味方なのか分からない状況でドングクを支えたのは、「プロファイラー・ソヨン」だったのだが…

 

映画への出演をはさんで、「約3年ぶりのドラマ出演」となったイ・ソジンさん。

詳しく書くとネタバレになるので、匂わす程度にとどめますが、「おおっ、そう来たか!」と驚かせる演技でした!

 

<主な登場人物>

■カン・ウヒョン:イ・ソジンさん

国民的アナウンサー

 

■コ・ドングク:ソン・ドンイルさん

ウヒョンの事件を担当する刑事

 

■ユン・ソヨン:イム・ファヨンさん

ドングクとコンビを組むプロファイラー

 

【カン・ウヒョンの家族】

■妻ヨンス:ソ・ヨンヒさん

■息子シウ:オ・ハンギョルさん

次に、「2021年放送のイ・ソジンさんの最新作、現在の活動状況」について紹介します。

イサンのイ・ソジンさんの現在の活動(最新作)を詳しく紹介!

2021年 「TIMES」 イ・ジヌ

出典:https://www.hancinema.net/korean_drama_Times.php
大統領が演説中に狙撃され、死亡!

ショッキングな事件の間に、「過去と現在に生きる2人の記者」が、真実を追い求める

 

最初、イ・ジェフンさんとチョ・ジヌンさんの関係みたいな「シグナル」のような展開かと思いきや、過去と現在が出会うことでストーリーが急展開!

 

「イ・ソジンさん演じるジヌ」は、相手が誰であろうとトコトン追求する人物。

「お抱え記者とは対極にある、物申す姿」がお似合いでした。

<主な登場人物>

■イ・ジヌ:イ・ソジンさん

TIMES代表記者

 

■ソ・ジョンイン:イ・ジュヨンさん

DBS記者

大統領の娘

 

■ソ・ギテ:キム・ヨンチョルさん

大統領

ジョンインの父

 

そして間もなく、「2021年内放送予定」なのが、こちらのWEBドラマ!

最新作

2021年 「内科パク院長」 パク・ウォンジャン

出典:https://www.hancinema.net/korean_drama_Internal_Medicine_Director_Park.php

同名のウェブ漫画が原作

8年目の現職開業医が描いた、厳しくも悲しい日常ストーリー

 

原作漫画の主人公は、「頭の薄いパク院長」。

 

イ・ソジンさんが、この院長をどのように演じるのか?

そしてお相手のラ・ミランさんとの掛け合いは?

 

「最近ドラマや映画では、ちょっと複雑な人物を演じることが続いたイ・ソジンさんが、どのような笑いを届けてくれるのか?』」楽しみです。

 

続いて、「イ・ソジンさんの映画出演作」をご紹介します

スポンサーリンク

イサンのイ・ソジンさんの映画出演作を詳しく紹介!

映画

2000年 「ゴーストタクシー」 キルラム


幽霊となったタクシー運転手が、悪質な幽霊タクシーを追うホラー&カーアクション

 

長年タクシー会社で真面目に働いてきた「キルラム(イ・ソジンさん)」

念願の個人タクシーを開業した彼は、恋人ユジョン(チェ・ユジョンさん)にプロポーズするために、指輪とバラの花束を準備してハンドルを握る。

 

目の前に現れた「ソウル444  サ4444」ナンバーのタクシーによって、高速道路から落ちて死亡したキルラムは、自身が「幽霊」となったことを知る。

 

彼は仲間の幽霊たちと、現世にいる友人と恋人を守るために、「4444」のタクシーを走らせる幽霊を追う。

<主な登場人物>

■キルラム:イ・ソジンさん

幽霊タクシー運転手

 

■ピョンス:イム・ホさん

キルラムの友人、タクシー運転手

 

■ユジョン:チェ・ユジョンさん

キルラムの恋人

 

■オーケイ:チョン・へギュンさん

キルラムの仲間の幽霊タクシー運転手

 

■ノンストップ:チョン・ジェヨンさん

キルラムの仲間の幽霊タクシー運転手

 

2001年 「アイ・ラブ・ユー」 パク・チンソン

4人の男女の交錯する愛を描く切ないラブストーリー

「ヒロインのヒョンスを演じたキム・ナムジュさん」の映画デビュー作品

 

ビデオ・ジャーナリストのヒョンスは、「死」をテーマにしたドキュメンタリー番組を制作中に「ある女性の死と、その死を見守る男性ジフ」に出会う。

 

後日、ヒョンスにかかってきた電話の声は、ジフ!

「亡くなった彼女ユジンには、他に愛した男性がいたこと」を語るジフ。

 

彼は、「ヒョンスとフィアンセのチンソン(イ・ソジンさん)の、小学校の同級生」であった。

<主な登場人物>

■カン・ヒョンス:キム・ナムジュさん

ビデオ・ジャーナリスト

 

■イ・ジフ:オ・ジホさん

恋人を看取った男性

ヒョンスの小学校の同級生

 

■パク・チンソン:イ・ソジンさん

ヒョンスのフィアンセ

ヒョンスの小学校の同級生

 

■イ・ユジン:ソ・リンさん

ジフの亡くなった恋人

余談ですが、

映画の前半、そして後半には「福岡市」で撮影された場面が多々登場します。

 

2005年 「無影剣 SHADOWLESS SWORD」 ソサム/テ・ジョンヒョン


韓国に伝わる

『渤海(パレ)の女剣士“紅羅女”が、1人で契丹(キタイ)に入り王子を救出した伝説』

『926年渤海(パレ)の最後の太子が、契丹(キタイ)に立ち向かう戦いを指揮した記録』

をベースに制作された作品

 

<主な登場人物>

■テ・ジョンヒョン:イ・ソジンさん

渤海(パレ)の太子

契丹(キタイ)では「ソサム」と名乗る

 

■ヨン・ソハ:ユン・ソイさん

渤海(パレ)の剣士

 

■クン・ファピョン:シン・ヒョンジュンさん

東契丹の刺客

元は渤海(パレ)人

 

■メ・ヨンオク:イ・ギヨンさん

東契丹の刺客

 

■飛刀門(ピドムン)主:チェ・ジウさん

武芸一門の後継者

特別出演

 

2014年 「今日の恋愛」 イ・ドンジン(特別出演)

「友達以上、恋人未満のサム(Some)」の2人

幼い頃から相手のことをよく知る「ジュンスとヒョヌのロマンス」を描く

<主な登場人物>

■カン・ジュンス:イ・スンギさん

小学校教師

 

■キム・ヒョヌ:ムン・チェウォンさん

YTN局お天気キャスター

 

■イ・ドンジン:イ・ソジンさん

YTNプロデューサー

ヒョヌの上司であり、不倫相手

 

2018年 「完璧な他人」 ホ・ジュンモ


友人夫婦の新居への引越し祝いに集まった2組の夫婦と1人の男性

この7名が、夕食をともにする間「スマホに届く電話、メール、カカオトークなどの全てを共有するゲーム」を始める

 

イタリア映画「おとなの事情」のリメイク作品

<主な登場人物>

■ソクホ:チョ・ジヌンさん

新居の持ち主

形成外科医

 

■イェジン:キム・ジスさん

新居の持ち主

精神科医

 

■テス:ユ・ヘジンさん

ソクホの高校時代の同級生

弁護士

 

■スヒョン:ヨム・ジョンアさん

テスの妻

専業主婦

 

■ジュンモ:イ・ソジンさん

ソクホの高校時代の同級生

実業家

 

■セギョン:ソン・ハユンさん

ジュンモの妻

獣医

 

■ヨンベ:ユン・ギョンホさん

ソクホの高校時代の同級生

元体育教師

 

そのほか、声だけの出演多数あり!
「イサン」の英祖(ヨンジョ)こと、イ・スンジェさんも声出演します

 

制作発表会で、「いくつかの裏話」が出演者たちから飛び出していましたので、ご紹介します。

 

チョ・ジヌンさんより

「光州(クワンジュ)のセットで撮影が終わると、毎晩のように出演者の皆で食事に行っていた。

その時に、毎回美味しいレストランを見つけるのが、イ・ソジンさん。」

 

ちなみに現場では「リサーチャー」というあだ名をつけられていたとか(笑)

 

◆キム・ジスさんからも

「演技に関する悩みはないのに、何を食べるか?で毎日悩んでいた」

「今晩、何食べる?」

が口癖だったと言われていました。

 

また、イ・ジェギュ監督作品への出演は、2003年の「チェオクの剣」に続いて2作目となるイ・ソジンさん。

「当時(チェオクの剣)はお互い若かったこともあり、緊張したが、今回は余裕を持って撮影に臨めた。

監督を信頼して演技ができた。」

と語り、

監督も

「幼なじみと一緒に仕事をするようだった。」

 

「胃もたれした時も、針で治療*してくれた。」

韓国での「民間療法」のひとつ、「痛むか….私も痛い」(チェオクの剣の名セリフ)を連想させる場面

と撮影エピソードを語っています。

 

このようにイ・ソジンさんの魅力のひとつが、「作品で演じているときと、素顔が垣間見られる時とのギャップ」ではないでしょうか。

 

続いて、「イ・ソジンさんの素の性格に『ギャップ萌え(笑)』するバラエティ番組」を。

スポンサーリンク

イ・ソジンさんの素の性格が楽しめるバラエティ①~花よりおじいさん編~

バラエティ番組

ここでは、「イ・ソジンさんがレギュラー出演していたもの」を中心にお伝えします。

花よりおじいさん


親友なのか、天敵なのか…「ナ・ヨンソクPD」によって、「ナショナル・ポーター(国民荷物持ち)」となるイ・ソジンさん。

 

「花より男子(2009)」の「F4」ならぬ「H4(할아버지 ハラボジ 4人組)」と、

「荷物持ち兼ドライバー兼ガイド役のイ・ソジンさん」が、限られた予算の中で世界各地の旅を楽しみます。

(イ・ソジンさんは楽しんでいたのか・・・?)

 

◆2013年 フランス・台湾編

<H4>

■長男:イ・スンジェさん(1934年生):イサン」の英祖(ヨンジョ)役で共演

■次男:シン・グさん(1936年生)

■三男:パク・グンヒョンさん(1940年生):「彼女の家」「火の鳥」で共演

■末っ子:ペク・イルソプさん(1944年生)

 

<荷物持ち>

イ・ソジンさん(1971年生)

「皆さん20代の頃からのお知り合い」というだけあって和気あいあい(言いたい放題 笑)

 

イ・スンジェさんは、バックパック旅行の経験を問われ

「リュックなら」

「朝鮮戦争の時に米を入れて避難した」

と迷回答。

 

「平均年齢76歳!大人の旅」の始まりです!

 

イ・ソジンさんは、打ち合わせでは「『少女時代』のサニーが好き」と照れまくり。

「俺も年だから…」とサポート役がついてきてくれることを希望する、何も知らないイ・ソジンさん。

 

<出発当日の空港>

ベテラン俳優(ハラボジ)4人が人生初のバックパック旅行へ。

行き先はフランス!

互いの顔を見て喜び、子供のように旅を楽しみにする「H4」メンバー。

 

一方、「少女時代メンバー2人との旅番組だ」と言われ(だまされ)、空港にやってきたイ・ソジンさん。

靴も服も新調して、待ち合わせ場所に向かう彼を待ち受けていたのは…少女時代」ではなく「老人時代!」(イ・スンジェさん談)

 

肩を叩かれる「世孫(セソン)」のイ・ソジンさん!

振り返ると、「お祖父さまこと英祖(ヨンジョ)」が微笑んでいる!

 

先輩4人に「どちらへ?」と挨拶をします。

行き先は同じパリ。

しかも、英祖(ヨンジョ)=イ・スンジェさんに手を握られている!

 

ここに来て、初めて事実を知るイ・ソジンさん!

ここから、「ナショナル・ポーター(国民荷物持ち)」としての活躍が始まります。

 

2014年 スペイン編

「H4」は、シーズン1同様(イ・スンジェさん、シン・グさん、パク・グンヒョンさん、ペク・イルソプさん)

「荷物持ち」もイ・ソジンさん

 

今回は「中級の旅」というナ・ヨンソクPD。

「1日あたりの予算を削減すること」を宣言。

 

ここから、ナPDとイ・ソジンさんの費用をめぐるバトル勃発(笑)

 

ところで、こんなサプライズも!

ゲスト:サニー(少女時代)!

 

シーズン1、イ・ソジンさんをだました罪滅ぼし(?)なのか、「ファンだ」と公言していたサニーさんがゲスト出演!

これには、イ・ソジンさんのエクボが深くなりました!

 

◆2015年 ギリシャ・ドバイ編

「H4」は変わらず(イ・スンジェさん、シン・グさん、パク・グンヒョンさん、ペク・イルソプさん)

「荷物持ち」もイ・ソジンさん

 

ただ、今回の「荷物持ち」は二人体制に

イ・ソジンさんのパートナーとなる、もう一人の「荷物持ち」は、なんとチェ・ジウさん!

イ・ソジンさんも相談相手がいて、ホッとしたのか「笑顔の場面」が多くなります。

その一方で、ジウ姫が「H4」と仲良くなりすぎて、話の輪に入れず拗ねる場面も(笑)

 

◆2018年 リターンズ(東欧編)

「H4」(イ・スンジェさん、シン・グさん、パク・グンヒョンさん、ペク・イルソプさん)

プラス新人1名:キム・ヨンゴンさん(1946年生)加入

「荷物持ち」は変わらず、今回もイ・ソジンさんです。

 

「一人で荷物持ちは大変だから」

と「若手投入」を告げられ、喜ぶイ・ソジンさん。

 

しかし、またしてもナ・ヨンソクPDにだまされた!

 

「H4」の中では、確かに「若手」(笑)

だけどイ・ソジンさんにとっては、「H4」「H5」になっただけ!

 

とはいえ、新加入のキム・ヨンゴンさんの「陽気なおしゃべり」で、道中もにぎやかに。

ムードメーカーとして、イ・ソジンさんを助けています。

ときにはイ・ソジンさんにとって「天敵か」と思わせるナ・ヨンソクPD

あるインタビューで「花よりおじいさん」シリーズについて、このように語っています。

『(イ・スンジェ先生とイ・ソジンさんの)二人を見ていると気分が良くなります』

 

『イ・ソジンさんがイ・スンジェ先生を、実際に自身のお爺さんのように接します。

とりわけ気をかけます。先生のことが大好きだからというのもあります。』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2019078

 

自分が画面にどう映っているかより、目の前にいるおじいさんたちを気遣い、大切にするイ・ソジンさんの姿」は、やはりスタッフにとってもよいものなのですね!

 

そして「H4」の最年長、いつも謙虚なイ・スンジェさんは、この「花よりおじいさん」シリーズに出演して

「この番組を通して一番伝えたいもの、人生の真理。

それは“幸せは身近にあるもの”なんだ。」

とおっしゃっていたのが印象的です。

 

次に紹介するのは、「イ・ソジンさんの魅力が凝縮された」あの人気バラエティ!

スポンサーリンク

イ・ソジンさんの素の性格が楽しめるバラエティ②~三食ごはん編~

三食ごはん

田舎町で、ほぼ自給自足ライフを行う「三食ごはん」


肉類を手に入れるために、レギュラー陣が労働でお金を稼ぐ姿も見どころ

 

◆2014年 農村:江原道(カンウォンド)旌善郡(チョンソングン)

<レギュラー>

イ・ソジンさん

テギョンさん(2PM)

「花よりおじいさん スペイン編」で、「慣れない料理」に奮闘したイ・ソジンさん。

そのときに付いたニックネームが“料理王”

 

「『料理王ソジン』みたいな番組にしたら?」という冗談が、「三食ごはん」の元となったそうです。

 

イ・ソジンさんとテギョンさんは、この年ドラマ「本当に良い時代」で共演。

兄弟という役柄だったこともあり、息のあったところをみせます。

 

「三食ごはん」の面白さは、ホスト(レギュラー陣)とゲストのやり取り!

 

初回のユン・ヨジョンさん、チェ・ファジョンさんをはじめとした「本当に良い時代」共演メンバー

シン・グさん、ペク・イルソプさん、イ・スンジェさんら「花よりおじいさん」メンバー

などなど

 

どの回も楽しく、当初は「全8回の予定」が視聴者の声に押されて、2回延長」されました!

(11回目は、エピローグ編)

 

◆2015年 農村:江原道(カンウォンド)旌善郡(チョンソングン)

「花よりおじいさん ギリシャ編」放送終了を引き継いで「三食ごはん シーズン2」スタート!

<レギュラー>

イ・ソジンさん

テギョンさん(2PM)

キム・グァンギュさん

新たにレギュラーに加わったグァンギュさん!

シーズン1ではゲスト出演していましたし、「本当に良い時代」をはじめとしてイ・ソジンさんとは多数共演!

「気心のしれた良き仲間」という感じです。

 

「女性ゲストだといつもよりテンションあがる3人の姿」が微笑ましく、つい笑ってしまいます。

個人的には、チソンさんが料理に後片付け、そして掃除までソツなくこなす場面」がお気に入りです。

 

◆2016年 漁村:全羅南道(チョルラナムド) 高興郡(コフングン)得粮島(トゥクリャンド)


これまで、「漁村編はチャ・スンウォンさん、ユ・ヘジンさん、ソン・ホジュンさん」でしたが、

シーズン6で、イ・ソジンさんが「農夫」から「漁師」へ。

<レギュラー>

イ・ソジンさん

エリックさん(SHINHWA)

ユン・ギュンサンさん

この番組のために、「船舶免許」を取ったイ・ソジンさん!

早速、準備された「ソジニ号」を操縦して、エリックさん、ユン・ギュンサンさんと共に島へ向かいます。

 

イ・ソジンさんとエリックさんは、「火の鳥(2004)」年以来の共演

「料理上手のエリックさん」と、「かまど建築プロのイ・ソジンさん」、「力仕事と火起こし専門(?)ユン・ギュンサンさん」の「3兄弟のチームワーク」が絶妙です。

 

◆2017年 漁村:全羅南道(チョルラナムド) 高興郡(コフングン)得粮島(トゥクリャンド)

シーズン6に続き、7も漁村編

ナPDに、3人は漁師には不向きだと認定され、「牧場」を任されます。

<レギュラー>

イ・ソジンさん

エリックさん(SHINHWA)

ユン・ギュンサンさん

初回ゲストが“色白でイ・ソジンとロマンスがあった”と聞かされ、にわかに色めきだったメンバー。

しかし、登場したのは「農村編=旌善郡(チョンソングン)」で世話をしていた仲良しのヤギ・ジャクソン(笑)

 

この後、本当のゲストとして「ハン・ジミンさん」が登場して場を和ませます。

 

◆2020年 漁村:全羅南道(チョルラナムド)莞島郡(ワンドグン)竹窟島(チュクグルド)

イ・ソジンさんは、「Ep.9-10」にゲスト出演!

 

チャ・スンウォンさん、ユ・ヘジンさん、ソン・ホジュンさんの中でもペースを崩さず、楽しいやり取りが続いていました。

 

ユン食堂

「ユン・ヨジョンさんが社長兼シェフとして、韓国食堂を開く」という番組

調理の手順がよくわかり、自宅で料理するときの参考になります

 

◆2017年 インドネシア・ギリ島

世界のダイバーたちが憧れる「ギリ島」

ここに「期間限定の韓国食堂」をオープン

<レギュラー>

ユン・ヨジョンさん

シン・グさん

イ・ソジンさん

チョン・ユミさん

幾度のトラブルに見舞われながらも、メニューを増やし、満席も達成!

「チョン・ユミさんは、初のバラエティ出演とは思えない愛らしさ」で、「社長ユン・ヨジョンさん」を助けます。

 

ちなみにイ・ソジンさんは、「常務」。主に「ドリンク担当」です。

 

◆2018年 スペイン・ガラチコ村

青い海が美しい小さな村「ガラチコ」

シーズン2は、「美食の国スペイン」で韓国料理を披露

<レギュラー>

ユン・ヨジョンさん

イ・ソジンさん

チョン・ユミさん

パク・ソジュンさん

シーズン1のバイト生、シン・グさんが公演と重なり出演できなくなったため、新たに「パク・ソジュンさん」が加わります。

 

事前に猛勉強したスペイン語を生かし、パク・ソジュンさんは現地で大人気!

また、チョン・ユミさんと息のあったところをみせます。

 

もちろん、イ・ソジンさんも「スマートな接客」に、女性客から熱い視線を注がれます。

※パク・ソジュンさんについて詳しくはこちらもどうぞ↓↓

パクソジュンのプロフィール、ドラマ出演作を詳しく紹介!梨泰院クラス・花郎(ファラン)・キム秘書・魔女の恋愛!あなたのお気に入りはどれ?

パクソジュンさんの歌声・曲やCM出演・仲良しの友達・交友関係などを詳しく紹介!人柄、友情に思わずほっこり!

 

次に、「イ・ソジンさんが2021年に出演した、人気バラエティ『リトルフォレスト』を含め、現在の活動状況がわかるエピソード」を紹介します。

イ・ソジンさんの素の性格が楽しめるバラエティ③~現在の活動(最新作)とリトルフォレスト編~

2021年 韓国・全羅南道(チョルラナムド)

番組名は「ユンステイ」

海外でのロケなどが難しい状況を鑑みて、「伝統的な『韓屋(ハノク)』に韓国にいる外国人に滞在してもらう体験型番組」です。

<レギュラー>

イ・ソジンさん

チョン・ユミさん

パク・ソジュンさん

チェ・ウシクさん

今シーズンは、「パク・ソジュンさんの大親友チェ・ウシクさん」も加わり、よりアットホームな雰囲気でおもてなしをしています。

 

2019年「リトルフォレスト」

イ・ソジンさんが、仲良しのイ・スンギさん、そしてパク・ナレさんや、チョン・ソミンさんと共に大自然の中、子どもたちの面倒をみる(みてもらう?)ヒーリング型バラエティ番組

※韓国映画に同名の「リトル・フォレスト」があるため、こちらでは「リトルフォレスト」と表記しています

 

韓国芸能界でも有名な“甥っ子・姪っ子LOVE”なイ・ソジンさん!

「姪っ子さんへの優しさあふれる態度」は有名です。

 

2020年 「金曜日、金曜日の夜に」

6つの異なるコーナーで構成されるオムニバス番組(各コーナーはエピソードごとに15分間)

ジャンルは、「スポーツ・科学・芸術・旅行・料理・労働」で、レギュラーがそれぞれ「得意な分野」を紹介する

<レギュラー>

イ・スンギさん:労働

ソン・ミノさん(WINNER):科学・芸術

ウン・ジウォンさん(SECHSKIES):科学・芸術

チャン・ドヨンさん:科学・芸術

イ・ソジンさん:旅行

ホン・ジンギョンさん:料理

パク・ジユンさん:スポーツ

 

イ・ソジンさんは、高校から大学での生活経験を生かして「ニューヨーク旅行記」を紹介します。

 

このように、レギュラー番組だけでも多数あるイ・ソジンさん。

「『天敵ナ・ヨンソクPD』によって、魅力が引き出されている」といえるのかもしれませんね。

 

次のコーナーでは、「共演回数も多い『イ・スンギさん』をはじめとした、イ・ソジンさんと親しい方々とのエピソード」をご紹介します。

スポンサーリンク

イ・ソジンさんの大親友イ・スンギさん達との交友関係や、イサン撮影時の面白エピソードを詳しく紹介!

仲良しはイ・スンギさん


たびたび番組内で

“気難しいイ・ソジンさんに付き合える人はそうそういない”

といわれるのですが、長く同じ事務所だったイ・スンギさんとは仲良し!

 

CMに一緒に出演する以外にも、番組での共演、そしてお互いの番組にゲスト出演など。

 

イ・スンギさんは「チプサブイルチェ〜師匠に弟子入り」でも、ゲストのイ・ソジンさんの物真似を披露する」など日頃の親交をうかがわせます。

 

イ・ソジンさんは、2013年に出演した番組で、「2人が仲良くなったキッカケ」をこのように語っています。

『数年前のクリスマスイブに、スンギがうちに来てすごく驚いた』

 

『そこで、僕が怒り出した。「クリスマスイブなのに、君はここで何をしているんだ」と言った』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1979074

「さみしいクリスマスイブを一緒に過ごしたこと」から、仲良くなったみたいですね。

 

それに応じるように、イ・スンギさんも

『兄さん(=イ・ソジンさん)の家に行って、知らず知らず洋服を持ってくる。兄さんが靴もくれる』

 

『高いものを手にすると、他の部屋に僕をそっと連れて行く』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1979074

と告白。

「本当の兄弟」のようですね!

 

また、“荷物持ち”の先輩として、「花よりお姉さん」では、イ・スンギさんに「女優4人の荷物持ち役」をバトンタッチ!

 

映画「今日の恋愛」に特別出演したのも、“可愛い弟、イ・スンギさんを応援するためだった”と語っているので、「本当に兄弟のように仲が良いのだなぁ」と思います。

 

イ・ソジンさんに付き合えるのは彼だけ?

それは、キム・グァンギュさん(1967年生まれ)


以前からたびたびドラマで共演して、親交があったと思うのですが、やはり距離が縮まったのは「本当に良い時代」の撮影からということ。

<お二人の共演作品>

「Freeze(フリーズ)」「紅の魂」では、2人は対立する役柄

「本当に良い時代」では、叔父と甥の関係(もちろんイ・ソジンさんが甥)

「結婚契約」では、クセの強いオーナーを支えるマネージャーであり、友人

「トラップ」では、イ・ソジンさんの事件を調べる刑事のひとり

「紅の魂」での共演シーン

http://program.imbc.com/hon

イ・ソジンさんのドラマを見ると、「ついグァンギュさんは出ているかな?」と探してしまいます。

 

そして、最近になって明かされたのが、グァンギュさんがかつて出演していた「私は一人で暮らす」を降板した理由。

 

同じ時期に、イ・ソジンさんから「三食ごはん」への出演を依頼されたとのこと。

放送時間が重なり、どちらかを選択せざるを得なくなり、グァンギュさんが選んだのが「三食ごはん」…というかイ・ソジンさんのお願い!

 

それだけ親しいということでもあり、「また二人の関係が〇〇だから」というのもあったようです。

 

どのような関係かというと…

「親分と子分」

 

どちらが子分か分かりますよね?

基本的に、年上の方を大切にする韓国。

キム・グァンギュさんは、イ・ソジンさんの「4つ年上」です。

 

が…

 

2015年に日本で開催されたファンミーティング

「イ・ソジン FAN MEETING~あなたとソジンの一食ごはん~」

での出来事。

タイトルからお分かりのように「三食ごはん」に関連した演出があちらこちらに!

 

そして、イ・ソジンさんよりこのような紹介が

『「三食ごはん」では僕の下に二人います。

一人は僕の弟分、オク・テギョン君。

もう一人は僕よりも歳が上の末っ子がいます』

 

『今日はそのうちの一人を招待しました。

大韓民国のシングル男性の代表者です。

歳はとっているけれども聞き分けがなく、永遠にシングルのまま生きていきそうな(笑)、私の大好きなキム・グァンギュさんです』

出典:https://www.wowkorea.jp/section/column/read/152152.htm

ここでゲストとして、キム・グァンギュさん登場!

 

『子分です』

と自己紹介(笑)

 

『僕よりも年上なのに子どもみたいに分別がないところがあって、僕が面倒をみてあげなければならないことも多く、そのせいで親しくなった』

という親分に

『ソジンさんは大韓民国の俳優の中で一番不平不満が多くて、性格が悪いやつです(笑)。

いろいろ細かいことをうるさく言うのですが、人に対して世話焼きで、心の温かい私の親分です』

出典:https://www.wowkorea.jp/section/column/read/152152.htm

と温かい応戦。

この2人の掛け合いは、「自然で微笑ましく、遠慮のない間柄」ということがよく伝わってきます。

 

世孫のご乱心?!イサン撮影時の衝撃エピソード!

イ・ソジンさんは、「イサン」で共演したイ・スンジェさんを慕い、「花よりおじいさん」でも長く縁が続いていますね!

 

このような礼儀正しい姿は、「のちに聖君・正祖(チョンジョ)になる世孫(セソン)らしい一面」でしょう。

 

その反面、イ・ビョンフン監督も「いたずらっ子」と評する面も多々あったようです。

『監督、自然なアドリブ入れてもいいですか?』

イ・ソジンさんから監督に申し出があったのは、「イサンを生涯支えるテスが、武官に合格した場面」でのこと。

『どんなアドリブだ?自然なものならやっていいぞ』

参考図書:チャングム、イ・サンの監督が語る韓流時代劇の魅力 イ・ビョンフン著

こう答えた監督は、「内心不安に思いながらOKを出した」とか。

 

撮影を始めた監督が目にしたのは…

 

テスに気がついた正祖(チョンジョ)=イサンが、振り返ってテスに「ウィンク」する姿

驚いた監督は「NG」を出し、撮り直しを命じます。

ただ、時間が足りず、編集でカットすることに!

 

しかし映像を見た編集担当者から

『監督、これ面白いですね。生かした方がよくないですか?』

出典:チャングム、イ・サンの監督が語る韓流時代劇の魅力 イ・ビョンフン著

と言われ、「見直してみるとそんな気もする…」ということで、ウィンクする王」が誕生!

ネットでも話題になったと知り、視聴者の反応もよかったことで胸をなで下ろしたようです。

 

さらに「ウィンクする王」は、こんなところでも。

 

正祖(チョンジョ)が、晴れてソンヨンとの結婚が認められて、式を挙げる場面。

宮殿の回廊でお互いにお辞儀をするときにも、正祖(チョンジョ)がソンヨンに「ウィンク」!

 

これには、お相手のハン・ジミンさんも、驚いて笑い出してしまいます!

当然、イ・ビョンフン監督は激怒!!

イ・ソジンさんをきつく叱り、撮り直し。

 

ところが、編集してみると、台本通りの演技より「ウィンクする正祖(チョンジョ)と笑うソンヨンの方が生き生きとしている!」

 

ということで、ここでも「ウィンクする王」が登場します。

 

また、自他ともに認める「笑い上戸」のイ・ソジンさん。

・「ほかの方が笑うシーン」で、その方の笑い声につられて笑い出してしまいNG

 

・「敬愛するイ・スンジェさんのNGシーンが」おかしくて、撮り直し中に笑い出し、再びNG

 

・相手を助け出すシーンなのに、お相手のNGに吹き出してしまい、笑いが止まらない

このように、笑い出すと止まらないイサンの様子に、周りのスタッフからは

『世孫(セソン)がご乱心だ』

と言われていたようです。

 

イ・ソジンさんを思い浮かべると、「気難しい雰囲気より、エクボの笑顔が真っ先にくる」のも、「そんな笑い上戸の一面があるから」かもしれませんね。

 

最後に、「イサンで王様を演じたイ・ソジンさんの真の魅力」について考察しつつ、この記事をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

イサンのイ・ソジンさんの現在の活動やドラマ・映画・性格(人柄)がわかるバラエティ出演作を徹底紹介!~まとめ~

デビューがアメリカでの学生生活、そして兵役を終えた「20代半ば」という“遅咲き”のイ・ソジンさん。

 

端正なルックスに、育ちの良さ、そして明快な発言!

かと思えば、めんどくさがりでブツブツ文句を言っていたり、アイドルに目尻を下げ、エクボを深くする。

 

その「ギャップ」に惹かれ、ついついバラエティ番組での姿を見てしまうファンも多いようです。

 

ドラマや映画では、単にカッコいい役でだけはなく、「善と悪の間で揺れ動く人間の内面」から、「思いっきり下衆な悪役」も演じきる潔さ。

 

イ・ソジンさんの魅力は、「飾ることのない、その時々の等身大の自分を見せていること」に尽きる気がします。

 

次作では、「笑いの要素もある開業医役」だとか。

どのような面が出てくるのか、今から楽しみです。

 

イサン、韓ドラの他の人気記事もぜひあわせてどうぞ↓↓

「イサン」の記事一覧!

イサンの相関図とキャストをオリジナルの図で詳しく解説!複雑な家柄・派閥・血縁などの関係性もわかりやすく整理して紹介!

イサンとトンイの関係は?指輪や家系、共通のキャストなど、驚くべき深いつながりを詳しく紹介!知れば知るほど面白い!興味深い関わりが満載!

イサンの子役の詳細と現在の状況は?シンクロ率の高さの秘密やすっかり大人になった今の姿、子供時代の名言に、驚きが止まりません!

トンイの子役の名前と現在の状況は?3人の子役それぞれの魅力に迫ります!

トンイのキャストを総まとめ!主要キャストから脇を固めるベテランまでどこよりも詳しく紹介!

トンイは実話で実在の人物?史実との違いに驚愕!

 

トンイの最終回結末(60話)のあらすじをネタバレ!大切なのは心だと教えてくれる感動のラストです!

トンイの王妃役は誰?3人の美人女優を紹介!

奇皇后のタルタル役(チンイハン=キムジハン)はどんな人?イケメンなだけじゃない、抜けた部分も魅力です!

トッケビの最終回結末(16話)をネタバレ!涙なしでは見られない濃密すぎる最終回!

当サイトでは「トンイ」、「雲が描いた月明かり」、「花郎」、「奇皇后」、「オクニョ」、「太陽の末裔」、「トッケビ」など、時代劇を中心に韓ドラに関する情報を多数紹介しております。

ぜひ目次からお好きなドラマの記事をご覧ください!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
アラフォーのフリーランス。 
冬ソナブームの頃には興味がなかった韓ドラにハマって数年。

時代劇が好き。
そして復讐ドロドロ系にツッコミを入れたり、ラブロマンスにときめいたりの毎日です。

読み書きは今ひとつの耳だけハングルなので、最初に覚えた韓国語は、
「~씨(~ッシ)」「아이고(アイゴー)」「어머(オモ)」の3つ。
スポンサーリンク

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© まりこの韓国ドラマチャンネル , 2021 All Rights Reserved.