韓国ドラマ、映画の情報を詳しく紹介しています!

麗のペガ役(ナム・ジュヒョクさん) の魅力・出演作・現在の活動を徹底紹介!やわらかい雰囲気に抜群の演技力!地道な努力でモデルから一流の俳優へ!

まりこ
WRITER
 
麗のペガ役(ナム・ジュヒョクさん) の魅力・出演作・現在の活動を徹底紹介!
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
アラフォーのフリーランス。 
冬ソナブームの頃には興味がなかった韓ドラにハマって数年。

時代劇が好き。
そして復讐ドロドロ系にツッコミを入れたり、ラブロマンスにときめいたりの毎日です。

読み書きは今ひとつの耳だけハングルなので、最初に覚えた韓国語は、
「~씨(~ッシ)」「아이고(アイゴー)」「어머(オモ)」の3つ。
詳しいプロフィールはこちら

出典:https://programs.sbs.co.kr/drama/scarletheart/main

成長するにつれ、兄弟というより王位争い、権力争いのライバルとなっていく8人の皇子たち。

そのなかで周りから一歩距離をおき、武芸より芸術をたしなむのが、13皇子の王郁(ワン・ウク)こと伯牙(ペガ)です

 

へ氏夫人からも「ヘスと似ている」「何ものにも縛られずに、自由に楽しく生きている」「負けず嫌い」と言われていましたね

 

今回は、ウクを演じたナム・ジュヒョクさんに焦点を当てて紹介します。

どのような一面をお持ちなのでしょう?最後までお楽しみください♪

スポンサーリンク

麗のペガ役(ナム・ジュヒョクさん) のプロフィール・ドラマ出演作(その①)を詳しく紹介!


まずはプロフィールから!

プロフィール

  • 氏名(カナ)ナム・ジュヒョク
  • 英語表記:Nam Joo Hyuk
  • 韓国語表記:남주혁
  • 漢字表記:南柱赫

 

  • 生年月日:1994年2月22日
  • 家族:ひとりっ子(らしい)

※公の場で家族について多くを語っていないようです

 

■幼少期

 

■スマホの待受

愛犬の곱순이(ゴブスニ)と가을이(ガウリ)

 

  • 身長・体重:188cm 70kg くらい
  • 出身:釜山
  • 学歴:スイル高等学校
  • 趣味・特技:バスケットボール

プロ選手を夢みていたが、ケガにより断念

 

  • 所属事務所:Management SOOP

 

<デビュー>

  • 2013年 モデルデビュー
  • 2014年 MVデビュー 「200%/楽童ミュージシャン」
  • 2014年 役者デビュー「インヨ姫」

 

「無限に挑戦」で、NBAのステフィン・カリーさん、セス・カリーさんの“カリー兄弟”とバスケットボール対決!

ステフィン・カリー選手の大ファンでもあるナムジュヒョクさんにとって、夢のゲームとなったようです。

 

それでは、俳優ナム・ジュヒョクとしての出演作品を紹介します!

ドラマ出演作

まずはドラマデビュー作から!

2014年 「インヨ姫」 ビッグ

出典:http://princess.interest.me/

真実の愛を探して人間の姿で生きる“人魚姫=インヨ公主”を中心に、人々の愛と友情を描く

<主な登場人物>

  • エイリン:チョ・ボアさん

人魚姫(人間としての名はキム・ハニ)

 

  • イ・ヒョンミン:オン・ジュワンさん

就活生

 

カリスマ人気シェフ

人魚エイリンの憧れ

 

<その他>

  • ユン・ジナ:パク・ジスさん
  • ビッグ:ナム・ジュヒョクさん
  • アン・へヨン:キム・スルギさん
  • ト・ジヨン:キム・ミンギョさん
  • イ・ソンギュ:イ・ソンギュさん

など

 

ナム・ジュヒョクさんは、通称「ビッグ(빅)」と呼ばれる“Surplus House”の住人のひとり。

求職中の24歳という設定で、釜山訛りで話す姿は、ほんわかした雰囲気をかもし出しています。

 

俳優としての初出演作でしたので、当時のインタビューでも、

『演技はかなり緊張する。

「本当に駄目だ」と思うほどたくさん緊張した。

でも、演技を学んだこともない僕がここまできた以上、どうしようもないだろう。

ベストを尽くして、僕にできることをすべて出し切って、精一杯頑張らなきゃ!』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2000341

と語っています。

 

2015年 「恋するジェネレーション」 ハン・イアン

オリジナルタイトルは「후아유- 학교 2015/Who Are You 学校2015」

 

学生世代にとっての現実的な問題やジレンマが主要テーマとなる人気シリーズ

※「恋するジェネレーション」では、いじめ問題が鍵となり、友情や甘酸っぱい恋愛が描かれている

 

<主な登場人物>

ヌリ高校2年生

転校先で双子の姉ウンビョルとして生活する

 

  • コ・ウンビョル:キム・ソヒョンさん(二役)

セガン高校2年生

 

  • ハン・イアン:ナム・ジュヒョクさん

セガン高校2年生

水泳部選手

 

  • コン・テグァン:ユク・ソンジェさん

セガン高校2年生

理事長の息子

■ナムジュヒョクさんのコメント(意訳)

 

ハン・イアンというキャラクターに初めて出会ったとき、自分には至らない点がたくさんあると感じました。

あまりにも早く、こんな良い演技の機会が訪れてドキドキしましたが、それと同時に大きなプレッシャーも感じました。

 

与えられたイアンという役と比較して、演じるということに大きな懸念を感じ、努力を重ねたものの、頭で描いたような演技ができない自分自身に腹を立てたりもしました。

 

でもこれはホンの始まりだと思います。

将来、必ずチャンスが訪れるとも思っています。

その機会をただ待つのではなく、しっかり準備して、努力を重ね、私はモデル兼俳優のナム・ジュヒョクになりたいと考えています。

 

どうぞ「恋するジェネレーション」という作品を愛してください。

私と一緒に働いてくださった全ての俳優たち、スタッフの皆さんに感謝しています。

韓国で長く人気を誇るドラマ「学校シリーズ」

主な出演者たちの顔ぶれをみると、「新人俳優たちの登竜門」と呼ばれるのがわかる気がします。

■学校1(1999年)

<主な出演者>

アン・ジェモさん、チェ・ガンヒさん、チャン・ヒョクさん、パク・シウンさん、ヤン・ドングンさん、キム・ギュリさん、キム・ジョンウクさん、イ・チャンフンさん、ヨム・ジョンアさん、ペ・ドゥナさん、キム・ナムギルさん など

 

  • パク・シウンさん:「」第8皇子王旭(ワン・ウク)へ氏夫人
  • イ・チャンフンさん:「イ・サン」思悼(サド)世子

 

 

■学校2(1999-2000年)

<主な出演者>

キム・レウォンさん、キ・テヨンさん、ジェヒさん、イ・ヨウォンさん、ハ・ジウォンさん、キム・フンスさん、イ・ドンウクさんなど

 

 

 

■学校3(2000-2001年)

<主な出演者>

チョ・インソンさん、イ・イネさん、オ・ユナさん、イ・ドンウクさんなど

 

 

■学校4(2001-2002年)

主な出演者

イム・スジョンさん、イ・ユリさん、イ・ジュウンさん、チョ・ミンギさん、ソン・ヒョンジュさん、コン・ユさんなど

 

 

その後・・・

■学校2013(2012-2013年)

邦題:ゆれながら咲く花

 

<主な出演者>

チャン・ナラさん、チェ・ダニエルさん、イ・ジョンソクさん、キム・ウビンさん、パク・セヨンさん、チョン・ウヨンさん、チョン・スジンさん、シン・ヘソンさん、キル・ウネさん、イ・イギョンさん、イ・ジフンさんなど

 

 

■学校2015(2015年)

邦題:恋するジェネレーション

 

■学校2017(2017年)

邦題:恋するレモネード

 

<主な出演者>

キム・セジョンさん、キム・ジョンヒョンさん、チャン・ドンユンさん、ハン・ソナさん、ハン・ジュワンさん、ロウンさん、ソ・ジフンさん、キム・ヒチャンさん、ジヘラさんなど

 

  • ジヘラさん:「」パク・スンドク

 

■学校2021(2021-2022年)

 

<主な出演者>

キム・ヨハンさん、チョ・イヒョンさん、ファン・ボルムビョルさん、チュ・ヨンウさん、チョン・ソクホさんなど

へと続いていきます。

 

2015年 「華麗なる誘惑」 チン・ヒョンウ

出典:https://www.hancinema.net/korean_drama_Glamorous_Temptation.php

平凡な幸せを夢みていたのに運命に巻き込まれた女性、彼女に嫉妬する女性、復讐を心に誓い生きてきた男性の愛憎スパイラル

<主な登場人物>

  • シン・ウンス:チェ・ガンヒさん

シングルマザー

カン家のメイド

※少女時代:キム・セロンさん

 

  • チン・ヒョンウ:チュ・サンウクさん

議員補佐官

ウンスの初恋

※少年時代:ナム・ジュヒョクさん

 

  • カン・イルジュ:チャ・イェリョンさん

国会議員

ヒョンウの元恋人

※少女時代:キム・ボラさん

 

  • カン・ソクヒョン:チョン・ジニョンさん

元国務総理

イルジュの父

 

ナム・ジュヒョクさんは、キム・セロンさんと共に10代の初々しさ、初恋の甘酸っぱさを披露します。

出典:https://www.hancinema.net/korean_drama_Glamorous_Temptation.php

 

 

2016年「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」 クォン・ウンテク


真面目で人の良い女子大生ソルと、周囲から一目も二目もおかれるルックスも、家柄も、成績も申し分のない上級生ジョン

 

なぜ彼は平凡なソルを選んだのか?

ジョンの笑顔の裏にあるものは?

 

いつしかソルは、自分が複雑に絡みあったトラップにハマっていることに気づく

※原作:soonkki(スンキ)さんによる同名WEB漫画

<主な登場人物>

  • ユ・ジョン:パク・へジンさん

欠点のないハイスペック男子

経営学科4年生

 

経営学科3年生

 

  • ペク・イノ:ソ・ガンジュンさん

元ピアニスト

ジョンの幼なじみ

 

  • ペク・イナ:イ・ソンギョンさん

イノの姉

 

  • チャン・ボラ:パク・ミンジさん

ソルの友人

経営学科3年生

 

  • クォン・ウンテク:ナム・ジュヒョクさん

ボラのBF

経営学科2年生

ナム・ジュヒョクさん演じるウンテクは、ソルやボラの1学年下の仲良しメンバー。

 

ご自身もあるインタビューの中で、

「演じているうちに、ウンテクが魅力的な人物に思えてきた」

「ウンテクと自分が似ているのは、三枚目的なところもあり、男らしい面もあるところ」

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2058503

と語っています。

 

ここでようやく・・・

2016年 「麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」 王郁(ワン・ウク)/伯牙(ペガ)

出典:https://programs.sbs.co.kr/drama/scarletheart/main

 

自由でやんちゃな面と、心の傷を他の人には見せない寡黙な面の両方をもつペガ(第8皇子と区別するため“ペガ”と呼ばれるワン・ウク)を演じ、

「たくさんの痛みを抱えているのに周囲にはそれを見せることなく、何も悩みがなさそうに映るところに共感する」

と語るナム・ジュヒョクさん。

 

初めての時代劇出演で、慣れないヘアスタイルや伝統的な衣装、そして言葉づかいにも気を遣ったそうです。

 

次に紹介するのは、「麗」つながりの出演者も多いあの作品!

スポンサーリンク

麗のペガ役(ナム・ジュヒョクさん) のドラマ出演作(その②)・現在の活動(最新作)を詳しく紹介!

2016年 「恋のゴールドメダル」 チョン・ジュニョン


重量挙げ選手ボクジュ、水泳選手ジニョン、新体操選手シホ、クリニック医師ジェイらを中心に、アスリートたちの夢や愛を描いた作品

<主な登場人物>

  • キム・ボクジュ:イ・ソンギョンさん

重量挙げ選手

 

  • チョン・ジュニョン:ナム・ジュヒョクさん

水泳部選手

 

  • ソン・シホ:キョン・スジンさん

新体操選手

ジュニョンの元カノ

 

  • チョン・ジェイ:イ・ジェユンさん

肥満クリニック医師

ジュニョンの従兄弟

 

<「麗」つながりでの特別出演>

  • ソン・シヨン・ジヘラさん

シホの妹

 

  • ジス:ジスさん

ボクジュのバイト先輩

 

  • ファニ:ソヒョンさん

ジェイの初恋

 

<その他の特別出演>

  • ジョンソク:イ・ジョンソクさん

射撃国家代表

チキン店の客

 

  • スルギ:キム・スルギさん

スーパー店員

など

 

主人公のお二人ともが、モデル出身のイ・ソンギョンさん、ナム・ジュヒョクさん。

「恋するジェネレーション」出演後の投稿にもあるように、演じること、役柄になりきることへの強い思いがあるのでしょう。

 

この「恋のゴールドメダル」放送を終え、受けた雑誌のインタビューで、

『ドラマ「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」で役者としての可能性を見せた後、どうすれば演技をもっと楽しめるか、どうすれば真心が伝わるか考えたりしました。』

 

『2年前なんて、モデルの仕事をしながら今のような日が来るとは想像もしていなかったです。

僕がどんな人なのか見せたい心が大きいですが、まずは演技が答えだと思います。』

 

『俳優として素敵な姿をたくさん届けたいです。』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2063858

と語っています。

 

その後の活躍が、この答えのように思えます!!

 

2017年 「ハベクの新婦」ハベク


ややナルシストな水神ハベクが、王位を継ぐために必要な魔法の石(神石)を探しに人類の元へ

そこで代々水の神に仕える運命の家系ソアに出会うが、無神論者のソアはハベクの言うことなど信じようとしない…

※原作:ユン・ミギョンさんの同名漫画

<主な登場人物>

  • ユン・ソア:シン・セギョンさん

精神科クリニック院長

 

  • ハベク:ナム・ジュヒョクさん

水神

水の国の次期王

 

  • シン・フエ:イム・ジュファンさん

ベリウォンリゾート代表

半神半人

 

  • ムラ/ヘラ:クリスタルさん

水の女神

 

  • ビリョム/アンビン:コンミョンさん

地と空の神

 

冒頭に水の神ハベクとして登場したとき、誰?」って思いませんでしたか?

 

ある記事(英語版・元記事不明)によると、

カン・ハヌルさんが「ハベクの新婦」に特別出演したものの、編集でカットされた

とか。

 

もし本当に出演されていたのなら、どのような場面だったのでしょう?

見てみたかったな…と残念に思います。

 

また、作品中では対立することにもなるナム・ジュヒョクさん(ハベク)とイム・ジュファンさん(フエ)ですが、インタビューでは和やかなやり取りが続きます。

■「ハベクの新婦」に出演を決めた理由

ナム・ジュヒョクさん(ハベク)

『平凡ではなく面白くて“気になる”キャラクターなので、その魅力に惹かれて』

 

イム・ジュファンさん(フエ)

『独特なキャラクターの性質だったり、キャラクターが持っている能力のため』

『脚本家の先生は最後までどんなキャラクターか教えてくれなかったんです』

『余計に気になって知りたくなって出演を決めました』

 

■お互いの第一印象

ナム・ジュヒョクさん(ハベク)

『「うわ。ほんとにかっこいいな」と思いました。兄さんは背も高いし、何かほかの次元の人のような気持ち? ほかの世界の人みたいな?』

 

イム・ジュファンさん(フエ)

『イケメンだなと(笑)肌が白くて……』

 

■日本の作品にも出てみたい?

ナム・ジュヒョクさん(ハベク)

『出たいです! 僕は「クローズZERO」みたいな作品に! 小栗旬さんかっこいいですよね』

 

イム・ジュファンさん(フエ)

『僕も「るろうに剣心」みたいな作品に出たいです』

 

いつか…お二人が本当に日本の作品に出演することがあれば、良いですね!

 

2019年 「まぶしくて」イ・ジュナ


幼い頃に拾った不思議な時計をつかって、人生の時間を失いつつある女性

数々の困難に疲れ果て、すべての夢を諦めてしまった男性

猛スピードで年齢を重ねた女性と男性が出会ったとき、ふたりの運命が変わり始める

<主な登場人物>

※二人一役

 

  • イ・ジュナ(26):ナム・ジュヒョクさん

ヘジャの恋人

記者を目指す

 

  • キム・ヨンス:ソン・ホジュンさん

ヘジャの兄

 

  • キム・テサン:アン・ネサンさん

ヘジャとヨンスの父

 

  • ムン・ジョンウン:イ・ジョンウンさん

ヘジャとヨンスの母

 

お二人のキム・ヘジャ(キム・ヘジャさん/ハン・ジミンさんと共演したナム・ジュヒョクさん。

 

함께한 모든 순간이 영광이였던 눈이부시게

一緒に過ごしたすべての瞬間が光栄でした「まぶしくて」

 

ハンジミンさんに関しても、

『演技する上でとても幸せな瞬間で、あまりにもよくしてもらったので、気楽に演技することができたようだ』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2110946

と感想を述べています。

 

さまざまな姿を見せ続けたジュナが「一体何者なのか?」わかるとき…心の奥深くにグッとくる作品です。

 

2020年「保健教師アン・ウニョン」 ホン・インピョ

出典:https://www.hancinema.net/korean_drama_School_Nurse_Ahn_Eun-young.php

人の執着や恨みなどが生み出した“超常的な生き物”が見える保健教師と、彼女が赴任した学校の創設者の孫であり漢文教師が、大きな謎に立ち向かう

<主な登場人物>

  • アン・ウニョン:チョン・ユミさん

木蓮(モクリョン)高校保健教師

特殊能力を持つ

 

  • ホン・インピョ:ナム・ジュヒョクさん

木蓮(モクリョン)高校漢文教師

ウニョンの“充電器”

 

  • ファ・ス:ムン・ソリさん

ウニョンの能力を知る友人

鍼院院長

 

  • マッケンジー:ユ・テオさん

木蓮(モクリョン)高校英語教師

 

  • ホン・ジンボム:チョン・グクファンさん

インピョの祖父

木蓮(モクリョン)高校創設者

 

短編作品で、ちょっと不思議なストーリー。

ある時は不気味な姿で出てくる生き物たちを見ていると、人生に対する示唆に富んでいる作品にも感じられました。

 

ナム・ジュヒョクさん演じる漢文教師インピョは、学校創設者の孫であるものの、校内でさほど厚遇されているわけではありません。

 

また、外見でも髭や不自由な脚など、クールでカッコイイというイメージではなかったのですが、その分キャラクターに惹かれます。

 

実際、

『インピョを演じる時は本当に楽しかったです。

ナム・ジュヒョクと言えば思い浮かぶ典型的なイメージがありましたので、一時は見慣れた姿だけをお見せした方がいいのではないかと思ったこともあったんです。』

 

『しかし、本当に演技が上手くなりたいと思いましたし、俳優なら誰でもそうであるように、様々な役をこなしたいと思いました。

これまで外的な部分に変化を与える機会は多くなかったのですが、インピョはそんな欲望を満たしてくれたキャラクターです。』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2159972

とナム・ジュヒョクさんご本人も語っています。

 

2020年 「スタートアップ」 ナム・ドサン


「韓国のシリコンバレー」と呼ばれる仮想の地を舞台に、若者たちが起業(スタートアップ)してそれぞれの夢を叶えようと奮闘する

<主な登場人物>

  • ソ・ダルミ:ぺ・スジさん

韓国のスティーブ・ジョブズを夢みる

あらゆるアルバイト経験のある契約社員

 

  • ナム・ドサン:ナム・ジュヒョクさん

サムサンテック創始者

ダルミの初恋(偽)

 

  • ハン・ジピョン:キム・ソンホさん

SHベンチャーキャピタル(チーム長)

 

  • ウォン・インジェ:カン・ハンナさん

ネイチャーモーニング代表

ダルミの姉

 

特別出演は、

  • イ・ボヨンさん

パブでダルミとジピョンに助言する女性

 

  1. AIのチャン・ヨンシルの声
  2. 最終話で登場する若い起業家ホン・ジソク

など

 

夢をもって、夢に向かってスタートアップする若者たちが中心となるストーリーなので、応援したくなる明るいエネルギーにあふれた作品です。

 

撮影を終え、ダルミ役のスジさんは、

『8ヶ月間「スタートアップ」を撮影しました。

終わったら心がすっきりすると思ったのに、一方では幸せで寂しい感じがします。

ダルミとして8ヶ月間過ごすことができて幸せでしたし、たくさん学ぶことができた時間でした』

 

『ナム・ジュヒョクさんと一緒に撮影し、勉強になりましたし、幸せに演技できた事も忘れられないと思います』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2157589

 

ドサン役のナム・ジュヒョクさんは、

『8ヶ月間の撮影が長いなと思ったこともありますが、実際に終わったら短く感じました。

心がすっきりして、寂しくて、感情が交錯しています』

 

『「スタートアップ」を通じてたくさん学び、スジさんが演技する時も最善を尽くして傍で演じてくれる姿を見て、素晴らしい女優だと思いました。

僕もとても幸せでした』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2157589

とそれぞれの感想を述べています。

 

最新ドラマ

2022年 「二十五、二十一」 ペク・イジン


「1988年通貨危機」という夢が手の届かないところへ行ってしまったような時代

 

憧れの選手の背中を見つめ、フェンシングにかける18歳の少女と、人生の立て直しに懸命な22歳の青年

二人の出会いから、お互いが25歳、21歳へと成長した時の切なくも輝く青春の思い出を描く

<主な登場人物>

  • ナ・ヒド:キム・テリさん

テヤン高校フェンシング部

国家代表選手

 

  • ペク・イジン:ナム・ジュヒョクさん

大学休学中

貸本屋と新聞配達のアルバイト

USB記者のちにアンカー

 

  • コ・ユリム:ボナさん(宇宙少女)

テヤン高校フェンシング部

金メダリスト

 

  • ムン・ジウン:チェ・ヒョヌクさん

テヤン高校

ヒドのクラスメート

 

  • チ・スンワン:イ・ジュミョンさん

テヤン高校放送部

 

特別出演で外せないのが

  • チョン・ホジン:チェ・テジュンさん

国家代表フェンシング選手

ヒドの“ダーリン”

 

今「二十五、二十一」世代の人も、かつて「二十五、二十一」世代の人も心揺さぶられる作品ではないでしょうか。

エンディングには賛否両論あるようですが、時代と過去を経た現在を思うと、いっそう共感できる気がします。

 

ナム・ジュヒョクさん演じるペク・イジンは、後半レポーターとして度々現場の状況を伝えます。

 

「以上、現場からペク・イジンでした。」

 

このセリフを繰り返し聞いていると、ナム・ジュヒョクさん=ペク・イジンに思えてきました(笑)

 

そうそう、特別出演のチェ・テジュンさん演じるホジン

ヒドと同じ、フェンシング韓国代表選手として登場します。

 

しかも!ヒドとお互いに“ハニー”“ダーリン”と呼びあい、ラブラブなところを見せつけたかと思うと、あっという間に別れ、ちょっと未練を残すキャラクターなのです。

また、ナム・ジュヒョクさんが選ぶ「二十五、二十一」の名シーンは、第10話のラストシーン。

 

『海に似た若者5人。穏やかな海であれ荒波であれ、その場にいる青春の姿が僕たちと似ていると思います』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2190146

 

この場面、どうぞお見逃しなく!!

 

次回作といわれているのが・・・

 

2023年 「ヴィジランテ(자경단원)」 キム・ジヨン

直訳すると“自警団員”

マスコミや政財界からも注目される、法を逃れた悪人を裁く組織“ヴィジランテ=自警団”と、その“ヴィジランテ”を追う首都圏捜査隊のストーリー

※原作:キム・ギュサムさんの同名WEB漫画

<出演予定>

  • キム・ジヨン:ナム・ジュヒョクさん

警察大学学生

殺された両親の敵を見つけ、裁く“自警団員”

 

  • チョ・ガンオク:イ・ジュニョクさん

記者

 

  • チョ・ホン:ユ・ジテさん

首都圏捜査隊捜査員

 

まだ詳細は不明なのですが、

ナム・ジュヒョクさん演じるジヨンは、法律だけでは犯罪者を処罰できないという不条理さを体験したことで、自らの手で裁くダークヒーロー。

 

これまで、苦難を耐える、努力して何かを手に入れるという清らかなイメージのある役柄が多かった、ナム・ジュヒョクさんがどのように変身するのか?とても楽しみです。

 

続いて、ナム・ジュヒョクさんの出演映画を紹介します。

スポンサーリンク

麗のペガ役(ナム・ジュヒョクさん) の映画出演作を最新作まで詳しく紹介!

初出演は歴史作品でした!

映画出演作

2018年 「安市城(アンシソン)」 サムル


安市城を手に入れようとする巨大な国・唐 VS 高句麗の激戦を描いた作品

<主な登場人物>

  • ヤン・マンチュン:チョ・インソンさん

高句麗・安市城(アンシソン)城主

 

  • サムル:ナム・ジュヒョクさん

高句麗・太学生徒(テハクセント)リーダー

 

  • イ・セミン:パク・ソンウンさん

唐・皇帝太宗

 

【安市城(アンシソン)の人々】

  • チュスジ:ペ・ソンウさん
  • パソ:オム・テグさん
  • ペッカ:ソリョンさん
  • プン:パク・ビョンウンさん
  • ファルボ:オ・デファンさん
  • シミ:チョン・ウンチェさん
  • ウデ:ソン・ドンイルさん

 

【高句麗】

ヨンゲソムン:ユ・オソンさん

 

映画初出演、ベテラン俳優たちとの共演。

しかも、高句麗時代の危機を描いたものということで、不安も少なくなかったようです。

 

撮影を終え、

『映画は初めての出演なので、大先輩たちと大作に出演することになりプレッシャーがありました』

 

『プレッシャーに打ち勝つためにたくさんの準備をしました。

いざ現場に出ると、先輩達がとても気楽に接してくださり、楽に演じることができました。

辛い瞬間もあったけど、一つになって素晴らしい作品を作り出せたと思います』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2100963

と語ったナムジュヒョクさん。

 

それに対し、作品中ヤン・マンチュンを演じたチョ・インソンさんは、

『ナム・ジュヒョクは「安市城」が初映画だった。すばらしかった』

 

『「安市城」はナム・ジュヒョクのおかげで輝く映画になった。おそらく、この映画を通じてすばらしい新人に会う機会を得るだろう』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2100869

と自身と同じモデル出身の後輩を惜しみなく称賛しています。

 

次の作品では、ハン・ジミンさんと再共演!

 

2021年 「ジョゼと虎と魚たち」 イ・ヨンソク


「ジョゼ」と名乗る自分の世界に生きる女性と、偶然の出会いから彼女に特別な感情を抱き始た青年

ふたりは徐々に心の距離を縮め、恋の喜びと痛みを経験する

 

日本では、実写版(妻夫木聡さん、池脇千鶴さん)とアニメ版が制作されている

※原作:田辺聖子さん同名小説

<主な登場人物>

祖母と二人暮らし

車椅子生活

 

  • イ・ヨンソク:ナム・ジュヒョクさん

大学生

 

  • タボク:ホ・ジンさん

ジョゼの祖母

 

“普通の大学生”らしく、過度に気負うこともなく、ごくごく自然にジョゼに近づき彼女の心を開いていくヨンソク。

 

ジョゼ役のハン・ジミンさんも、

『ヨンソクの優しいところが、ナム・ジュヒョクさんに似ていると思う。

彼に、ヨンソクになりきってもらったおかげで(演じることにおいて)たくさん助けてもらった』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2155803

と語っています。

 

演じたナム・ジュヒョクさんご自身も、

『演技する時、僕が方向性として持っていたのは、劇中のその町に平凡に暮らしている青年の姿を繊細に描くことでした。

劇中のドキュメンタリーの実存人物のように、ヨンソクというキャラクターもドキュメンタリーのような感じで繊細に表現したいという気持ちで演技しました』

 

『そのように演技をして完成した作品を見た時、期待通り、僕が努力した通りに、自然に溶け込んでいるヨンソクとジョゼの関係が見えているように思いました。

後悔が残らない演技をしたと思えました』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2157751

と語り、

さらに、

『良かった点は、演技に没頭する上で、前作ですでに一度共演している先輩なので、初めての撮影からとても楽に演技をすることができたということです。

撮影に入る前にもたくさんコミュニケーションをとりました』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2157751

 

ハン・ジミンさんとの再共演が、「ジョゼと虎と魚たち」をより良い作品づくりにつながったことを述べています。

 

日本版とは異なるエンディングですが、ナム・ジュヒョクさんとハン・ジミンさんだからこそ、痛みと希望が交錯する心に残るものとなったように思えます。

 

余談ですが、

この「ジョゼと虎と魚たち」エンディング曲は、IUさんの歌う「子守歌」です。

 

最新映画

2022年 「リメンバー」 インギュ

画像出典元:https://www.hancinema.net/korean_movie_Remember_-_2020.php

日本統治時代に家族を失った80代の男性が、残りわずかな人生の全てをかけて復讐する

アルツハイマーを患っている男は、歳の差を超えて友情を築いた青年に協力を願う

※韓国で2022年10月26日に公開予定

<主な登場人物>

  • ピルジュ:イ・ソンミンさん
  • インギュ:ナム・ジュヒョクさん

 

【出演予定】

  • チョン・マンシクさん
  • イ・ソンジュンさん
  • キム・ミンヘさん
  • チョ・テイルさん

 

2019年に制作開始となったものの、(諸事情で)韓国公開が2022年10月になったため、詳細はさほど報道されていないようです。

 

制作発表会の場で、ナム・ジュヒョクさんは、

『シナリオを受け取った時、とても面白かった。

これまでやったことのないものが盛り込まれていて、演技する時に大きな魅力を感じた。』

 

『イ・ソンミン先輩と共演できるだけでもワクワクした。幸せだった。』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2202137

と語っています。

 

80代と20代の世代を超えた友情。

さらに、図らずも歳月を超えた復讐に手を貸すことになるインギュをどう演じているのか?

日本での公開も待ち遠しいですね♪

 

続いては、ナム・ジュヒョクさんの魅力満載のバラエティ番組を紹介します。

スポンサーリンク

麗のペガ役(ナム・ジュヒョクさん) のバラエティ出演作を詳しく紹介!しゃべくり007にも出演!

まずはこんなところに!な出演から!

バラエティ番組

2010年 「ランニングマン」 Ep.230


この回は男子校という設定

 

ゲストとして、第3皇子役ホン・ジョンヒョンさん、ソ・ガンジュンさん、チェ・テジュンさんオクニョ」の明宗(ミョンジョン)ことソ・ハジュンさんと共にナム・ジュヒョクさんも出演していました。

 

まだ演技活動を始める前のナムジュヒョクさん。

後に、「麗」でホンジョンヒョンさんと、「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」でソ・ガンジュンさんと、「二十五、二十一」でチェ・テジュンさんと共演するなど想像もしなかったでしょうね。

 

2014年 「学校に行ってきます」

スターたちが制服を着て高校生に戻り、現役高校生たちと学校生活を送るバラエティ番組

 

ナム・ジュヒョクさんは、KangNam(カンナム)さんと“カンナミョンジュ”と呼ばれるほど仲の良い姿を披露。

時には、ハメを外しすぎて警察沙汰(笑)になったりしていました。

 

また、イ・ジョンシンさん(CNBLUE)と同じクラスになった回では、お二人が似ていることも評判に。

 

俳優業が本格的になり、2015年に惜しまれながら番組を降板します。

このときからの縁が続き、ナム・ジュヒョクさんは、KangNam(カンナム)さんの「CHOCOLATE」MVに出演します。

 

2016年 「イケメンブロマンス」

「麗」で共演した仲良しのジスさんと釜山を旅します

 

さまざまなカップルが登場した「イケメンブロマンス」

その中でも、番組担当PDと放送作家のお二人が“最高の相性”として名前を挙げたのが、ナム・ジュヒョクさんとジスさんの回。

 

ナム・ジュヒョクさんに関しても、

『元々、「学校に行ってきます」でKangNamとの相性が良くて目に入りました』

 

『「三食ごはん」ではどうしても末っ子なので、気楽にいられない構造ですが、ここでは友だちといるため、緊張がほぐれた様子を見せました』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2048414

と述べています。

 

「麗」の撮影を通して仲良くなった13皇子と14皇子の旅。

食べて、しゃべって、食べて…遊んで、しゃべって、遊んで…

2人のオフモードの表情をお楽しみください♪

 

2016年 「三食ご飯〜高敞(コチャン)編」

チャ・スンウォンさん、ユ・へジンさん、ソン・ホジュンさんのファミリーに末っ子として参加

さまざまな農作業に従事します

 

モデル出身の先輩でもあるチャ・スンウォンさんが作る料理を“美味しい、美味しい”と頬張るナム・ジュヒョクさん。

 

最初はかなり緊張していたようですが、温かな“家族”のもとリラックスしていく姿も見ものです。

 

この番組で兄弟として親しくなったソン・ホジュンさんとは、その後ドラマ「まぶしくて」バラエティ「コーヒーフレンズ」(後述)でも共演します。

 

2018年 「しゃべくり007」 ビデオ出演

元フィギュアスケーターの村上佳菜子さんが、ナム・ジュヒョクさんの大ファンであることを公言!

それに応える形で、ナム・ジュヒョクさんはビデオ出演します↓↓

2019年 「三食ご飯〜山村編」

ヨム・ジョンアさん、ユン・セアさん、パク・ソダムさんが山村で自給自足生活に挑戦

ナムジュヒョクさんは、第6・7・8話に出演します

<ゲスト>

 

「三食ご飯〜高敞(コチャン)編」で一緒に過ごした“父”ユ・ヘジンさん直伝の親父ギャグも披露するナムジュヒョクさん(笑)

 

縄跳びチャレンジでは体を張った笑いも!

 

次の番組では兄ソン・ホジュンさんの手伝いに!

 

2019年 「コーヒーフレンズ」

済州島を舞台に、ユ・ヨンソクさんとソン・ホジュンさんお二人が行ってきた寄付型コーヒー販売をカフェスタイルにしたもの

<レギュラー>

  • ユ・ヨンソクさん
  • ソン・ホジュンさん
  • チェ・ジウさん
  • ヤン・セジョンさん

 

<アルバイト>

  • チョ・ジェユンさん:第2〜5・8〜10話
  • ユンホさん(東方神起):第4・5話
  • バロさん(B1A4):第5・6話
  • ペク・ジョンウォンさん:第6・7話
  • セフンさん(EXO):第7・8話
  • ナム・ジュヒョクさん:第7〜10話
  • カン・ダニエルさん:第8話

 

「三食ご飯」では家族同様に仲良く過ごした“兄”ソン・ホジュンさんとのご縁で、出演を快諾したナム・ジュヒョクさん。

 

数々のアルバイト経験を活かして、ホールの片付けだけでなく、皿洗い、さらにはカフェに隣接してあるみかん畑のみかん販売まで、颯爽とこなす姿も素敵です。

 

制作スタッフによると、

『ナム・ジュヒョクさんは抜群に気が利くアルバイト』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2112176

なのだとか。

 

2021年 「見習い社長の営業日誌」

チャ・テヒョンさんとチョ・インソンさんが、“田舎のスーパー”を営業

毎回ゲストがアルバイトとして出演

※スーパーといっても、食事もできる食堂を兼ねたもの

 

映画「安市城(アンシソン)」の縁で、チョ・インソン社長のもと、パク・ビョンウンさんとともに一生懸命働いています。

 

ここでデビュー作品でもあるMVを紹介しましょう!

MV

デビュー作 「200%/楽童ミュージシャン」

 

 

ここまで、さまざまな出演作品を紹介しました。

次のコーナーでは、作品での姿や共演者の語るナム・ジュヒョクさんの姿、そしてインタビュアーでの演技に対する考えなどをお伝えします。

スポンサーリンク

麗のペガ役(ナム・ジュヒョクさん) の性格・演技力の秘密がわかるエピソード

年下彼氏から現実彼氏へ

初期の作品では「インヨ姫」「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」など年下彼氏

そして、「恋するジェネレーション」「華麗なる誘惑」「恋のゴールドメダル」と青春や初恋のアイコン

 

その後、「まぶしくて」「スタートアップ」「二十五、二十一」では挫折や痛みを知る等身大の人物として、変化と成長を見せてくれるナム・ジュヒョクさん。

 

レトロ感のある姿から、さりげないファッション、そして、モデルの部分が垣間見えるスーツ姿まで”現実彼氏”として多くの女性ファンを虜に。

 

感受性豊かな涙

これまでの出演作を振り返って浮かんでくるのは、はにかんだような表情と数々の涙の場面。

ナム・ジュヒョクさんの豊かな感受性は、このように短いMVでも見ることができます。

 

「ハベクの新婦」で共演したシン・セギョンさんも、ナムジュヒョクさんの涙について言及。

『ナム・ジュヒョクさんは、相手の俳優が胸から上の撮影をしている時もでも最善を尽くしていた。』

 

『中・後半に感情的なシーンが多かったが、テイクごとにいつも涙を流す。

涙という物理的な要素は、思い通りにならないので大変だったが、これには衝撃を受けた。』

 

『単純に、その涙にというよりは、彼の純粋な心に対して感動したし、反省もした。

彼が伝えようとする感情自体が、技術的なものではなくて純粋なもので、初心を振り返るとても良い機会をもらえた。』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2077195

 

子役の頃から活躍し続けるシン・セギョンさんだからこそ感じる、ナム・ジュヒョクさんの純粋さと感受性なのかもしれません。

 

最近でも、「ジョゼと虎と魚たち」「二十五、二十一」ナム・ジュヒョクさんの泣き顔に、胸が締め付けられる思いをしたばかりです。

 

演技力の秘密がわかるインタビュー

『僕の人生を貫通するモットーがあります。

第一により良い人間になること、第二は止まっている人にならないように、第三はずっと挑戦しよう。』

 

『同じ脈絡ですが、少しずつ違います。

止まらないでいようというのは、発展せずにじっとしていないという意味であり、挑戦するというのは近づく未来を恐れたり、不安にならずに取り組むことができる時に、恐れずに挑戦しようという意味です。』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2105323

 

『10年後は、今より100倍素敵な人になりたいです。俳優としてもそれだけ良くなりたいです。

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2076575

 

演技が上手くなったという評判に対して、

『特別なきっかけがあったわけではないです。

本当に一生懸命やっているうちにそうなったんだと思います。

努力すればできないことなんてないってことをよく知ってるからです』

 

『まだ演技について話すには知らないことが多いです。まだ未熟ですがもっと一生懸命やってみます。』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2113599

 

『よい作品に恵まれ、本当に一生懸命撮影している。

僕を待ってくださっている方々にも作品でもっと成長した姿をお見せすることが、一番よいプレゼントになると思う。』

 

『好きなことを考えながら生きていけることが楽しい。』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2126341

 

演技自体で勝敗を語れないのでは、という問いに

『あまり急ぐ必要はなく、着実に進んで行けばいいと思っている。短距離レースではなく、長距離レースだから。』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2132516

 

モデルとして活動を始め、周りから勧められて演技の道へ進んだというナム・ジュヒョクさん。

現場でゼロからのスタートだったため、最初の頃はかなりの酷評も。

それを真摯に受け止め、努力を重ね、着実にステップアップしてきたからこそ口にできる言葉のように感じます。

 

先輩からの愛

移籍して、コン・ユさんと同じ事務所に所属することになったナム・ジュヒョクさん。

ある日、こんなインスタグラムの投稿が。

 

コン・ユさんの表情イイですよね!

 

最後に、ナム・ジュヒョクさんの演技力について深堀りしつつ、この記事をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

麗のペガ役(ナム・ジュヒョクさん) の魅力・出演作・現在の活動を徹底紹介!~まとめ~

 

「何ものにも縛られずに、自由に楽しく生きている」「負けず嫌い」と言われた、心の痛みを隠し、芸術を愛するペガこと王郁(ワン・ウク)

 

バラエティ番組で見せるナム・ジュヒョクさんの、感性のままの表情や天然ともいえる発言

演技力を批判され、黙々と努力を続けてきたところ。

 

そして、やわらかな雰囲気と骨太の思考。

これらのベースがあるからこそ、ペガが単に現実から目を背けて、芸術の世界に没頭した人物にならなかったようにも思えます。

 

「理性より感性のタイプ」と語るナム・ジュヒョクさんが、その高い共感能力で自分の役柄に入り込む集中力。

共演者がより輝くように、自分の立ち位置を変化させる柔軟性。

 

デビューから10年足らずで今の評価を得たのも、納得ではないでしょうか。

 

次作ではダークヒーローを演じる予定です。

善と悪、両刃の剣をどう使いこなすのか?楽しみですね♪

 

麗・人気記事はこちらもどうぞ↓↓

麗の相関図と年齢設定・キャストをオリジナルの図で詳しく解説!8人の皇子と周辺人物の複雑な力関係・出自・血縁もこれですべてがわかります!

麗のワンソ役(イジュンギさん)の魅力を徹底紹介!自らこなすアクションにシャープなフェイスライン!その裏に隠された一流の生き方とは!?

麗のウク役(カンハヌルさん)の魅力・出演作を現在の活動(最新作)まで徹底紹介!言わずと知れた美談製造機!その経歴を完全総まとめ!

麗のiuさん(ヘス役)の魅力を徹底紹介!透明感あふれる歌声と抜群の演技力!意外な過去とプロ意識にも注目の国民の妹!

 

花郎(ファラン)のOST(歌・曲)を主題歌・挿入歌・エンディング曲に分けて詳しく解説!素晴らしい音楽がロマンスや複雑な思い、若さあふれる情熱を見事に表現!

花郎(ファラン)とは?意味や歴史、実在した新羅の制度を詳しく紹介!なんと日本や他国、他のドラマとも深いつながりが!?

花郎(ファラン)でのテテ(ハンソン)のキスシーン&死ぬシーンを詳しく紹介!権力者に翻弄される若者たちの悲しい結末とは!?

トンイの子役の名前と現在の状況は?3人の子役それぞれの魅力に迫ります!

トンイのキャストを総まとめ!主要キャストから脇を固めるベテランまでどこよりも詳しく紹介!

トンイは実話で実在の人物?史実との違いに驚愕!

トンイの王妃役は誰?3人の美人女優を紹介!

 

奇皇后のタルタル役(チンイハン=キムジハン)はどんな人?イケメンなだけじゃない、抜けた部分も魅力です!

奇皇后は実在した!世界史上屈指の下克上を成し遂げた女性の生涯とは!?

イサンの相関図とキャストをオリジナルの図で詳しく解説!複雑な家柄・派閥・血縁などの関係性もわかりやすく整理して紹介!

イサンとトンイの関係は?指輪や家系、共通のキャストなど、驚くべき深いつながりを詳しく紹介!知れば知るほど面白い!興味深い関わりが満載!

当サイトでは「太陽を抱く月」、「花郎」、「トンイ」、「雲が描いた月明かり」、「太陽の末裔」、「トッケビ」、「奇皇后」、「イ・サン」、「オクニョ」、など、時代劇を中心に韓ドラに関する情報を多数紹介しております。

ぜひ目次からお好きなドラマの記事をご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
アラフォーのフリーランス。 
冬ソナブームの頃には興味がなかった韓ドラにハマって数年。

時代劇が好き。
そして復讐ドロドロ系にツッコミを入れたり、ラブロマンスにときめいたりの毎日です。

読み書きは今ひとつの耳だけハングルなので、最初に覚えた韓国語は、
「~씨(~ッシ)」「아이고(アイゴー)」「어머(オモ)」の3つ。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© まりこの韓国ドラマチャンネル , 2022 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。