韓国ドラマ、映画の情報を詳しく紹介しています!

太陽を抱く月の子役!キムソヒョンさん(ボギョン役)の詳細と現在の状況(最新作)は?数々の困難を乗り越え大人の女優さんに成長!ついたあだ名は○○の女王!?

まりこ
WRITER
 
太陽を抱く月の子役!キムソヒョンさん(ボギョン役)の詳細と現在の状況(最新作)は?
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
アラフォーのフリーランス。 
冬ソナブームの頃には興味がなかった韓ドラにハマって数年。

時代劇が好き。
そして復讐ドロドロ系にツッコミを入れたり、ラブロマンスにときめいたりの毎日です。

読み書きは今ひとつの耳だけハングルなので、最初に覚えた韓国語は、
「~씨(~ッシ)」「아이고(アイゴー)」「어머(オモ)」の3つ。
詳しいプロフィールはこちら

出典:https://program.imbc.com/

「太陽を抱く月」や「トッケビ」の高麗時代の出演が印象的なキムソヒョンさん

仲良しのキムユジョンさん同様、子役時代から多くの時代劇に出演し、今では立派な大人の女優さんに!

メイクや私服も注目されている点も同じですね。

 

今回はそんなキムソヒョンさんのドラマ・映画出演作(全作!)や女優業に対する思いについて、詳しく紹介します!

ぜひ最後までお楽しみください♪

スポンサーリンク

太陽を抱く月の子役!キムソヒョンさん(ボギョン役)のプロフィール・ドラマ出演作(その①)を詳しく紹介!

プロフィール

  • 氏名(カナ):キム・ソヒョン
  • 英語表記:Kim So-Hyun
  • 韓国語表記:김소현
  • 漢字表記:金所炫

 

  • 生年月日:1999年6月4日
  • 家族:弟のいる2人姉弟
  • 身長・体重:165cmくらい
  • 出身:幼少期にオーストラリアから家族で韓国に

 

  • 所属事務所:文化倉庫

 

<デビュー>

  • 2006年「Ten Minute Minor」端役

※所属事務所の経歴には、2007年「幸せな女」が”最初の出演作品”として掲載

 

キムソヒョンさんご自身は、”2008年「伝説の故郷」をデビュー作”と語っています。

 

■2021年 デビュー13周年の投稿


続いて、キムソヒョンさんのドラマ出演作を子役時代から紹介します!

※「子役のまとめ」もぜひあわせてどうぞ↓↓

太陽を抱く月の子役のキャストを総まとめ!人気俳優8人のデビューから現在の状況までを徹底紹介!

ドラマ出演作~子役時代編~

主演の少女時代から、出演が始まります!

「幸せな女」 イ・ジヨン

■ジヨン:ユン・ジョンヒさん

 

「ケ・セラ・セラ」 ハン・ウンス

■ウンス:チョン・ユミさん

 

2008年「伝説の故郷」 ヨンファ(第2話)

キムソヒョンさんが、「自身のデビュー作と公に語る」作品

「天使の報復」

 

「幻の王女チャミョンゴ」


※チンジヒさんが「ラヒ王女の少女時代」を、ヨジングさんが「ホドン王子の少年時代」を演じます

※ヨジングさん・チンジヒさんについて詳しくは、こちらもどうぞ↓↓

 

「セレブの誕生」イ・シンミ

■シンミ:イ・ボヨンさん

 

「製パン王キム・タック」

「チャクペ〜相棒〜」

 

「いばらの鳥」 ソ・ジョンウン

■ジョンウン:ハン・ヘジンさん

 

「パダムパダム」 チョン・ジナ

■ジナ:ハンジミンさん

ハンジミンさんについて詳しくはこちらもどうぞ↓↓

ハンジミンさんの魅力を徹底紹介!清楚な雰囲気とは裏腹に、実は韓国芸能界No.1の大○○!?

 

ここでようやく・・・

 

2012年「太陽を抱く月」 ユン・ボギョン

■ボギョン:キム・ミンソさん

※キムミンソさんについて詳しくは、以下の記事で紹介しています↓↓

太陽を抱く月の王妃役(キムミンソさん)の魅力を徹底紹介!憎まれ役続きから幸せな結婚へ!平坦ではなかった美人女優の半生に迫る!

「太陽を抱く月」の記事一覧!もぜひあわせてどうぞ♪

 

2012年「屋根部屋のプリンス」 ホン・セナ/ファヨン

出典:https://www.hancinema.net/korean_drama_The_Rooftop_Prince.php

「世子嬪の死の謎を追う世子と家臣」が、「現代のソウル」に現れて、数々の騒動を巻き起こすラブコメディ

 

キムソヒョンさんは、妹に代わって世子嬪となった「姉ファヨン(朝鮮時代)」母親の再婚により「パク・ハの姉になるセナ」を演じます。

<主な登場人物>

■イ・ガク(世子):パク・ユチョンさん

■パク・ハ:ハンジミンさん

ハンジミンさんについて詳しくはこちらもどうぞ↓↓

ハンジミンさんの魅力を徹底紹介!清楚な雰囲気とは裏腹に、実は韓国芸能界No.1の大○○!?

 

■ヨン・テム:イ・テソンさん

■セナ/ファヨン:チョン・ユミさん

 

<世子の家臣>

■ソン・マンボ(教育):イテリ(イミンホ)さん

イテリ(イミノ)さんについて詳しくは、こちらもどうぞ↓↓

太陽を抱く月の子役のキャストの詳細と現在の状況は?~ヤンミョン君役(イミンホ=イテリ編)~

 

■ト・チサン(内侍):チェ・ウシクさん

■ウ・ヨンスル(護衛):チョン・ソグォンさん

妹となったパク・ハのように、天真爛漫でいられないセナ。

「少女の複雑な心情を演じていたキムソヒョンさんの表情」が、今でも記憶に残っています。

 

2012年「ラブ・アゲイン」

それぞれ家庭をもつ世代になった男女が、同窓会で再会

学生時代の初恋と現在の間で揺れる

※日本ドラマ「同窓会~ラブ・アゲイン症候群」リメイク作品

<主な登場人物>

■イム・ジヒョン:キム・ジスさん

2児の母(主婦)

 

■ソ・ヨンウク:リュ・ジョンハンさん

ジヒョンの初恋

刑事

 

■イ・テジン:チェ・チョロさん

ジヒョンの同級生

雑誌編集長

 

■キム・ミヒ:イ・アヒョンさん

ジヒョンの同級生

裕福な生活

 

キムソヒョンさんは、”母ジヒョンの不倫を知り、苦悩する少女役”で出演します。

 

2012年「会いたい」 イ・スヨン


少年時代に思いを寄せながらも、自責の念を持つことになる女性を思い続ける刑事と、過去の傷から名前も変えた女性の「再会と純愛」、その背後にある「裏切りと陰謀」を描く

<主な登場人物>

■ハン・ジョンウ:パク・ユチョンさん

※少年時代:ヨジングさん

ヨジングさんについて詳しくは、こちらもどうぞ↓↓

太陽を抱く月の子役のキャストの詳細と現在の状況は?~フォン役(ヨジング)編~

 

■イ・スヨン:ユン・ウネさん

※少女時代:キムソヒョンさん

 

■カン・ヒョンジュン:ユ・スンホさん

 

大人のさまざまな事情の中で、「清涼剤」のようなジョンウ(ヨジングさん)とスヨン(キムソヒョンさん)の「初恋」。

 

「太陽を抱く月」でも共演した2人ですが、この「会いたい」が”お互いのファーストキス”になったそうです!

 

キムソヒョンさんは、出演した番組の中でその時のことを

『ジング兄さんのファーストキスだったが、私もファーストキスだった』

 

『本当に恥ずかしかったのに、NGが何度も出た。

監督が、ジング兄さんが「待ってました」とばかりに唇を突き出したので「もう一度」と言った』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1958339

と語っています。

 

2013年「アイリス2」 チ・スヨン

キム・ヒョンジュン(イ・ビョンホンさん)の謎の死から3年後、物語が始まる…秘密組織「アイリスの正体は?

 

大ヒットドラマ「アイリス(2009)」第2弾!

<主な登場人物>

■チョン・ユゴン:チャン・ヒョクさん

※少年時代:パク・コンテさん

 

■チ・スヨン:イ・ダヘさん

※少女時代:キムソヒョンさん

 

■ユ・ジョンウォン:イ・ボムスさん

 

■チェ・ミン:オ・ヨンスさん

 

キムソヒョンさんは、喧嘩沙汰で警察に補導された”少年時代のユゴンに、ストレートに好意を示すスヨン”として登場します。

 

2013年「私の10年の秘密」 チョン・イヒョン

天才的な記憶力を誇った女性が、「10年分の記憶」を失う

別名で生きる彼女のもとに現れた「見知らぬ夫と子ども」に戸惑いながらも、徐々に失われた10年が明らかになっていく

<主な登場人物>

■チョン・イヒョン:ソン・ユリさん

※少女時代:キムソヒョンさん

 

■ホン・ギョンドゥ:ユ・ジュンサンさん

イヒョンが過去に暮らした相手

 

■イ・ソニョン:イ・ジンさん

イヒョンの友人

 

■パク・スチャン:キム・ヨングァンさん

イヒョンとソニョンの友人

 

■チェ・グク:キム・ガプスさん

イヒョンの父親

 

キムソヒョンさんは、記憶を失う前の「天才記憶少女イヒョン」として登場します。

 

2013年「君の声が聞こえる」 チャン・ヘソン

かつて勇気をふりしぼって裁判で証言した少女が「国選弁護士」となって、”高校生となった被害者の息子”と再会

 

少年は、自分のもつ”特殊能力”を使って「僕が守る」という約束を果たしていく

<主な登場人物>

■チャン・ヘソン:イ・ボヨンさん

国選弁護士

※少女時代:キムソヒョンさん

 

■パク・スハ:イ・ジョンソクさん

「人の考え」が聞こえる少年

※幼少期:ク・スンヒョンさん

 

■チャ・グァヌ:ユン・サンヒョンさん

 

■ソ・ドヨン:イ・ダヒさん

※少女時代:チョン・ミナさん

 

次に紹介するのは、あの大ヒット日本ドラマのリメイク版!

太陽を抱く月の子役!キムソヒョンさん(ボギョン役)のドラマ出演作~その②~

2013年「怪しい家政婦」 ウン・ハンギョル

出典:https://www.hancinema.net/korean_drama_Suspicious_Housekeeper.php

母親が亡くなった家庭に、「正体不明の家政婦」がやってきたことで様々な事件が起きる

※日本ドラマ「家政婦のミタ」リメイク作品

<主な登場人物>

■パク・ボンニョ:チェ・ジウさん

家政婦

 

■ウン・サンチョル:イ・ソンジェさん

ボンニョが派遣された家庭の父親

 

<サンチョルの子どもたち>

  • ハンギョル:キムソヒョンさん
  • ドゥギョル:チェ・サンウさん
  • セギョル:ナム・ダルムさん
  • ヘギョル:カン・ジウさん

 

  • ユン・ソンファ:ワン・ジヘさん

サンチョルの愛人

 

キムソヒョンさんは、「母親の死だけでなく、父親の愛人」という状況に複雑な思いを抱く少女・ハンギョルを熱演。

 

ハンギョルが心の拠りどころとするのが、軽音部のウジェ(パク・チビンさん)とスヒョク(ソ・ガンジュンさん)の存在です。

※パクチビンさんについて詳しくはこちらもどうぞ↓↓

イサンの子役の詳細と現在の状況は?~パクチビン編~

 

2014年「トライアングル」 ファン・シネ

幼いころ生き別れになった兄弟が、それぞれ全く違う立場で再会することから起きる「運命の三角関係(トライアングル)」を描く

<主な登場人物>

■チャン・ドンス:イ・ボムスさん

長男

※青年時代:ノ・ヨンハクさん

 

■ホ・ヨンダル:キム・ジェジュンさん

次男

本名チャン・ドンチョル

 

■ユン・ヤンハ:イムシワンさん

三男

本名チャン・ドンウ

※イムシワンさんについて詳しくは、こちらもどうぞ↓↓

太陽を抱く月の子役!イムシワンさん(ヨム役)の詳細と現在の状況(最新作)は?

 

■ファン・シネ:オ・ヨンスさん

ドンスの初恋

※少女時代:キムソヒョンさん

出典:https://program.imbc.com/shj

 

シネ(キムソヒョンさん)が高校生のときに、父親が連れてきた少年がドンス(ノ・ヨンハクさん)

お互いに心を寄せていたものの、2人は別々の道へ。

出典:https://program.imbc.com/shj

 

2014年「リセット」 チョ・ウンビ / チェ・スンヒ

「催眠術を使う検事」と「正体不明のX」の対決を描く“記憶追跡スリラー”

※キムソヒョンさんは、初めて”2役”に挑戦

<主な登場人物>

■チャ・ウジン:チョン・ジョンミョンさん

ソウル地検検事

 

■チョ・ウンビ:キムソヒョンさん

犯罪事件の捜査に関わることになる高校生

 

■チェ・スンヒ:キムソヒョンさん

ウジンの初恋

過去の事件の被害者

 

当時はまだ多くなかったテレビドラマでの「ノワール+スリラー」

 

視聴率は伸び悩んだものの、その後の「Voice」「Save Me」シリーズに続く礎になったような気がします。

 

2014年「違うように泣く」 リュ・ジヘ

離婚後、仕事だけに没頭する母親、グレた兄、傷ついた妹、それぞれが自身の抱える問題や苦難を乗り越えていく

※KBSドラマスペシャルの短編作品

<主な登場人物>

■リュ・ジヘ:キムソヒョンさん

高校生

 

■リュ・ジハン:ソン・スンウォンさん

ジヘの兄

 

■キム・ギョンヒ:キム・ヒジョンさん

ジヘ・ジハンの母

 

「声に出せない胸の内」を“虫の声”と表現したこの作品。

 

「バラバラに見えた3人は、それぞれの胸の内を違うように奏で、泣いていただけだった…」

希望のもてるエンディングにホッとします♪

 

2015年「匂いを見る少女」 チェ・ウンソル

人々が「バーコード殺人事件」と呼ぶ残忍な事件で妹を失った男性と、同じ事件で生き残った女性の「匂いが見える感覚」で、真犯人を探すストーリー

※原作:ソ・スギョンさんのWEB漫画「匂いを見る少女」

<主な登場人物>

■チェ・ムガク:パク・ユチョンさん

警察官

 

■オ・チョリム:シン・セギョンさん

本名チェ・ウンソル

劇団員(匂いが見える)

 

■クォン・ジェヒ:ナムグン・ミンさん

レストランシェフ

 

■ヨム・ミ:ユン・ジンソさん

プロファイラー

キムソヒョンさんは、ムガク(ユチョンさん)の”妹チェ・ウンソル”として登場。

”同名”のウンソル(シン・セギョンさん)」と間違われ、事件の被害者となってしまいます。

 

次に紹介するのは、キムソヒョンさんを語る上で欠かせないあの作品!

 

2015年「恋するジェネレーション」 コ・ウンビョル / イ・ウンビ

成績至上主義、陰湿ないじめなど学校の問題に、高校生らしいロマンスとミステリー要素も加わった「学校」シリーズ第6作目

※原題:「Who are you-学校2015」

 

この作品でもキムソヒョンさんは、”ウンビとウンビョルの2役”を演じます。


<主な登場人物>

■イ・ウンビ:キムソヒョンさん

ヌリ高校2年生

施設で育ったウンビョルの双子の妹

 

■コ・ウンビョル:キムソヒョンさん

セガン高校2年3組

優等生

 

■ハン・イアン:ナム・ジュヒョクさん

セガン高校2年3組

ウンビョルの幼なじみ

 

■コン・テグァン:ユク・ソンジェさん(BTOB)

セガン高校2年3組

理事長の息子で問題児

 

2016年「悪夢先生」  カン・イェリム

謎めいた教師が赴任してから、次々と事件が起きるミステリー学園ドラマ

<主な登場人物>

■ハン・ボング:オム・ギジュンさん

ヨサン高校2年3組臨時担任

 

■カン・イェリム:キムソヒョンさん

2年3組委員長

 

■ソ・サンウ:ミンヒョクさん(BTOB)

2年3組

 

■キム・スルギ:ソ・シネさん

2年3組

 

オム・ギジュンさん演じるハン先生が、不気味!

「学園ホラー」かと思ったら、話が進むにつれ、「誰もが持つような、心の中のドロドロに向き合わせる存在」にも見えてきました。

 

キムソヒョンさん演じるイェリムも、”ある意味二役”

「彼女が自分の“悪夢”を受け入れること」ができたとき、「彼女自身も、消えた生徒たちも救う存在」に!

 

イェリム(キムソヒョンさん)とサンウ(ミンヒョクさん)の初々しい2人が、不気味さを中和してくれる感じがします。

 

2016年「演奏者たち〜Page Turner〜」 ユン・ユスル

夢と恋で悩む高校生たちの、挫折と挑戦を描く

「Page Tuner=譜めくり(演奏中に楽譜をめくる人・こと)」

※全3話の短編作品

<主な登場人物>

■ユン・ユスル:キムソヒョンさん

ハンジュ芸術高校ピアノ科

 

■チョン・チャシク:ジスさん

ウジョン体育高校棒高跳び選手

→ ハンジュ芸術高校

 

■ソ・ジンモク:シン・ジェハさん

ハンジュ芸術高校ピアノ科

 

才能をもつ3人が、挫折を経験してコンクールを目指す姿だけでなく、「親子の葛藤」や「高校生らしい恋心」など、短い物語ですが、いくつもの要素が描かれています。

 

2016年「キスして幽霊!」 キム・ヒョンジ

「幽霊を捕まえて稼いでいる大学生」が、「女子高生の幽霊」と組んで、一緒に幽霊を追いかけるラブコメディ

※原作:イム・インスさんの同名WEB漫画

<主な登場人物>

■パク・ボンパル:テギョンさん(2PM)

退魔師

ミョンソン大学経営学科学生

 

■キム・ヒョンジ:キムソヒョンさん

幽霊(女子高校生)

 

■チュ・ヘソン:クォン・ユルさん

ミョンソン大学獣医学教授

 

<特別出演>

■ク・デヨン:ユン・ドゥジュンさん

ミョンソン大学体育学科学生

「ゴハン行こうよ」シリーズの役名で登場します

 

■幽霊:イ・スギョンさん

 

■幽霊の恋人ヒョンミン:チンイハンさん

※チンイハンさんについて詳しくはこちらもどうぞ↓↓

チンイハン=キムジハンさんはどんな人?イケメンなだけじゃない、抜けた部分も魅力です!

 

■店員:ソ・ヒョンジンさん

など

 

ネタバレになりますが、

 

幽霊だったキムソヒョンさんは、昏睡状態から覚めて本当の高校生へ!

 

そこから事件が起きるのですが、終盤は“人間”ヒョンジのエピソードが続くので、ファンの方も楽しめると思います。

 

次は、あの人気作品に特別出演!!

太陽を抱く月の子役!キムソヒョンさん(ボギョン役)のドラマ出演作~大人役編と現在の状況(最新作)~

ドラマ出演作~大人役編~

2016年「トッケビ」 キム・シンの妹(高麗時代)

<主な登場人物>

 

<高麗時代>

  • ワン・ヨ(王):キム・ミンジェさん
  • キム・ソン(王妃):キムソヒョンさん

「トッケビ」の記事一覧!もぜひあわせてどうぞ♪

 

2017年「仮面の王イ・ソン」 ハン・ガウン

朝鮮王朝を舞台に、実際にあった「水の私有化」と、世子と宮廷を牛耳る秘密結社「辺首会」の戦いというフィクションを融合した時代劇

 

キムソヒョンさんは、「トッケビ」の特別出演で演じた気丈な王妃に引き続き、「仮面の王イ・ソン」でも”王妃の姿”を披露します!


<主な登場人物>

■イ・ソン:ユ・スンホさん

世子

 

■ハン・ガウン:キムソヒョンさん

父は漢城府の役人

 

■イ・ソン:エル(キム・ミョンス)さん(INFINITE)

世子の影武者

水売りの息子

 

「ガウン」という役柄を演じるにあたり、キムソヒョンさんはこのような点に気を配ったそうです。

 

『ガウンの行動については、頭では理解できても、心で受け止めることができない部分が多かったんです。』

 

『私の理解不足のために、彼女の行動の一つ一つが無意味に見えることがあってはいけないと思い、何度も繰り返し監督に質問しながら、ガウンという人物を分かろうと努めました。』

引用:「韓国ドラマ ガイドブック 仮面の王 イ・ソン」NHK出版より

 

だからこそ、ドラマの舞台となる時代のなかで、「意志のある、そして自由な心をもつヒロイン」を魅力的に演じられたのでしょうね♪

 

キムソヒョンさんご自身、「仮面の王イ・ソン」は、

『俳優としての“成長痛”を感じた』

引用:「韓国ドラマ ガイドブック 仮面の王 イ・ソン」NHK出版より

作品だと語っています。

 

2017年「あなたが眠っている間に」 パク・ソユン(特別出演)

「事件や事故の予知夢をみる女性」と、「その夢が現実とならないよう奮闘する検事」、そして「彼らと近い感覚を持つ警察官」の友情+ファンタジーロマンス

<主な登場人物>

■チョン・ジェチャン:イ・ジョンソクさん

漢江地検検事

 

■ナム・ホンジュ:ペ・スジさん

社会部記者

 

■イ・ユボム:イ・サンヨプさん

弁護士(元検事)

 

■ハン・ウタク:チョンヘインさん

警察官

※チョンへインさんについて詳しくはこちらもどうぞ↓↓

チョンへインさんの魅力を徹底紹介!ドラマ・映画・CM出演作はもちろん、「国民的年下男子」として愛される理由まで詳しく深堀り!

 

キムソヒョンさんは、ジェチャンの弟スンウォン(シン・ジェハさん)の”クラスメート・ソユン”として登場(第3・4話)

 

「魅力あるピアニスト」という面と、「父親の、母親に対する家庭内暴力に心を痛める繊細な心情」を表現しています。

 

次の作品では、20歳になり、本格的なロマンス作品に出演!

 

2018年「ラジオロマンス」 ソン・グリム

ラジオ局を舞台に、”台本に沿ってしか何もできないトップ俳優”と、”書くこと以外は上手くできるラジオ作家”の、台本どおりにいかないロマンス」を描く


<主な登場人物>

■チ・スホ:ユン・ドゥジュン(Highlight)

トップスター

 

■ソン・グリム:キムソヒョンさん

ラジオ作家

 

■イ・ガン:ユン・パクさん

ラジオ局PD

 

■ジェイソン:クァク・ドンヨンさん

スホの友人・主治医

クァク・ドンヨンさんについて詳しくはこちらもどうぞ↓↓

クァク・ドンヨンさんの魅力、サムマイウェイなどのドラマ・映画出演作を徹底紹介!苦手なものは若者に人気の○○○!?

 

キムソヒョンさん演じるグリムは、視力を失った母との思い出”である「ラジオの世界」で作家になった人物。

ただし、書くことが苦手!

 

担当する番組がなくなるという危機に面して、「トップスターのスホ」を生放送のラジオ番組DJにしようと奮闘する人物です。

 

「キスして幽霊!」で、ユン・ドゥジュンさん演じるク・デヨンに、サークル「ゴハン行こうよ」に誘われてから2年。

「幼い頃からの縁があるロマンス」を演じます!

 

2019年「恋するアプリ Love Alarm」 キム・ジョジョ

「好きな人が半径10m以内に入る」とアラームが鳴るアプリ“Jo Alarm”

そのアラームで感情を表現する若者たちのラブストーリー

※原作:千桂永(チョン・ゲヨン)さんの同名WEB漫画「Love Alarm」

<主な登場人物>

■キム・ジョジョ:キムソヒョンさん

幼いころの辛い記憶から恋を遠ざけている

「鳴り響く世界」の作者

 

■イ・へヨン:チョン・ガラムさん

ジョジョに思いを寄せる

ソノの幼なじみ

 

■ファン・ソノ:ソン・ガンさん

常に周りから注目される

裕福な家庭に育つが、両親からの愛を感じられず孤独

 

「ジョジョって珍しい名前だな…」と思っていたら、劇中で「朝眺(ジョジョ)の名は“明るい朝”の意味だ」という場面がありました

 

2019年「ノクドゥ(緑豆)伝」

「第15代国王・光海(クァンへ)君」の時代

男子禁制の寡婦(未亡人)が住む村を舞台に、”秘密を探るため女装して潜入したノクドゥ”と、”妓生になりたくないドンジュ”のロマンスコメディ

※原作:へ・ジニャンさんの同名WEB漫画

<主な登場人物>

■チョン・ノクドゥ:チャン・ドンユンさん

女装して寡婦村に潜入したニセの未亡人

 

■トン・ドンジュ:キムソヒョンさん

両班の生まれ

踊りの下手な妓生見習い

 

■チャ・ユルム:カン・テオさん

綾陽君

=のちの「第16代国王・仁祖(インジョ)」

「ドンジュの婚約者」だった人物

 

■光海(クァンへ)君:チョン・ジュノさん

 

史実をベースにしつつ、フィクションを交え、「歴史との矛盾が(ほとんど)ないように作られていること」に感心します。

 

これまで、「男装女子」いう作品は多数ありましたが、「ノクドゥ伝」は、「女装男子」という”逆バージョン”で大いに話題になりました!

 

しかも、チャン・ドンユンさん演じるノクドゥ”が美しくて!!

キムソヒョンさんも美貌対決はしたくない」と言っていました(笑)

 

最新ドラマ

2021年「恋するアプリ Love Alarm 2」

スマホアプリ“Jo Alarm”が開発されて4年

「新しい機能が採用されたアプリ」を通して、若者たちのラブストーリーが展開する


<主な登場人物>

■キム・ジョジョ:キムソヒョンさん

 

■イ・へヨン:チョン・ガラムさん

 

■ファン・ソノ:ソン・ガンさん

 

主人公たちが、アプリではなく、自分の心に向き合う姿に、「前作からの成長」を感じます。

 

2021年「王女ピョンガン」 ピョンガン(ガジン)

「高句麗」を守るために”自ら戦う王女”と、”彼女を支える素朴で温かな青年”の物語

昔話「바보 온달과 평강 공주(“馬鹿”の温達と平岡姫)がモチーフ


<主な登場人物>

■ピョンガン:キムソヒョンさん

高句麗の王女

刺客のときは「ガジン」の名

 

■オン・ダル:ナ・イヌさん

高句麗・順奴(スンノ)部族

武将

 

■コ・ゴン:イ・ジフンさん

高句麗・桂婁(ケル)部族

 

時代は、ドラマ「花郎(ファラン)」と同時代。

「新羅(シルラ)」の「真興(チヌン)王(『花郎』では パクヒョンシクさん)」を、「雲が描いた月明かり」の純祖(スンジョ)役:キム・スンスさんが演じています。

 

キムソヒョンさんは、”ピョンガン(平岡)王女とその母”として登場。

運命にただ翻弄されるのではなく、「自分で道を切り開く姿(アクションシーン多数!)」など実に魅力的なキャラクターです。

※「花郎」の時代、史実については、以下の記事で詳しく紹介しています↓↓

花郎(ファラン)とは?意味や歴史、実在した新羅の制度を詳しく紹介!なんと日本や他国、他のドラマとも深いつながりが!?

 

続いて、キムソヒョンさんの映画出演作を紹介します!

スポンサーリンク

太陽を抱く月の子役!キムソヒョンさん(ボギョン役)の映画出演作を詳しく紹介!

映画出演作

2010年「破壊された男」チュ・ヘリン

キム・ミョンミンさん演じる”牧師のチュ・ヨンスの娘ヘリンとして登場。

「誘拐され、亡くなったと思われていたヘリンが生きていたこと」で、ストーリーが展開します!

 

2011年「私の隣の殺人者」 チョン・ミョンヒ

実話をベースにした犯罪ドラマ

 

キムソヒョンさんは、”被害者として発見されたミョンファンくんの姉”として登場します。

(弟思いの優しいお姉さんです!)

 

2012年「私は王である!」 ソルビ

のちに「第4代国王・世宗(セジョン)」となる忠寧(チュンニョン)大君

世子になるのが嫌で宮廷を抜け出したが、その頃、彼とそっくりな奴婢ドクチル”が宮廷に忍び込み…

 

「大君」と「奴婢」の”2役”を演じるのが、チュ・ジフンさん。

キムソヒョンさんは、”奴婢の姉妹ソルビ役”で登場します。

 

2013年「殺人漫画」 ソ・ミスク(特別出演)

WEB漫画で死が公開されると、その人物は謎の死を遂げるというスリラー

 

キムソヒョンさんは、”WEB漫画編集長ミスクの少女時代”に登場

(このときの話が、「最初の事件の伏線」になっています)

 

2016年「純情」 チョン・スオク


ラジオの放送中、DJヒョンジュンは手紙を受け取る

差出人の名は、彼にとって忘れることのできない”女性チョン・スオク”

 

その手紙を通じて、現在と過去が行き来する初恋の物語

<主な登場人物>

■パク・ヒョンジュン:ト・ギョンスさん

※成人:パク・ヨンウさん

 

■チョン・スオク:キムソヒョンさん

 

■チャン・ミノ:ヨン・ジュンソクさん

※成人:パク・ヘジュンさん

 

■イ・ヨンチョル:イ・ディビッドさん

※成人:イ・ボムスさん(友情出演)

 

■キム・ギルチャ:チュ・ダヨンさん

※成人:キム・ジホさん

 

あまり期待せずに見た「純情」

 

「5人の友情」と、「夏の思い出」

そして、ヒョンジュン(ト・ギョンスさん)の、スオク(キムソヒョンさん)に向ける真っ直ぐな思い…」

 

本当にたくさん泣いて、心が洗われた気がします。

 

韓国でも、試写会で「純情」を観た多くのスターからこのような感想が述べられています。

『とても愉快だった。幼い頃を思い出してたくさん泣いた。タイトルの通りあたたかい映画だった』(キム・ソンギョンさん)

 

『こんなにたくさん泣くとは思わなかった。見ている間、ずっと幸せだった』(ムン・ヒョンヒさん)

 

『何回泣いたか分からない』(BTS ジンさん)

 

『涙を誘う映画だった』(チェ・ウシクさん)

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2039624

など

 

2016年「ラスト・プリンセス -大韓帝国最後の皇女-」 李徳恵(イ・トッケ)翁主

「朝鮮王朝最後の国王」であり、「大韓帝国初代皇帝・高宗(コジョン)」の娘である”徳恵(イ・トッケ)翁主の生涯”を描いた作品

※原作:クォン・ビヨンさんの小説「徳恵翁主(トッケオンジュ)」

<主な登場人物>

■徳恵翁主(トッケオンジュ):ソン・イェジンさん

※幼少期:シン・リナさん

※少女時代:キムソヒョンさん

 

■キム・ジャンハン:パク・ヘイルさん

ソウル新聞部長

 

■ハン・テクス:ユン・ジェムンさん

李王職長官

 

■ボクスン:ラ・ミランさん

翁主の侍女

 

<特別出演>

■高宗(コジョン):ペク・ユンシクさん

■永宣(ヨンソン)君:コ・スさん

※コ・スさんについて詳しくはこちらもどうぞ↓↓

コ・スさんが中身までイケメンすぎる!

など

 

キムソヒョンさんは、”日本へ強制的に留学させられる時期”の徳恵翁主(トッケオンジュ)

「悲しみを胸に秘めた、品のある姿」が印象的です。

 

物語は、日本が韓国を統治下においていた時代なので、(フィクションもあり)日本人の視点でみるとちょっと重い気分になるかもしれません。

 

ここまで、「太陽を抱く月」をはじめ、キムソヒョンさんの様々な出演作品を紹介してきましたが、ご自身がデビュー作と考える「伝説の故郷」からすでに13年が経過!

それだけ長い間活動しているキムソヒョンさんは、もちろん「女優としての様々な深いエピソード」をお持ちです!

いくつか紹介します!

キムソヒョンさんの恋するジェネレーションへの思い、キムユジョンさんたちとの仲良しエピソード!

恋するジェネレーションへの特別な思い

インタビューでご自身の「代表作」を聞かれたキムソヒョンさんは、

『「Who are you?-学校2015」(邦題:恋するジェネレーション)ではないでしょうか?

初めて主演として出演した作品である上に、一人二役にも挑戦したからです』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2090722

と答えています。

ファンにも人気の作品ですが、「キムソヒョンさんご本人にとっても、かなり思い入れのある作品」なのですね♪

 

お母さんと弟さん、演技に対する思い

『(俳優に)なりたいし、やりたかったけれど、演技が自分の思う通りにならなくて“これをやり続けて良いんだろうか?

母も弟も大変なのに、将来も見えないのに続けていくべきだろうか”と思った。

怖くもあり、不安もあった。

でも少しずつ役を担当し始めて、10歳の頃、「伝説の故郷」できちんとした役を初めて任された。

私はこの作品をデビュー作だと言っているが、その時から楽しいと感じた。現場に行くのが本当に楽しかった。』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2039852

 

生まれ育った「オーストラリア」から、”4歳の時”に家族で帰国したキムソヒョンさん。

端役なども含めると、”7、8歳”で「演技デビュー」を果たします。

 

当時、監督さんに怒鳴られてトラウマになりかけたり、9歳で父親を亡くし、3人家族になるなど、大変な時期を経験したそうです。

 

「演技の面白さ」を知ってからは…

 

名子役のニックネームは「〇〇の女王」

キムユジョンさんと同じく「国民の妹」

さらに、「子役の女王」という称号も!

 

また、「仮面の王イ・ソン」 「ノクドゥ(緑豆)伝」「王女ピョンガン」と、”時代劇ヒット作のヒロイン”を演じ続けていることから、

 

「史劇の女王」

 

出演作品をふりかえっても、確かに意志の強い女性の役が多いですね!

トッケビ」でも、最期まで自分を失わない王妃でしたし!

 

キムユジョンさん、キムセロンさんたちとの仲良しエピソード!

インタビューの中で、「親しい女優」として数名の名前を挙げています。

『同世代の女優キム・ユジョンやチン・ジヒ、キム・セロンとも親しいです。

女優ではないけれど、Red Velvetのイェリとも親しくなりました。』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2090722

 

キムユジョンさんも、雲が描いた月明かり」放送が終わった頃のインタビューで、

「親しい友人」として、”キムソヒョンさん、キムセロンさんの名を挙げています。

そして、

『(2人は)本当に素敵で、学ぶところの多い友達だ』

 

『二人を見て元気をもらっている。

一緒に新トロイカと呼ばれても恥ずかしくないように、頑張って努力する姿勢を保とうと思う』

 

『これからも励まし合って、多くの方々に良い姿をお見せできるように一緒に頑張ってほしい』

出典:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2056128

とメッセージを送っています。

 

お互いに「相手のことを親しいと公言」して素敵ですね♪

※キムユジョンさんについて詳しくはこちらもどうぞ↓↓

太陽を抱く月の子役!ヨヌ役(キムユジョンさん)の詳細と現在の状況(最新作)は?常に第一線で活躍する史劇の国民的ヒロイン!義父候補はまさかの○○!?

 

ヨジングさん

※ヨジングさんについて詳しくはこちらもどうぞ↓↓

太陽を抱く月の子役!ヨジングさんの詳細と現在の状況は?魅惑的な声と演技力に注目の超愛されオッパ!

 

スポンサーリンク

太陽を抱く月の子役!キムソヒョンさん(ボギョン役)の詳細と現在の状況(最新作)は?~まとめ~

このように「女優」という仕事に対して、強い思いを持つキムソヒョンさん。

大変な時期を過ごしながらも、困難を乗り越えつつ成長し、今では主役を演じる女優さんとして活躍されています。

 

同年代のキムユジョンさん達の存在も、大きな支えになったのでしょう!

今後も「太陽を抱く月」メンバーとの仲良しエピソードや、主演作を多く見られることを願いたいですね♪

 

「太陽を抱く月」、韓ドラの人気記事はこちらもどうぞ↓↓

「太陽を抱く月」の記事一覧!

太陽を抱く月の子役のキャストを総まとめ!人気俳優8人のデビューから現在の状況までを徹底紹介!

太陽を抱く月の子役!ヨジングさんの詳細と現在の状況は?魅惑的な声と演技力に注目の超愛されオッパ!

「太陽を抱く月」の相関図とキャストをオリジナルの図で詳しく解説!各キャラの恋心と名前に隠された深い意味!知っているとドラマが楽しくなる知識・関係性を徹底紹介!

太陽を抱く月のキムスヒョンさんの魅力を徹底紹介!小顔なマスクと低音ボイス!そして抜群の演技力と歌声がファンの心を揺さぶる韓国屈指のスーパースター!

太陽を抱く月のハンガインさんの魅力を徹底紹介!夫ヨン・ジョンフンさんとの馴れ初め・結婚秘話、ソン・イェジンさんと似てるとの噂の真相は!?○○○なカッコよさが最大の魅力!

 

花郎(ファラン)の相関図とキャストをオリジナルの図で詳しく解説!複雑な対立・協調・家族関係もすべてわかりやすく紹介します!

花郎(ファラン)のOST(歌・曲)を主題歌・挿入歌・エンディング曲に分けて詳しく解説!素晴らしい音楽がロマンスや複雑な思い、若さあふれる情熱を見事に表現!

花郎(ファラン)でのテテ(ハンソン)のキスシーン&死ぬシーンを詳しく紹介!権力者に翻弄される若者たちの悲しい結末とは!?

花郎(ファラン)とは?意味や歴史、実在した新羅の制度を詳しく紹介!なんと日本や他国、他のドラマとも深いつながりが!?

当サイトでは「花郎」、「トンイ」、「雲が描いた月明かり」、「太陽の末裔」、「トッケビ」、「奇皇后」、「イ・サン」、「オクニョ」、など、時代劇を中心に韓ドラに関する情報を多数紹介しております。

ぜひ目次からお好きなドラマの記事をご覧ください!

トンイの子役の名前と現在の状況は?3人の子役それぞれの魅力に迫ります!

トンイのキャストを総まとめ!主要キャストから脇を固めるベテランまでどこよりも詳しく紹介!

トンイは実話で実在の人物?史実との違いに驚愕!

トンイの王妃役は誰?3人の美人女優を紹介!

奇皇后のタルタル役(チンイハン=キムジハン)はどんな人?イケメンなだけじゃない、抜けた部分も魅力です!

奇皇后は実在した!世界史上屈指の下克上を成し遂げた女性の生涯とは!?

イサンとトンイの関係は?指輪や家系、共通のキャストなど、驚くべき深いつながりを詳しく紹介!知れば知るほど面白い!興味深い関わりが満載!

イサンの子役の詳細と現在の状況は?シンクロ率の高さの秘密やすっかり大人になった今の姿、子供時代の名言に、驚きが止まりません!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
まりこ
アラフォーのフリーランス。 
冬ソナブームの頃には興味がなかった韓ドラにハマって数年。

時代劇が好き。
そして復讐ドロドロ系にツッコミを入れたり、ラブロマンスにときめいたりの毎日です。

読み書きは今ひとつの耳だけハングルなので、最初に覚えた韓国語は、
「~씨(~ッシ)」「아이고(アイゴー)」「어머(オモ)」の3つ。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© まりこの韓国ドラマチャンネル , 2022 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。